ヘルスケアおよび医薬品に関するポリシーの更新: 処方オピオイド鎮痛薬について(2020 年 3 月)

2020 年 3 月より Google 広告のヘルスケアおよび医薬品に関するポリシーが更新され、米国、カナダ、ニュージーランドで、処方オピオイド薬に関連する薬物用語が含まれる広告が禁止されます。米国、カナダ、ニュージーランド以外の国と地域では、処方薬関連用語はすべて、広告で使用することが引き続き禁止されます。

ただし、オピオイド依存の治療を支援する目的で、依存症治療サービスが広告にオピオイド薬関連用語を使用することは引き続き許可されます。オピオイドに関連する薬物用語を含む広告の掲載を希望する依存症治療サービスは、Google の依存症サービス ポリシーによる認定を受ける必要があります。

ただし例外的に、定評のある健康支援非営利団体や政府機関が運用する公衆衛生や安全意識に関するキャンペーンは、このポリシーの適用外となる場合があります。これに該当する広告主様は、ヘルスケア関連の認定申請フォームが更新され次第、2020 年 3 月上旬より Google に認定を申請していただけます。

(2019 年 12 月)

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。