「その他の制限付きビジネス」ポリシーの更新(2018 年 7 月)

以前にお伝えしたとおり、Google 広告のその他の制限付きビジネス ポリシーはまもなく更新され、保釈金立替サービスの宣伝が禁止されます。この Google 広告ポリシーは世界の全地域で適用され、2018 年 7 月に更新されます。この更新以降、保釈金立替サービスを宣伝する広告は許可されなくなります。

更新後のポリシーで禁止される保釈金立替サービスの例としては、次のようなものがあります。

  • 保釈金立替エージェント、バウンティ ハンター(逃亡者引渡し請負人)、保釈保証人
  • 保釈金立替ローン

法律サービスや法的代理機関を宣伝する広告への影響はありません。

(2018 年 5 月)
 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。