編集基準 / 自身や商品、サービスの不当表示

Google は参考用としてヘルプセンターの翻訳版を提供していますが、翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施いたします。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

Google 広告では、編集基準に関するポリシーと自身や商品、サービスの不当表示に関するポリシーを 2015 年 6 月に改定いたします。改定の目的は、宣伝対象となる商品、サービス、ビジネスの記載が不明瞭な広告やユーザーに誤解や混乱を与える宣伝について Google の見解を明確にするためです。

この明確化に伴い、Google の見解をポリシーに盛り込むため、編集基準に関するポリシーと自身や商品、サービスの不当表示に関するポリシーの記載を更新いたします。

(2015 年 5 月)

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。