Google サードパーティ ポリシー

このポリシーは、クライアントに代わって Google 広告サービスの購入や管理を行うすべてのサードパーティ(パートナー事業者)に適用されます。

Google は、Google 広告サービスについての説明責任を果たすことを基本原則として掲げており、Google が直接サポートしているかどうかに関わらず、広告掲載状況とパートナー事業者が提供するサービス内容が広告主様にしっかり伝わるようにしたいと考えております。

Google サードパーティ ポリシーは、次の 3 つの分野について規定しています。

透明性に関する要件

Google の広告掲載で十分な利益を得るため、広告主様には適切な情報に基づいて意思決定を行ってもらう必要があります。このため、パートナー事業者の皆様には、こうした意思決定に影響を与える情報の透明性の確保が求められます。また、パートナー事業者は下記の要件を満たすだけでなく、広告主様からの要望があれば関連情報なども提供できるよう相応の対応が必要となります。

Google 広告費と掲載結果

お客様と Google との間の該当する広告掲載に関する利用規約によって、月別の掲載結果レポートを広告主様に提供するように定められている場合は、Google 広告サービスのアカウントごとに費用、クリック数、インプレッション数に関するデータをレポートに含める必要があります。また、Google 広告費に関するデータを広告主様に開示する際は、Google からの請求額を正確に報告し、サードパーティが請求する料金はこれに一切含めないでください。

上記の最低要件に加えて、費用や掲載結果に関する別のレポートも提供する場合には、こうしたレポートも Google 広告サービスに具体的に適合している必要があります。たとえば、すべての広告ネットワークを対象とするキーワード単位の費用と掲載結果に関する日次レポートを広告主様に提供する場合には、「Google 広告のキーワード」の費用と掲載結果に関する日次レポートの提供も必要になります。

Google 広告費と掲載結果に関するレポートの開示方法については、広告主様が手軽にレポートを確認できるように、メールやウェブサイトなどを使用します。あるいは、当該レポート要件に従って、広告主様が自身の Google 広告サービスのアカウントに直接ログインして費用と掲載結果に関するデータを確認できるようにすることも可能です。詳しくは、アカウントのアクセス権の共有方法をご覧ください。

管理費用

サードパーティの多くが、有益な広告サービスを提供する対価として管理費用を請求していますが、こうした管理費用の請求について最終広告主様に事前に伝えておく必要があります。Google 広告/ AdWords Express の費用以外に別途管理費用を請求する場合、新規のクライアントに対しては、初回の営業活動を始める前に少なくとも管理費用について文面で伝え、送り状に当該費用を明記します。

情報開示に関する通知の掲示

大手広告主様のような人的資源、金銭的資源、専門技術を持たない予算規模の小さい広告主様にとって、パートナー事業者から提供されるサービス内容を知ることは特に重要です。このため、予算が中小規模の広告主様向けに主にサービスを提供しているすべてのサードパーティは、「サードパーティによるサポート サービス」情報開示に関する通知をすべてのクライアントに提示する必要があります。

1 か月あたりの Google 広告/ AdWords Express の費用が 1,000 米ドル(または現地通貨の相当額)未満の広告主様が 80% 以上を占める場合は、Google 広告/ AdWords Express を購入しているすべての広告主様にこの情報開示に関する通知を提示する必要があります。通知へのリンクは、ウェブサイト上の必ず目に留まる場所に配置してください。適切な場所としては、ホームページのフッターやウェブサイト内の広告主様向けのセクション、広告主様のレポート ダッシュボード、サイトの商品やサービスのセクションなどがあります。また、新規契約や契約更新の際には、クライアントに通知内容のコピーをメールまたは郵送し、情報開示に関する通知がウェブサイトに掲示されていることを知らせます。

Google 広告/ AdWords Express のお客様 ID

パートナー事業者に対して何らかの懸念が生じた場合に備え、広告主様から直接 Google に連絡が取れるようにしてください。広告主様から要望があった場合に Google が適切な調査を実施したうえでサポートにあたれるよう、サードパーティは Google 広告/ AdWords Express アカウントのお客様 ID 情報を広告主様に提供する必要があります。詳しくは、Google 広告のお客様 ID または AdWords Express のお客様 ID の確認方法をご覧ください。

禁止されている行為

虚偽の主張、誤解を与える主張、現実味のない主張

広告主様が確かな情報に基づいてパートナー事業者を選定できるように、会社情報、サービス内容とその関連費用、期待できる成果について偽りなく誠実に伝える必要があります。虚偽の主張、誤解を与える主張、現実味のない主張は、いずれも禁止されています。

例:

  • Google との提携を偽って主張する
  • Google 検索結果での最上位への広告掲載を保証する
  • Google 検索結果で常に広告が掲載されると主張する
  • 無料の Google サービスを有料サービスと表現する
  • Google 広告の費用の算出方法について虚偽の提示を行う
  • 無制限のクリック数を提供する

迷惑行為、脅迫、信頼に欠ける言動

パートナー事業者は、広告主様が直接 Google を利用するのと変わらない良質なサービスを広告主様に提供していただきますようお願いいたします。見込みおよび既存の広告主様への迷惑行為、脅迫、信頼に欠ける言動を伴う営業活動は禁止されています。

例:

  • 見込み広告主に何度も勧誘電話をかける
  • サードパーティの代理店と契約または契約更新するよう広告主様に不当な圧力をかける
  • 他人を使って Google 認定資格試験を代理受験させる
  • フィッシングを行う
  • 支払いの見返りとして Google 広告無料お試し券を提供する

アカウントの設定に関する要件

アカウント 1 つにつき広告主様は 1 人(1 社)

Google 広告の品質スコアの一貫性を保つために、最終広告主様ごとに個別のアカウントを持つ必要があります。アカウントの履歴データは Google 広告の品質スコアの重要な要素であるため、1 つのアカウントに複数の広告主様を混在させると、いずれの広告主様の掲載結果も品質スコアに正確に反映されなくなるおそれがあります。また、特定のキーワードに対して 1 つのアカウントで掲載できる広告は 1 つに限られているため、1 つのアカウントに複数の広告主様を混在させると、これらの広告主様の広告掲載が不当に制限される可能性があります。こうした理由から、管理する最終広告主様ごとに個別のアカウントを使用してください。

Google のポリシーについて

サードパーティは、Google サードパーティ ポリシーについて十分に理解し、その最新情報を常に把握していただく必要があります。サードパーティがポリシーに違反していると判断した場合、Google は当該サードパーティに連絡し、問題となる行為の詳細を検証したうえで是正を求めることがあります。度重なる違反や重大な違反が認められた場合、Google での広告掲載を停止し、当該サードパーティのクライアントにその旨を通知させていただくこともあります。

このポリシーは、下記をはじめ既存の規約およびポリシーの追加条項として、サードパーティに適宜適用されます。

対応策

サイトやアプリが、サードパーティ ポリシー違反のため一時停止された場合の対処方法は次のとおりです。

サードパーティ ポリシー違反
  1. 上記のポリシーを読み、Google で認められない行為について確認します。サイトが一時停止される主な原因には次のようなものがあります。
    • Google のサードパーティ向けプログラムのステータスを偽る(Google Partners プログラム参加代理店である、など)。これには、ホストしているコンテンツでステータスを偽ることや、資格がないにもかかわらず Google サードパーティ プログラムのバッジを表示することも含まれます。
    • Google での上位の広告掲載を保証したり、ウェブサイトでの無制限のクリックを販売したりする。
  2. 広告のリンク先を修正します。 広告のリンク先を修正できない場合は、このポリシーに準拠する新しいリンク先を作成し、広告を更新してください。
  3. 広告を編集します。 広告を編集すると、広告とそのリンク先の再審査が行われます。

    審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。

ポリシー違反に対する措置

遵守状況の審査: Google は、ビジネスでのサードパーティのポリシー遵守状況について随時審査できるものとします。Google から遵守状況に関する情報提供を求められた場合、これに速やかに応じ、ポリシー遵守に向けてあらゆる措置を講じてください。遵守状況の確認を目的として、Google から当該サードパーティのクライアントに問い合わせる場合もあります。

違反の通知: サードパーティがポリシーに違反していると判断した場合、通常の措置として、Google は当該サードパーティに是正を求めるよう連絡します。所定期間が過ぎても要請どおり是正されなかった場合、強制措置が取られる場合があります。重大な違反や度重なる違反が認められた場合、予告なく直ちに措置が取られることもあります。

サードパーティ向けプログラムの利用停止: Google Partners などの Google サードパーティ向けプログラムへの参加は、サードパーティ ポリシーに遵守していただくことが前提となります。また、ポリシーに違反していることが確認された場合や、お客様のビジネスでのサードパーティ ポリシーへの遵守状況についての審査にご協力いただけない場合は、プログラムのご利用が制限または停止されることがありますのでご了承ください。

広告サービスのアカウントの強制停止: サードパーティによる重大なポリシー違反が判明した場合には、当該サードパーティの Google 広告サービスのアカウントが停止されることがあります。 また、度重なる違反や極めて重大なポリシー違反が認められた場合は、Google 広告サービスのアカウントを停止し、今後のご利用および Google での広告掲載を一切お断りさせていただくとともに、当該サードパーティのクライアントにその旨を通知させていただくこともあります。

サードパーティ ポリシー違反の報告

上記のポリシーに違反しているパートナー事業者を見かけられましたら、次のリンクからご報告ください。

サードパーティ ポリシー違反の報告

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。