ヘルスケア、医薬品

2012 年 1 月下旬に Google 広告のヘルスケア、医薬品に関するポリシーが変更されます。Google 広告では、合法かどうかにかかわらず次のような商品の宣伝を禁止しておりますが、今回の変更でこの規定がより明確化されます。

  • 医薬品有効成分や危険性のある成分を含有するハーブ系サプリメントや食事療法サプリメント
  • 病気や疾患の予防または治療に使用しても安全である、またはそのような効果があると示唆する、政府の承認を得ていない商品や非処方箋医薬品
  • アナボリック ステロイドと同等の効果があると示唆または主張する商品
  • 肥満治療用の処方箋医薬品と同等の効果があると示唆または主張する商品
  • エフェドラを含有する商品
  • 減量や体重管理と関連するもの、またはアナボリック ステロイドと併用するものとしてのヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)
  • 虚偽または誤解を与える効果効能をうたう商品
  • アナボリック ステロイド、肥満治療薬、処方箋医薬品、規制薬物、その他このポリシーで禁止されている商品と混同する可能性がある名前の商品

この変更はすべての国を対象に、ユーザーの安全性を考慮して決定したものです。新しいポリシーの施行に合わせて、関連するポリシーの規定も更新されます。
(2012 年 1 月 10 日)

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。