13 歳以上の未成年者に対する広告配信の保護対策(2022 年 8 月)

Google はヘルプセンターの翻訳版を提供しています。ただし翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施されます。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

以前にお知らせしましたとおり、Google は 13 歳以上の未成年者に対する広告配信の保護対策を世界的に拡大します。この保護対策は、デジタル上で規約に同意できる年齢であっても 18 歳未満にあたるユーザー(「13 歳以上の未成年者」)の Google アカウントに適用され、ヨーロッパとオーストラリアで導入済みの保護対策に加えて適用されます。13 歳以上の未成年者を対象とした広告ポリシーの施行に伴い、対象アカウントには次の措置が講じられます。

  • 広告カスタマイズの無効化
  • デリケートなカテゴリに分類されるクリエイティブの配信禁止

このポリシーは 2022 年 8 月 15 日から施行されます。広告カスタマイズの無効化措置は、すべてのサービスに適用されます。デリケートなカテゴリに分類されるクリエイティブの配信禁止措置は、まず YouTube、Google ディスプレイ広告、ディスプレイ&ビデオ 360 に適用されます。その後、他のサービスにも適用範囲が順次拡大されます。13 歳以上の未成年者の場合に規制される広告カテゴリの種類については、こちらのポリシーをご確認ください。本件につきまして、お客様側でのご対応は必要ございません。

子供を対象とした規制(Children's Online Privacy Protection Act(COPPA)、Age Appropriate Design Code(AADC)、Australia Online Safety Act(AU OSA)など)に応えて制定された以前の保護ポリシーは、必要があれば引き続き適用されます。

 

2022 年 6 月 15 日


 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー