リンク先の要件に関するポリシーの更新

Google は参考用としてヘルプセンターの翻訳版を提供していますが、翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施いたします。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

2022 年 3 月より、リンク先の要件に関するポリシーがより明確でわかりやすくなるよう、構成の変更と更新を行います。これにより、ポリシーに基づく特定の措置と、それに対応する Google 広告主様へのご連絡には、新しいポリシー名が使用されます。この変更は、現在ポリシーで禁止または制限されている内容には影響しません。

変更点:

  • リンク先の要件を説明するページで、「独自コンテンツの不足」に関するポリシーの内容が明確になるよう、文言を変更し、わかりやすい例を追加しました。また、サイトに表示される「工事中」または「近日公開」などのエラー メッセージの例は、これまでは「機能していないリンク先」に関するポリシーに記載していましたが、今回の変更により「独自コンテンツの不足」に関するポリシーで「ドメイン パーキング」に関連付けて説明するように変更されました。更新後の文言は次のようになります。
    • 許可されないユーザーが求める内容が提供されないリンク先のメッセージを表示するリンク先

      : ドメイン パーキング、ウェブアドレスを保持する目的でのみ使用されているサイト、「工事中」または「近日公開」などのメッセージが表示されるサイト

  • リンク先の要件に関するカテゴリーの下位に「アクセスできないリンク先」というタイトルの項目を新しく追加し、広告のリンク先へのアクセス制限について説明しています。また、このポリシーにより、広告主様はご自身で再審査請求を行うことができます。このポリシーでは、「このサイトは現在の地域ではアクセスできません」または「メンテナンスのため停止中です」などのメッセージを表示するリンク先がある広告が禁止されることが記載されています。この内容は、以前は「機能していないリンク先」に関するポリシーに記載されていたものです。新しいポリシーの文言は次のようになります。
    • 許可されない ターゲット地域でアクセスできないリンク先

      : 一部の地域でアクセスが制限されており、ターゲット地域でアクセスできないことを伝えるメッセージ(「このサイトは現在の地域ではアクセスできません」など)を表示するサイト、その他の制限によりターゲット地域でアクセスできないことを伝えるメッセージ(「このページにアクセスする権限がありません」など)を表示するサイト

  • 明確さとわかりやすさを考慮し、「機能していないリンク先」に関するポリシーの例を変更しました。更新後の文言は次のようになります。
    • 許可されない 正しく機能していないか、正しく設定されていないリンク先

      : HTTP クライアントまたはサーバーのエラーコードを返すサイト、認証エラーを返すサイト、一般的なブラウザやデバイスで動作しないサイト

このポリシーの更新は、2022 年 3 月 21 日より施行されます。

(2022 年 2 月)

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false