子ども向けに制作された YouTube および広告コンテンツに関する更新(2021 年 3 月)

Google は参考用としてヘルプセンターの翻訳版を提供していますが、翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施いたします。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

2021 年 3 月 16 日より、YouTube の子ども向けコンテンツで配信される広告に関する広告ポリシーが更新されます。

次の種類の広告は、子ども向けコンテンツへの配信が制限されます。

  • 購入への誘導: 商品やサービスを購入するよう子どもを誘導する、または親やそれ以外の人に強く促すプロモーションやコンテンツ
  • 誤解を与える主張や虚偽的な主張
    • 子どもに誤解を与える、または虚偽的な主張や裏付けのない主張を含む有料広告は不可とします。すべての主張は、動画内で実証されている必要があります。
    • 商品によって社会的地位が向上することをほのめかしている有料広告は不可とします。
    • 動作しない、または想定された動作を完了できない「行動を促すフレーズ」や機能を含む有料広告は不可とします。

(投稿: 2021 年 1 月)

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。