広告のターゲット設定

サイトに配信される広告のターゲティング手法

Google 広告は、サイトのコンテンツやユーザーをターゲットとして自動的に配信されます。ターゲティングには次の種類があります。

  • コンテンツ ターゲティング
    さまざまな要素(キーワード分析、語句の使用頻度、フォントサイズ、ウェブ全体のリンク構造など)に基づいてウェブページの内容が分析され、それぞれのページのコンテンツに合った Google 広告が配信されます。
  • プレースメント ターゲティング
    プレースメント ターゲティングでは、広告の表示先とするプレースメントやサイトの一部分を、広告主様が自分で指定します。プレースメント ターゲティングで配信される広告はページの内容と密接には関連しない場合もありますが、広告主様が提供する商品やサービスとお客様のサイトのユーザーの興味や関心に関連性があると判断した広告主様によって掲載先が手動で指定されます。
  • パーソナライズド ターゲティング
    パーソナライズド広告は、ユーザーの興味や関心、属性(「スポーツファン」など)、その他の条件に基づいて、広告主様が広告を表示できるフォーマットです。 ユーザーは広告設定で、パーソナライズド広告が表示されないように自分で設定を変更できます。
    Cookie ID などのユーザーデータが利用できない場合には、パーソナライズド ターゲット タイプのレポートに、コンテンツ ターゲティングのデータが含まれることがあります。EU ユーザーに関する設定で [パーソナライズされていない広告] を指定している場合でも、[パーソナライズド] ターゲット タイプに広告が分類されることがありますが、実際の広告配信でユーザーデータは使われていません。
  • ネットワーク掲載ターゲティング
    広告主様は [ネットワーク掲載] を指定することで、利用可能な広告枠に基づいて、AdSense ネットワークのすべてのサイト(明示的に除外されているサイト以外)をターゲットに設定できます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。