マイ AdSense ページにはお客様のアカウントに特化した情報が表示されます。AdSense での成果向上にぜひご活用ください。

パブリッシャー様のカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)遵守をサポートする

AdSense の CCPA 設定を管理する

Google はこれまで、あらゆる面で「ユーザー ファースト」でサービスを提供してきました。その取り組みの一環として、Google はユーザーの個人情報を販売しません。また、アカウント情報その他の機能を用いて、透明性を高め、ユーザーが自ら広告表示を管理できるようにする手段を提供しています。パーソナライズド広告に関するポリシーに記載のとおり、広告のカスタマイズにデリケートな情報は使用しておりません。また、健全で持続可能な広告エコシステムをサポートするため、Coalition for Better AdsGoogle ニュース イニシアティブads.txt といった取り組みにも投資しています。

Google は、消費者を保護するプライバシー法を尊重しています。2018 年 5 月には、パブリッシャー様が EEA の一般データ保護規則(GDPR)を遵守できるよう、複数の更新を行いました。

現在、Google は制限付きデータ処理機能の開発に取り組んでいます。この機能は、後述のとおり、パブリッシャー様によるカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の遵守のサポートを目的としています。

カリフォルニア州消費者プライバシー法について

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州在住ユーザーのためのさまざまな権利を確立する新しいデータ プライバシー法です。カリフォルニア州でビジネスを行う企業が収益、データ処理、その他の要素に関連する基準のいずれかを満たす場合に適用されます。CCPA は、カリフォルニア州在住のユーザーが「個人情報」の「販売」を拒否する権利を法律で定めたものです。「販売者」パーティのホームページにある「個人情報を販売しない」リンクから販売を拒否することができます。ただし、CCPA では「販売」の定義にいくつかの例外があります。たとえば個人情報の転送すべてが販売に当てはまるわけではなく、「サービス プロバイダ」に個人情報を転送することは法律上販売とは見なされません。

サービス プロバイダに関する規約

Google はすでに、ヨーロッパの一般データ保護規則(GDPR)に準拠したデータ保護規約を制定しています。そしてこのたび、CCPA に基づいてサービス プロバイダに関する規約も制定いたします。この規約は、既存のデータ保護規約(CCPA の条項を反映して改定済み)を補うもので、2020 年 1 月 1 日に施行されます。Google のオンライン契約および更新版のプラットフォーム契約に同意されたお客様の場合、サービス プロバイダに関する規約は既存の契約のデータ保護規約に組み込まれます。その場合、パブリッシャー様側で特にアクションがなくても、サービス プロバイダに関する規約が自動的に従来の契約に追加されます。

CCPA データ処理設定を選択する

デフォルトでは、アド マネージャーでのデータ処理は制限されておらず、パブリッシャー様のサイトやアプリのユーザーにはパーソナライズド広告が表示されます。データ処理を制限し、カリフォルニア州在住の対象ユーザーにはパーソナライズされていない広告のみを表示するためには、CCPA 設定を変更する必要があります。アカウントの外で(メディエーションなどを通じて)共有されるデータには、これらの設定は適用されません。

アカウント全体の CCPA データ処理設定を変更する手順は次のとおりです。

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [ブロックのコントロール] 次に [コンテンツ] 次に [すべてのサイト] の順にクリックします。
  3. [CCPA 設定を管理] をクリックします。
  4. AdSense アカウントに適用するオプションを選択します。
    • [データ処理を制限しない]: カリフォルニア州在住の対象ユーザーに、パーソナライズド広告を表示します。
    • [制限付きデータ処理]: カリフォルニア州在住の対象ユーザーには、パーソナライズされていない広告のみが表示されます。
  5. [変更を保存] をクリックします。
アカウント全体でデータ処理を制限しないよう設定した場合も、データ処理を広告リクエスト単位で制限することができます。

データ処理を制限しない

[データ処理を制限しない] を選択すると、Google がカリフォルニア州在住と判断したユーザーからの入札リクエストを受信できる広告パートナーを選択できます。

対象となる広告パートナーを指定するには、次の手順を行います。

  1. AdSense にログインします。
  2. [ブロックのコントロール] 次に [コンテンツ] 次に [すべてのサイト] の順にクリックします。
  3. [CCPA 設定を管理] をクリックします。
  4. [広告パートナーを選ぶ] セクションで、使用するリストを選択します。
    • すべての有効な広告パートナーを使用する: この機能の設定内で提示されている、すべての利用可能な広告パートナーを使用します。Google とすべての有効な広告パートナーは、Google がカリフォルニア州在住と判断したユーザーからの入札リクエストを受信できます。
    • カスタムリストを使用する: 利用可能なすべての広告パートナーのリストをカスタマイズして、独自のカスタムリストを作成します。選択された広告パートナーのみが、Google がカリフォルニア州在住と判断したユーザーからの入札リクエストの対象となります。このオプションでは、新しい広告パートナーがプラットフォームに加わると、AdSense アカウントのユーザーに通知が届きます。新しい広告パートナーはカスタムリストに自動では追加されないため手動で追加します。
  5. [保存] をクリックします。

データ処理を制限する

パブリッシャー様が制限付きデータ処理を有効化された場合、Google はパブリッシャー様のご指示に応じてデータの利用方法をさらに制限し、パーソナライズされていない広告のみを配信します。パーソナライズされていない広告とは、ユーザーの過去の行動を反映していない広告を指します。こういった広告のターゲティングはコンテキスト情報によって行われ、たとえばおおまかな地域ターゲティング(郵便番号レベルではなく市区町村レベルなど)、現在のサイトまたはアプリの内容、現在の検索語句などが反映されます。制限付きデータ処理モードにおいては、Google はインタレストベースのオーディエンス ターゲティング(ユーザー属性ターゲティング、ユーザーリスト ターゲティングなど)をすべて禁止しています。

制限付きデータ処理の実装方法:

制限付きデータ処理を有効化する条件とその方法については、パブリッシャー様ご自身での判断が必要となります。実際のコンプライアンス義務や法的な分析に基づきご判断ください。以下、一般的なシナリオを 2 種類挙げます。

  1. プロパティに「個人情報を販売しない」リンクを表示したくない場合、たとえばネットワーク コントロールによって、カリフォルニアのユーザーに対する全プログラマティック トラフィックで制限付きデータ処理を有効化することが可能です。この方法を使用した場合、Google は IP アドレスをもとにユーザーの所在地を判定し、カリフォルニアの IP アドレスを使用しているユーザーに対して制限付きデータ処理を有効化します。
  2. もうひとつは「個人情報を販売しない」リンクを表示する方法です。この場合、ユーザーが自身の個人情報の販売からオプトアウトした時点で、個別リクエスト方式で制限付きデータ処理シグナルを送信することができます。
    ネットワーク コントロール、または個別リクエスト方式による制限付きデータ処理シグナル送信によって制限付きデータ処理を有効化する場合、変更内容が広告配信に完全に反映されるのは、米国太平洋時間で 2019 年 12 月 12 日午後 11 時からです。

また、Global Privacy Control を導入したパートナー様の場合は、GPC のオプトアウト シグナルを受け取った際に制限付きデータ処理を有効にすることも可能です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
157
false
false