お申し込み時の条件

Google サイト運営者向けポリシー

Google では、自由で開かれたインターネットを実現するために、サイト運営者様がご自身のコンテンツを収益化し、また広告主様が有益で適切な商品やサービスの広告を通じて見込み顧客にリーチできるようにしています。広告エコシステムの信頼性を維持するには、収益化の対象となるコンテンツに制限を設定することが必要です。

Google 広告コードを使用してコンテンツを収益化する場合、以下のポリシーを遵守する必要があります。ここで言う「コンテンツ」とは、ページやアプリ上に表示されるあらゆるものを指しており、Google 広告以外の広告のほか、他のサイトやアプリへのリンクも含まれます。本ポリシーに違反すると、コンテンツに基づいた広告の表示がブロックされたり、アカウントが停止または閉鎖されたりする場合があります。

本制限事項は、Google サイト運営者向けサービスのご利用に関するポリシーに追加する形で適用されます。

違法なコンテンツ

次のようなコンテンツは許可されません。

  • 違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

知的財産権の侵害

次のようなコンテンツは許可されません。

  • 著作権の侵害に当たるコンテンツ。Google は、著作権侵害の報告に対して、デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)に則って対処します。こうした措置に異議を申し立てる場合は、こちらのフォームをご利用ください。
  • 偽造品の販売または偽造品の販売促進を目的とするコンテンツ。偽造品とは、他の商標と同一、またはほとんど区別がつかない商標やロゴを使用している商品を指します。このような商品は、正規品と偽って販売するために商品のブランドの特徴を模倣したものです。

絶滅危惧種

次のようなコンテンツは許可されません。

  • 絶滅危惧種から作られた製品の販売を促進するコンテンツ

    : トラ、サメのヒレ、象牙、トラの皮、サイの角、イルカ油の販売

危険または中傷的なコンテンツ

次のようなコンテンツは許可されません。

  • 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ

    : ヘイトグループまたはヘイトグループが使うアイテムを宣伝している、特定の個人や集団が非人道的である、劣っている、または排斥に値するとみなすことを他者に推奨している

  • 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ

    : 個人を名指しで罵ったり中傷したりしている、不幸な出来事が実際には起きていないと示唆したり、報道の映像に登場する犠牲者やその家族が実は当事者を演じているとほのめかしたりしている

  • 自分自身または他者を脅迫しているコンテンツや、危害を加えることを奨励しているコンテンツ

    : 自殺、拒食症などの自傷行為を奨励するコンテンツ、健康や医療に関する有害な主張や行為を助長するコンテンツ、実際に危害を加えることを想定した個人に対する脅迫、または他者に対する攻撃の呼び掛けをするコンテンツ、他者に対する暴力を助長、賞賛、容認しているコンテンツ、テロリスト グループが作成したか作成を支援したコンテンツや、テロリストの活動(人員募集など)を宣伝したり、テロリストによる攻撃を称えたりするコンテンツ

  • 強要による他者への搾取を目的とするコンテンツ

    : 略奪、リベンジポルノ、恐喝

不正行為を助長する商品やサービス

次のようなコンテンツは許可されません。

  • ユーザーの誤解を招くコンテンツ

    : パスポート、卒業証書、認可状などの偽造、学期末レポートの販売または配布、代筆や身代わり受験、薬物検査対策の情報や商品

  • ハッキングやクラッキングを助長し、ソフトウェア、サーバー、ウェブサイトの改ざんやそれらに不正にアクセスできるようにする手順や手段をユーザーに提供するコンテンツ

    : 携帯電話などの通信機器、コンテンツ配信システム、コンテンツ配信デバイスへ違法にアクセスできるようにするページや商品、デジタル著作権管理技術の迂回など、著作権保護を回避する商品やサービス、無料受信を目的としてケーブル信号や衛星信号を違法にスクランブル解除する商品、コンテンツ プロバイダがダウンロードを禁止しているストリーミング動画のダウンロードを補助または可能にするページ

不適切な表示に関連するコンテンツ

次のようなコンテンツは許可されません。

  • サイト運営者様の身分や、提供するコンテンツまたはウェブ プロパティの主な目的について、不適切な表示や虚偽表示、適切な情報の隠蔽をしている
  • 虚偽表示や不明瞭な表現でユーザーをコンテンツに誘導している
  • ユーザーの情報を「フィッシング」している
  • 虚偽、不正、誇大広告によってコンテンツ、商品、サービスを宣伝している

    : 「一攫千金」を謳うサービス

  • 特定の個人、組織、商品、サービスと提携関係にある、またはそれらの支持を受けていると偽って示唆しているコンテンツ

    : Google サービスを偽装している、企業のロゴを不正に使用している

  • 自分の母国や自分自身に関する重要情報を偽装または隠匿し、自国以外の国のユーザーに向けて、政治や社会問題、社会的関心事について発信しているコンテンツ

悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

次のようなコンテンツは許可されません。

  • パソコン、デバイス、ネットワークへの損害や不正アクセスを引き起こす恐れのある不正なソフトウェア(マルウェア)を含むコンテンツ

    : コンピュータ ウィルス、ランサムウェア、ワーム、トロイの木馬、ルートキット、キーロガー、ダイヤラー(接続ソフト)、スパイウェア、偽装セキュリティ ソフトウェア、その他の不正なプログラムやアプリ

  • Google の望ましくないソフトウェアのポリシーに違反するコンテンツ

    : ソフトウェアが提供する機能やソフトウェアのインストールによって見込まれるあらゆる影響について明確な説明がない、利用規約やエンドユーザーの使用許諾契約が含まれていない、ユーザーに知らせていないソフトウェアやアプリケーションをバンドル(同梱)している、ユーザーの同意なくシステムに変更を加えている、ユーザーによるソフトウェアの無効化やアンインストールを難しくしている、公開されている Google API を Google のサービスやプロダクトとの通信に適切に使用していない

露骨な性的描写を含むコンテンツ

次のようなコンテンツは許可されません。

  • 性的なテキスト、画像、音声、動画、ゲームを含むコンテンツ

    : 性行為(性器、肛門、口を使った性行為など)、マスターベーション、ポルノ漫画や変態画像、写実的なヌード

  • 仮想のものか現実のものかを問わず、強制的な性行為を含むコンテンツ

    : 強姦、近親相姦、獣姦、死体性愛、スナッフ、ロリータ、未成年者をテーマにしたポルノ、未成年者との出会い

  • 報酬を見返りとした性行為を助長していると解釈される恐れのあるコンテンツ

    : 売春、コンパニオン サービスやエスコート サービス、性感マッサージ、体を密着させるサービスを提供するサイト

国際結婚の斡旋

次のようなコンテンツは許可されません。

  • 外国人との結婚を補助するコンテンツ

    : 国際結婚斡旋、婚活ツアー

家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

次のようなコンテンツは許可されません。

  • 家族向けのように見せかけながら、一般の視聴者には不適切な成人向けのテーマを含んでいるコンテンツ(例: 子供や子供に人気のキャラクターによるセックスや暴力などの描写)

児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

次のようなコンテンツは許可されません。

  • 未成年の性的搾取を助長するコンテンツ

    : 児童の性的虐待の画像や、未成年者に対する成人の性愛を視覚的に描写したり、奨励または促進したりするその他のコンテンツ

Google は、児童の性的虐待の描写や小児性愛に関連するコンテンツの収益化を一切禁止しています。Google は児童虐待に関するオンライン コンテンツの撲滅に継続的に取り組んでおり、家族が安心して使えるインターネット環境の構築を積極的に支援しています。アメリカ合衆国の連邦法では、児童性的虐待の描写物は未成年者(18 歳未満)の性交やオーラル セックス、マスターベーションのほか、陰部のいかがわしい描写(直接的または非直接的を問わない)などの視覚情報として定義されています。こうした視覚情報には、写真、動画、漫画、描画、絵画、彫刻も含まれます。また、実際の児童の画像のほか、パソコンによる生成、モーフィング、合成、子供に見えるような修正画像(Photoshop を使用したものなど)も含まれます。さらに、未成年者への性行為の要求(誘惑)も対象となります。小児性愛とは、未成年者(18 歳未満)に対する成人の性愛を描写、奨励、促進するあらゆるコンテンツや行動(画像、テキスト、動画など)を指します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。