コード導入ガイド

HTML 内で AdSense コードを配置する場所

生成した AdSense コードを、サイトの <head> タグと </head> タグの間に貼り付けます。AdSense を最大限に活用できるよう、AdSense コードはサイトのすべてのページに配置することをおすすめします。

WordPress をお使いの場合、AdSense コードの追加について詳しくはヘルプをご覧ください。

次の例で AdSense コードを配置する場所をご確認ください。

例: AdSense コードを追加する前の HTML ページ

<html>
<head>
この部分はページのヘッダーです。
<title>サンプル HTML ページ</title>
</head>
<body>
この部分はページ本文です。
</body>
</html>

例: ヘッダー(<head></head> タグの間)に AdSense コードを配置した HTML ページ

<html>
<head>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1234567890123456" crossorigin="anonymous"</script>
この部分はページのヘッダーです。
<title>サンプル HTML ページ</title>
</head>
<body>
この部分はページ本文です。
</body>
</html>

: このコードはサンプルです。実際のサイトのコードでこのまま使用しないでください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。