広告コードの導入

サイトの特定のページを自動広告の表示対象から除外する

ページの除外設定を使用すると、サイトの特定のページに自動広告が表示されないようにすることができます。たとえば、ホームページに広告を表示しないようにすることもできます。ページの除外設定を追加すると、サイトの自動広告設定はオーバーライドされます。

サポートされていない URL

ページの除外設定を追加する際は、有効な URL を入力してください。自動広告では、フラグメントを含む URL(www.example.com/page#top など)やパラメータを含む URL(www.example.com/page?q=target など)はサポートされていません。

ページの除外設定を追加する

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [広告] 次に [概要] をクリックします。
  3. 全サイトの表でサイトの横にある編集アイコン 編集 をクリックします。
  4. [ページ除外] で、[管理] をクリックします。
  5. 既存のページの除外設定がある場合は、[+ 除外設定を追加] をクリックします。
  6. 除外するページまたはセクションの URL を入力します。
  7. 次のいずれかを選択します。
    • このページのみ - 完全に一致する URL のみを広告の表示対象から除外する場合に使用します。

      または

    • このセクションのすべてのページ - 同じ URL 接頭辞を使用しているサイトのセクション全体を広告の表示対象から除外する場合に使用します。たとえば、「example.com/sports」という URL を入力したとします。この場合、「example.com/sports」、「www.example.com/sports」、「example.com/sports/team」は除外されますが、「subdomain.example.com/sports」は除外されません。
  8. [追加] をクリックします。
  9. [サイトに適用] をクリックします。

    新しい設定が選択した URL に適用されるまでには 1 時間ほどかかることがあります。

ページの除外設定を削除する

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [広告] 次に [概要] をクリックします。
  3. 全サイトの表でサイトの横にある編集アイコン 編集 をクリックします。
  4. [ページ除外] で、[管理] をクリックします。
  5. ページの除外設定のリストで、削除する除外設定を見つけます。
  6. その他アイコン その他 次に [削除] をクリックします。
  7. [サイトに適用] をクリックします。

    新しい設定が選択した URL に適用されるまでには 1 時間ほどかかることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。