アド マネージャーと AdSense の違い

最適なサービスを選ぶ

アド マネージャーと AdSense はどちらも広告枠の販売に役立つ便利なツールですが、機能はそれぞれ異なっています。次の説明を参考に、広告のニーズに合ったサービスをお選びください。

AdSense

AdSense は広告ネットワークとして機能します。AdSense を使うと広告主からの需要を活用でき、広告枠の設定も容易になります。できるだけ作業を自動化し、広告ソリューションを簡単に実装したい場合や、広告管理の人員が限られている場合は、AdSense が適しています。

アド マネージャー

アド マネージャーは広告サーバーとして機能し、AdSense、Ad Exchange、その他の第三者ネットワークなど、複数の広告ネットワークに対応できます。直接販売が多く、細かな管理が必要な場合や、第三者ネットワークを利用したい場合は、アド マネージャーが適しています。

AdSense の特長

  • ウェブサイトの収益化に活用できます。AdSense はブログ、フォーラム、オンライン サービスなどに特に有効です。
  • すばやく簡単に広告配信を始められます。
  • 広告枠を自動的に最適化し、自動広告を活用して収益を増やすことができます。
  • パフォーマンス レポートを簡単に利用できます。

AdSense へのお申し込み

アド マネージャーの特長

  • すべてのプラットフォーム(ウェブサイト、モバイルアプリ、動画、ゲーム)を 1 か所で収益化できます。
  • 広告収益の大部分が購入者との直接取引から発生している場合に役立ちます。
  • 広告枠に対して第三者ネットワークを競合させることができます。
  • 複雑なクエリやレポートを使用して詳細な分析を行うことができます。

アド マネージャーへのお申し込み

よくある誤解

「アド マネージャーの方が高品質の広告が配信される」

これは誤解です。 AdSense とアド マネージャーのどちらでも、同じプレミアム広告主や認定済み購入者の広告を配信できます。高品質の広告であることに変わりはありません。

「アド マネージャーは AdSense のプレミアム バージョンである」

これは誤解です。 アド マネージャーは AdSense とは別のサービスです。AdSense は、高品質を求める広告主の需要と最適化に役立つ分析情報、実装が簡単な収益化の手段を提供する広告ネットワークです。一方、アド マネージャーは、詳細な広告枠管理をはじめとするさまざまな機能を備えた統合プラットフォームです。アド マネージャーを使うと、PC ウェブ、モバイルウェブ、アプリのすべてにわたって、直接取引、第三者ネットワーク、プログラマティック広告の需要を管理できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。