広告ユニットに関する最新情報

Google では、最新の広告サービスを提供できるよう、継続的に投資を行っています。お客様のアカウントの広告ユニットに対して現在適用を進めている重要な変更も、そうした投資の成果です。2019 年 4 月より [広告] ページが更新され、これらの変更が適用されます。

変更点

  • 広告サイズ

    広告ユニットの作成と管理が簡単になります。これから作成される新しい広告ユニットはすべてデフォルトでレスポンシブ形式となり、モバイルや PC の画面に合わせてサイズが自動調整され、パフォーマンスと柔軟性が向上します。こうしたカスタマイズが不要の場合は、固定サイズの広告ユニットを作成してください。

  • 広告タイプ

    現在、Google ではより魅力的な広告フォーマットへの移行を進めています。テキスト専用やディスプレイ専用の広告ユニットを段階的に廃止することで、ユーザー エクスペリエンスの向上を図り、現在の広告市場の状況にも適切に対応していく方針です。これを受けてアカウントでは、「テキスト広告のみ」と「ディスプレイ広告のみ」の広告ユニットの名前がすでに「ディスプレイ広告」に変更されており、すべての広告タイプに対応するよう更新される予定です。

    引き続きテキストのみの広告ユニットを使いたい場合は、ネイティブ インフィード広告ユニットを作成し、手動で広告スタイルを作成するオプションと [テキストのみ] のテンプレートを選択してください。

  • テキスト広告のスタイル

    「テキスト広告とディスプレイ広告」の広告ユニットでテキスト広告のスタイルがサポート終了となります。今後は、新しい広告ユニットで広告スタイルを作成できなくなります。新しい広告ユニットには、Google が最適化したテキスト広告のスタイルが適用されます。この機能はサポート終了となるため、既存の広告スタイルも今後数か月のうちに Google によって最適化が行われます。カスタマイズやユーザー エクスペリエンスの向上を重視する場合は、記事内広告インフィード広告などのネイティブ広告をご利用ください。

  • 「表示可能な広告がない」場合の対応を簡略化

    Google では、広告ネットワークの品質と安全性を高め、AdSense ネットワークに侵入する悪質な広告の数を減らせるよう継続的に改善を進めています。そうした取り組みの一環として、このたび [表示可能な広告がない場合] オプションが削除されることになりました。今後、表示可能な広告がない場合はデフォルトで広告スペースが折りたたまれ、それができない場合は空白のスペースが表示されます。現在の設定が「無地一色」か「他の URL」の場合は、近いうちに設定が更新されます。

  • テスト

    上記の変更の結果、広告ユニットの設定テストも不要になるためこの機能は削除されます。実施中のテストがある場合は、今後数か月のうちに停止されます。

  • 同期コード

    コードタイプを同期に変更する AdSense のオプションは利用できなくなります。広告ユニットの同期広告コードが必要な場合は、こちらの手順に沿って手動で作成してください。

  • カスタム チャネル

    カスタム チャネルを追加するオプションは、広告ユニットを作成する際に削除されます。現在では広告主によるプレースメント ターゲット広告の購入は行わないため、カスタム チャネルはレポート作成にのみ使用されています。引き続き新しいカスタム チャンルを作成して [カスタム チャンル] レポートを表示することはできますが、今後は、この方法で広告ユニットの掲載結果をトラッキングするには、カスタム チャンル ID を広告ユニットのコードに追加する必要があります。または、[広告ユニット] レポートを実行し、フィルタを使用してデータをそれらの広告ユニットに制限することで、複数の広告ユニットの掲載結果を確認できます。

フィードバックをお寄せください

こうした変更についてのご意見、ご感想は、AdSense アカウントの [広告ユニット] ページのサイドバーにある [フィードバック] からお寄せください。皆様からのフィードバックをお待ちしております。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。