Better Ads Standards

サイトの広告の利便性に関する問題を修正する

Better Ads Standards に違反しているサイトがある場合

[不可] または [警告] ステータスになっているサイトがあるという通知が届いた場合は、Google のシステムにより、お客様のサイトの広告の利便性が Better Ads Standards に準拠していないことが検出されたことを示しています。Google では、サイト運営者様の広告の利便性を向上させるため、サイトを毎日審査し、違反が見つかった広告の利便性に関する動画を記録しています。サイトが [不可] または [警告] ステータスにある場合、広告に関する問題レポートには、これらの映像とともに、Better Ads Standards に関する情報、問題がサイトに与える影響についての情報が含まれます。

現在、Better Ads Standards は AdSense プログラムのポリシーには含まれていませんが、Google は世界的に業界標準となっている Coalition for Better Ads のメンバーであり、Better Ads Standards を完全にサポートしています。AdSense のサイト運営者様には、広告に関する問題レポートをご覧いただき、特定されている問題に対処いただくことを強くおすすめします。手順は次のとおりです。

  1. レポートを表示

    広告に関する問題レポートGoogle Search Console の一部です。つまり、サイトを表示するには、確認されているサイトの所有者である必要があります。自分をオーナーまたはユーザーとして追加するか、所有権を自分自身で確認するかをウェブ担当者にご確認ください。詳細

  2. レポートについて

    サイトが審査され、ステータスが [警告] または [不可] の場合、訪問者に不快感を与え、誤解を招く可能性のある広告の問題に関する動画がレポートに表示されます。デスクトップまたはモバイルのレポートをクリックして、特定されている具体的な問題を確認してください。

    2018 年 2 月 15 日以降、審査のステータスが 30 日以上 [不可] になっているサイトのすべての広告が Chrome でフィルタされます。PC とモバイルの審査は別々に管理されますので、ご注意ください。たとえば、サイトの(PC 広告の利便性ではなく)モバイル広告の利便性に関するステータスが [不可] であることがレポートに示され、30 日以内に問題が解決されない場合は、(PC ではなく)モバイル端末において Chrome で広告がフィルタされます。
  3. 問題の修正と審査の申請

    利便性に関する違反を特定したら、それを解消するための措置を講じてください。その後、各課題にどのように対処したかを「審査を申請する」欄に入力し、「この問題を修正しました」をクリックすると、審査が進行中であることを示す確認メールが届きます。詳細

広告に関する問題レポートのすべての問題への対応を済ませると、AdSense アカウントの通知は削除されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。