レスポンシブ広告のタグパラメータの使用方法

レスポンシブ広告のタグパラメータを使うと、レスポンシブ広告ユニットの動作を変更できます。たとえば、お客様の規定の形状として、広告ユニットの一般的な形状を指定できます。通常、レスポンシブ広告のタグパラメータを使うには、レスポンシブ広告コードを若干修正します。たとえば、data-ad-format パラメータの値を "auto" から "rectangle" に修正します。レスポンシブ広告コードの高度な機能とは異なり、複数のコード変更を加えたり、CSS メディアクエリを使ったりする必要はありません。

この記事で説明されている例は、AdSense 広告コードの改変方法として許可されているものです。こうした方法でレスポンシブ広告コードを修正した場合、AdSense プログラム ポリシーに違反することはありません。

一般的な形状を指定する場合

広告コードを修正し、お客様の規定の形状として広告ユニットの一般的な形状(横長、縦長、レクタングル)を指定できます。次の例で修正方法をご確認ください。

横長の形状を指定する場合

レスポンシブ広告コードを修正して広告ユニットに一般的な横長の形状を指定する方法については、次の例をご覧ください。

<ins class="adsbygoogle"
    style="display:block;"
    data-ad-client="ca-pub-1234"
    data-ad-slot="5678"
    data-ad-format="horizontal"></ins>
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

デフォルトでは、レスポンシブ広告コードの data-ad-format タグには "auto" という値が設定され、これにより、レスポンシブ広告ユニットでサイズの自動調整が有効になります。しかし、サイトのレスポンシブ広告ユニットの一般的な形状を指定することもできます。その場合は、data-ad-format の値を "rectangle"(レクタングル)、"vertical"(縦長)、"horizontal"(横長)に変更したり、これらをカンマで区切って組み合わせた値("rectangle, horizontal" など)に変更したりします。

モバイル端末における全幅サイズのレスポンシブ広告の動作を設定する

data-full-width-responsive パラメータによって、レスポンシブ広告ユニットが、サイトを訪問したユーザーのモバイル端末の画面の全幅サイズに拡大されて表示されるかが決まります。data-full-width-responsive パラメータの使用方法に応じて、レスポンシブ広告ユニットをさまざまな方法で動作させることができます。

data-full-width-responsive="true"

data-full-width-responsiveパラメータは "true" に設定することを推奨します。そうすることで、レスポンシブ広告ユニットがモバイル端末上のユーザーの画面の全幅サイズに展開されることが多くなります。この設定により、収益増加の可能性が見込めます。

パラメータが "true" に設定されている例

この例では、レスポンシブ広告コードを変更して全幅レスポンス広告を有効にする方法を示します。

<ins class="adsbygoogle"
    style="display:block;"
    data-ad-client="ca-pub-1234"
    data-ad-slot="5678"
    data-ad-format="auto"
     data-full-width-responsive="true"></ins>
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

data-full-width-responsive="false"

モバイル端末の画面においてレスポンシブ広告ユニットが全幅サイズに自動拡張される動作をご希望でない場合は、data-full-width-responsive パラメータを "false" に設定します。ただし、この動作を無効にすると増収の機会を逃す可能性があります。Google が行ったテストの結果、モバイル端末が縦表示の場合には、全幅サイズのレスポンシブ広告で成果が上がることが判明しています。

パラメータが "false" に設定されている例

次の例では、レスポンシブ広告コードを変更して全幅サイズのレスポンシブ広告を無効にする方法を示します。

<ins class="adsbygoogle"
    style="display:block;"
    data-ad-client="ca-pub-1234"
    data-ad-slot="5678"
    data-ad-format="auto"
     data-full-width-responsive="false"></ins>
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

data-full-width-responsive パラメータを使用しない

data-full-width-responsive パラメータを広告コードに記述しない場合でも、ユーザーのモバイル端末上の画面の全幅サイズまでレスポンシブ広告ユニットが拡大されることがあります。しかし、パラメータが存在し "true" に設定されている場合よりは、全幅サイズに拡大されることは少なくなります。

レスポンシブ広告コードの高度な機能の詳細については、レスポンシブ広告コードを修正する方法をご参照ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。