記事内ネイティブ広告

記事内広告は Google が自動的に最適化する新しい広告フォーマットで、ページ内の段落と段落の間にネイティブ広告を表示するものです。

記事内広告のメリット

記事内広告を使用すると、次のようなメリットが得られます。

  • ユーザー エクスペリエンスの向上: 記事内広告では、広告主様から提供された高品質な広告要素が使用されるため、読者にさらにすばらしいエクスペリエンスをお届けすることができます。
  • モバイルに最適: 記事内広告は、モバイル端末の小さな画面で収益を上げるのに有効な全幅広告です。
  • Google による最適化: 記事内広告は、掲載先のページで優れたパフォーマンスを発揮できるよう、Google によって最適化されます。

記事内広告と通常の広告との違い

記事内広告は、次の点で通常の広告とは異なります。

  • 記事の流れに違和感なく溶け込めるようになっています。
    • 配置場所に応じたレイアウトで、閲覧フローに沿って表示される
    • 広告主様から提供された高品質な広告要素が使用される

記事内広告ユニットに選択したディスプレイ広告を表示する

記事内広告では、高品質な広告要素を使ったクリエイティブ(例: Google 広告のレスポンシブ広告など)のみが使用されます。このため、より訪問者の視覚に訴える広告を表示できるものの、場合によっては CPM が短期的に低下することがあります。CPM を引き上げるには、一部のディスプレイ広告も記事内広告ユニットに表示します。利用可能なスペースにうまく収まるようにディスプレイ広告が自動的に選択されます。両方のタイプの広告を表示することで、増収を図ることができます。このオプションについて詳しくは、記事内広告の設定に関する説明をご覧ください。

Google による最適化とは

記事内広告は、掲載先のページで優れたパフォーマンスを発揮できるよう、Google によって最適化されます。これには広告のレイアウト、使用する広告要素、CTA(行動喚起)ボタンなどが含まれます。また、広告の配色やフォントなど、定義済み要素も Google による最適化の対象となります。「Google が最適化したスタイル」がオンになっていると、配色やフォントを変更することでより良いパフォーマンスが期待できる場合、当初にご自身で指定したスタイルとは別のものに変更されることがあります。記事内広告の設定の詳細

次のステップ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。