Google アナリティクス アカウントのリンク設定とプロパティ移行の概要

サービスの統合とプロパティの移行による影響を把握します。

複数の Google サービスを利用している場合は、それぞれのサービスをリンクしてアカウント間でデータを共有することで、個々のサービスのメリットを最大限に活用できます。Google アナリティクスの管理者は、アナリティクスのプロパティを以下のような Google サービスにリンクすることができます。

  • AdSense
  • Google 広告
  • BigQuery
  • Ad Exchange
  • ディスプレイ&ビデオ 360
  • キャンペーン マネージャー
  • 検索広告 360
  • Search Console

上記のサービスの統合が完了した後に、アカウント構成を変更して、移行元のアカウントから移行先のアカウントにアナリティクス プロパティ(およびビュー)を移行することが必要になる場合があります。その場合、管理者は以下の要件を満たしている必要があります。

  • 移行元アカウントと移行先アカウントの両方で、ユーザーの管理と編集権限を保持している。
  • 対象となるすべてのアカウント管理者(Google アナリティクスにデータを送信するリンク済みのアカウント管理者を含む)に代わって、プロパティを新しいアカウントに移行する権限があることを確認している。
  • 移行するプロパティに、移行先のアカウントの利用規約(または Google アナリティクス 360 の契約内容)、データ共有などのアカウント設定、データ処理の修正条項(ある場合)が適用されることを確認している。

プロパティを移行しても、プロパティにリンクしているすべてのアカウント(AdSense や Google 広告など)や、プロパティで行った他のプラットフォーム(ディスプレイ&ビデオ 360 やキャンペーン マネージャーなど)との統合はそのまま維持されます。このため、移行するプロパティのレポートデータや、リンク済みのサービスからインポートおよびエクスポートされたデータは、移行先のアカウントでのみ利用できるようになります。

関連資料

Google アナリティクス 360 スイートのユーザー向けの資料
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。