ポリシー違反への措置

広告配信に影響する可能性がある問題をポリシー センターで解消する

ポリシー センターには、サイトに現在適用されているすべての違反措置が表示されます。違反措置が適用されると、すべての広告掲載がブロックされるか(「広告配信の停止」など)、広告枠に入札できる広告主が制限される(「需要の制限」など)可能性があります。

違反措置が適用される原因としては、コンテンツに関するさまざまな問題が考えられます。

  • 解消が必要なポリシー違反。ポリシー違反に対しては、「広告配信の停止」または「需要の制限」が適用されます。
  • サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項は、ポリシー違反ではないため、コンテンツや広告リクエストを修正する必要はありませんが、サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項が含まれているコンテンツには「需要の制限」が適用されます。
  • クローラエラーの場合は、コンテンツをクロールできないため、広告を配信できません。
ヒント: 違反措置に対処する必要があるかどうかは、ポリシー センターの [修正が必要] 列で確認できます。ポリシー違反が原因で違反措置が適用されている場合は、この列に「はい」と表示されます。サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項の場合は、「いいえ」と表示されます。

この記事の内容:

ポリシー違反のフィルタとダウンロード

ポリシー センターでは、フィルタおよびダウンロード オプションを使用して、ポリシー違反とサイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項を確認、管理できます。

  • [フィルタ] をクリックすると、特定のサイトのみを表示したり、サイトのステータスや特定の違反措置の日付のみを表示したりすることができます。
  • すべてのサイトまたは個々のサイトについて、違反のあるすべてのページおよびセクションの CSV ファイルをダウンロードするには、[ダウンロード] Download をクリックします。

サイト、セクション、ページ単位の問題

サイト、サイトのセクション、ページに関する通知を受け取った場合は、問題の詳細と必要な対応について以下をご確認ください。

ポリシー違反

[修正が必要] 列に「はい」と表示されている場合は、現在、サイト、サイトのセクション、ページのいずれかがプログラム ポリシーに準拠していないため、違反措置が適用されています。ページでこの措置が取られている場合は、そのページがポリシーに違反しています。サイトまたはサイトのセクションでこの措置が取られている場合は、そのサイトまたはサイトのセクションに含まれる複数のページがポリシーに違反しています。この場合は、サイト全体またはサイトのセクションを確認し、ポリシーに準拠するように修正を加える必要があります。

サイト、サイトのセクション、ページのポリシー違反を解消したら、審査をリクエストできます。また、ポリシーに違反しているサイト、サイトのセクション、ページへの広告配信を停止する場合は、該当のサイト、サイトのセクション、ページから AdSense 広告コードを削除します。ポリシー違反は、7〜10 日以内にポリシー センターから自動的に削除されます。なお、自動広告の場合は、新しい URL グループを作成し、広告配信を停止するページを指定します。広告フォーマットはすべて未指定のままにしてください。

サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項

[修正が必要] 列に「いいえ」と表示されている場合は、Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項に該当するコンテンツがサイトに含まれていることを示しています。このタイプのコンテンツを収益化しても問題はありませんが、一部の広告のソースは入札できなくなるため、広告配信が減る可能性があります。

サイト、サイトのセクション、ページで、サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項を解消すると、審査をリクエストできるようになります。また、ページへの広告配信を停止する場合は、該当のページから AdSense 広告コードを削除すると、7〜10 日以内にポリシー センターからそのページが自動的に削除されます。なお、自動広告の場合は、新しい URL グループを作成し、広告配信を停止するページを指定します。広告フォーマットはすべて未指定のままにしてください。

警告(サイトのみ)

警告は、現在 AdSense プログラム ポリシーに準拠していないサイトがある場合に表示されます。警告を解消するには、サイトをポリシーに準拠したものに修正する必要があります。サイトの一部のページにページ単位またはセクション単位の違反措置が適用され、広告配信が制限されている場合もあります。

修正を加えない場合は、サイトやアカウントに対してなんらかの措置が取られる場合があります。

クローラエラー

「クローラエラー」という問題が表示される場合は、AdSense クローラがサイトにアクセスできないことが原因でサイトに広告が配信されていないことを示しています。このタイプの問題はポリシー違反ではないため、審査はリクエストできません。

AdSense クローラの動作について、十分に理解していただく必要があります。たとえば、AdSense クローラは URL 単位でインデックス登録を行っており、robots.txt ファイルで禁止されているページまたはディレクトリにアクセスすることはありません。詳しくは、AdSense クローラエラーの修正方法をご覧ください。

審査のリクエスト

ポリシー違反を解消するための修正およびサイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項に関する修正(必要な場合)を加えたら、サイトの審査をリクエストできます。なお、1 か月にリクエストできる審査の数には上限があります。

: ページ上のユーザーが作成したコンテンツや第三者のコンテンツ(ユーザーのコメント、おすすめのコンテンツ、広告など)から、違反しているすべての要素が削除されていることもご確認ください。
  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [アカウント] 次に [ポリシーセンター] をクリックします。
  3. [違反措置が適用されたサイト] で、違反措置が適用されているサイトを確認してクリックします。
  4. 下矢印 下矢印 をクリックし、違反措置の詳細ビューを開きます。
  5. [審査をリクエスト] をクリックします。
  6. フォームに必要事項を入力し、[審査をリクエスト] をクリックします。

    サイトは通常 1 週間以内に審査されますが、場合によってはそれ以上かかる場合があります。審査の結果によっては、違反措置が削除される可能性があります。他の問題が見つかった場合は、それに応じてポリシー センターと違反措置が更新されます。

アカウント単位の違反措置

広告配信の制限

広告配信が制限されると、AdSense アカウントで表示できる広告の数に制限が設けられます。詳しくは、広告配信の制限についての記事をご覧ください。

停止

停止の通知は、AdSense プログラム ポリシー違反が原因でアカウントが停止されたことを示しています。この停止期間中に、無効なトラフィックの原因を調査し、疑わしいトラフィックを識別してブロックし、広告トラフィックが Google のガイドラインとポリシーに準拠するように対策を講じてください。詳しくは、アカウントを適正に運営するをご覧ください。

停止期間中は広告が表示されず、お客様へのお支払いも保留されます。また、アカウントの最近の収益が減額され広告主に還元される場合もあります。停止期間が終了すると、広告配信は自動的に再開され、お支払いの保留が解除されます。また、アカウントがポリシーに準拠しているかどうかの確認がその後も継続されます。アカウント停止については、審査をリクエストできません。詳しくは、無効なトラフィックやポリシー違反によりアカウントが停止された場合の対処法をご覧ください。

アカウントの停止期間中や停止期間の終了後に他にも問題が見つかると、アカウントが永久的に無効になる場合があります

お客様には、ご自身のウェブサイトがプログラム ポリシーに常に準拠するように管理する責任があります。ご自身のサイトとページがポリシーに準拠しているかどうか、定期的に確認されることをおすすめします。

影響を受けるサービス

違反は、さまざまなサービスを使用しているサイトおよびページで見つかる場合があります。問題の解決に役立てていただけるよう、個々の違反について、影響を受けるサービスの一覧が次のように表示されます。

  • コンテンツ向け AdSense
  • 動画向け AdSense
  • ゲーム向け AdSense

ポリシー センターに関するよくある質問

以下に、ポリシー センターに関するよくある質問の回答をまとめました。

AdSense 広告コードを削除した後も、ポリシー センターにページ単位の違反が表示されるのはなぜですか?

ページの審査には 1 週間ほどかかります。AdSense 広告コードの削除を確認できた後で、ポリシー センターでのページ単位の違反の表示がなくなります。

ページ単位の違反の審査をリクエストできないのはなぜですか?

ページ単位の違反の審査をリクエストできない理由はいくつかあります。

  • 審査の件数が月あたりの上限に達している。
  • 該当のページがすでに審査中である。
  • ポリシー違反の種類によっては、ポリシー センターで審査のリクエストができません。たとえば、著作権不正なソフトウェアに関する一部のポリシー違反については、独自の審査手続きを行います。デジタル ミレニアム著作権法に基づく著作権侵害の通知によってコンテンツが削除された場合は、こちらのフォームから異議申し立てを行うことができます。不正なソフトウェアのポリシー違反の場合は、Google Search Console から審査をリクエストしてください。

ページ単位の違反に関する審査がキャンセルされたのはなぜですか?

審査の対象ページにアクセスできない場合や、ページに AdSense 広告コードがない場合、審査はキャンセルされます。ページを審査に送る際は、そのページに Google がアクセスできること、AdSense 広告コードが含まれていることをご確認ください。

ページ単位の違反は AdSense トップページに赤色のアラートで通知されますか?

いいえ。ただし、ページ単位の違反はすべてポリシー センターで確認できます。また、メールでも通知が届きます。

AdSense ポリシー レポートのメールと、その他の AdSense ポリシー関連メールの違いは何ですか?

AdSense ポリシー レポートのメールは、ページ単位のポリシー違反と違反措置だけを通知するものです。サイト単位およびアカウント単位の違反措置は、別のメールで通知されます。

ポリシー センターでは、Google プログラム ポリシーに違反していることが判明したすべてのページが表示されますか?

いいえ。ポリシー センターでは、過去 7~10 日間に広告リクエストが発生した違反ページが表示されます。ページによっては(1 日のトラフィックが極端に少ないページなど)、ポリシー センターに表示されません。お客様には、ご自身のウェブサイトがプログラム ポリシーに常に準拠するように管理する責任があります。ご自身のサイトとページがポリシーに準拠しているかどうか、定期的に確認されることをおすすめします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。