収益の低下

クリック率とページ RPM の低下

クリック率やページ RPM が低下する原因としては、サイトのデザインが最適化されていないことや、ターゲットが正しく設定されていないことが考えられます。サイト訪問者は広告を見たとしても関連性を見い出せずクリックしなかったか、広告をまったく見なかったと思われます。クリック率やページ RPM が低下すると、通常、収益は低下します。

クリック率やページ RPM の傾向を分析し、低下の原因となった可能性のある変化を特定するには、レポートの期間を過去 30 日以上に指定することをおすすめします。あるいは、「他の期間と比較」機能を使うと、前月や前年に同じような低下が見られたかどうかを確認できます。それにより、収益に影響を与える可能性のある季節的な傾向を見つけることができるかもしれません。

クリック率やページ RPM の低下が原因で収益が低下している場合は、以下の点を確認してください。

「広告サイズ」レポートでアクティブ ビュー指標を確認する
[パフォーマンス レポート] ページの左側のパネルで [詳細レポート] をクリックし、[広告サイズ] を選択します。表示されたレポートで [アクティブ ビュー] 指標グループを選択します。The Ad sizes report with Active View metrics

視認性が高くなると、通常、クリック率やページ RPM は高くなります。レポートでアクティブ ビュー視認範囲表示率が低い広告ユニットを特定します。広告ユニットが特定できたら、ページの人気のある部分に移動するなど、その広告ユニットのプレースメントを改善します。詳しくは、視認性とアクティブ ビューをご覧ください。

「プラットフォーム」レポート
[パフォーマンス レポート] ページの左側のパネルで [一般的なレポート] をクリックし、[プラットフォーム] を選択します。グラフの下の表で、パソコンとモバイルのトラフィックを比較します。The Platforms report

モバイル端末からのページビュー数が多い場合は、サイトをモバイル向けに最適化してください。あるいは、ユーザーが使用しているスクリーン サイズにかかわらず常に最適なユーザー エクスペリエンスを提供する、レスポンシブ広告ユニットへの切り替えを検討してください。

モバイル端末やタブレットでのクリック率が低い場合は(「プラットフォーム」レポートで [クリック数] 指標グループ、[クリック率] 指標の順に選択して確認)、サイトをモバイル端末やタブレット広告向けに最適化してください。詳しくは、マルチスクリーン対応ガイドラインの概要をご覧ください。

クローラのエラー情報
クローラのエラーに関して AdSense アカウントを確認してください。AdSense でページをクロールできないと、ページと関連性の高い広告を表示することができません。また、AdSense クローラは画像や動的なコンテンツから情報を収集することが苦手なため、ページにテキスト コンテンツを含めることをおすすめします。なお、サイトが更新されてから、クローラがページに再度アクセスして広告のターゲティングを更新するまで、最大 48 時間かかる場合があります。詳しくは、AdSense クローラについてをご覧ください。
拡張テキスト広告とエンハンスト ディスプレイ広告
拡張テキスト広告やエンハンスト ディスプレイ広告を表示しないように設定すると、クリック率、ページ RPM、およびクリック単価が低下することがあるのでご注意ください。
PageSpeed Insights
Google の PageSpeed Insights を活用して、ページのパフォーマンスをご確認ください。PageSpeed Insights を利用すると、あらゆる端末でのページの読み込み速度を短縮できます。

クリック率やページ RPM を引き上げるためのおすすめの方法

クリック率やページ RPM を引き上げるためのおすすめの方法:

詳しくは、AdSense の活用についてをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。