[最適化] タブ

AdSense でテストを実施する

テストを実施すると、広告の特定の設定について 2 つのパターンを実際に試し、どちらの方が掲載結果が良くなるかを比較することができます。テストでは、サイトのトラフィックが元の広告設定とテストパターンで分割され、掲載結果を突き合わせて比較できます。これにより、データに基づいて広告の設定を判断できるため、収益の増加につながります。

アカウントの [テスト] ページで、テストの作成確認優位なパターンの選択を行います。[テスト] ページを表示する手順は次のとおりです。

  • AdSense アカウントにログインして、[最適化] > [テスト] をクリックします。

テストを作成する

テストは次の手順で作成します。

  • テストの基となる広告設定(オリジナル パターン)を指定します(これがテストパターンと比較されます)。
  • テストパターンで変更する設定を指定します。
  • テストの種類に応じて、テスト終了後に自動的に優位な設定を適用するかどうかを選択します。
    特にテストを多数実施する場合などは、この設定を利用することで時間を節約できます。

次のタイプのテストを作成できます。

テストを確認する

[テスト] ページではテストの概要を確認できます。このページには、現在のステータスと進捗状況が表示され、[完了可能] となったテストがハイライト表示されます(この時点まで待って、優位なパターンを選ぶことをおすすめします)。

ステータス 意味
掲載中 テストが進行中で、データが収集されています。
完了可能 テストで十分なデータが収集され、優位なパターンを選択できるようになりました。詳しくは、テスト結果の優位なパターンを選択する方法をご覧ください。
完了

優位なパターンが選択され、テストが完了しました。
または
優位なパターンが選択されることなく、テストが停止しました。

テスト結果から優位なパターンを選ぶ

テストで十分なデータが集まると、テスト結果から優位なパターンを選べるようになります。優位なパターンを選ぶには、テストが [完了可能] の状態になるまで待つことをおすすめします。

ここでは、適切なタイミングで優位なパターンを判断できるよう、テストの進捗状況が表示されます。進捗状況を見れば、元の広告設定とテストパターンのどちらが優れているかが判明するまでに、どのくらいの日数が必要かがわかります。優位なパターンを選ぶには、テストが [完了可能] の状態になるまで待つことをおすすめします。進捗状況はこれまで収集してきたデータに基づいて算出されるため、残り日数は増加したり減少したり、または変わらない場合があります。

  • 優位なパターンとして元の広告設定を選んだ場合は、元の設定が保持されます。
  • 優位なパターンとしてテストパターンを選んだ場合は、その設定がアカウントに適用されます。

いずれの場合でも、トラフィックの分割とテストが終了します。

テスト結果から優位なパターンを見極める際は、RPM だけでなく、広告セッションの長さ(確認可能な場合)に対する変化も考慮することをおすすめします。広告セッションの長さが増えるということは、ユーザーのサイトでの滞在時間が増えていることを意味します。インプレッション収益は増えても広告セッションの長さが減る場合や、その逆の場合には、どちらの指標を重視するかをご自身で判断してください。

メモ:
  • 優位なパターンを自動選択するように設定している場合は、最も優位な設定が自動的に適用されます。
  • テスト開始から 90 日が経過しても [完了可能] の状態にならない場合、そのテストは自動的に停止します。優位なパターンを自動選択するように設定している場合は、アカウントの設定はテストを始める前の状態に戻ります。自動選択するように設定していない場合は、優位なパターンを選択するためにさらに 30 日間待つことができます。

テストについてご不明な点がある場合は、テストに関するよくある質問をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。