レポート

視認性を高めるおすすめの方法

以下に、視認性を高めるおすすめの方法をご紹介します。

ページの長さ

コンテンツが短いほど視認性が高くなるので、スクロールが不要なページを作成しましょう。

広告の配置

最初に、広告のインプレッションが視認可能としてカウントされるための条件について確認します。

  1. ユーザーは、ページ内で、ブラウザ ウィンドウで広告ピクセルの 50% が視認可能な領域に移動する必要があります。
  2. ユーザーが画面を停止またはゆっくりスクロールして、広告が 1 秒間続けて表示される必要があります。素早くスクロールして広告を通り過ぎた場合はカウントされません。
  3. 広告は、ユーザーが移動してきた時点で表示されている必要があります。
Viewability icon Google はこれらの条件を踏まえて、AdSense ネットワークのアクティブ ビュー データを確認し、多様なサイト デザインの視認性の高低を比較しました。以下は、これらの調査結果に基づく、サイトの視認可能なインプレッション数を増やすための推奨事項です。
全般的な広告の配置
  • コンテンツ: ユーザーに消費と関与を促すような魅力あるコンテンツとページ デザインを作成します。
  • 広告の配置: サイトのメイン コンテンツや情報量の多い領域の近くに広告を配置します。広告の配置を決める際に重要な点は、ユーザー エクスペリエンスを考慮することです。独自のコンテンツが少ないまたは存在しない領域に広告を配置しないようにしてください。また、サイトの特定の領域の広告数が多すぎるためにサーバーに過剰な負荷がかかるような事態も避ける必要があります。
  • 読み込み速度: ページ(広告を含む)の読み込み速度と信頼性を高めます。それには、非同期の広告コードのご利用をおすすめします。また、Google PageSpeed などの速度最適化ツールを使用すると、サイトのパフォーマンスを分析して改善できます。

広告の配置を決定する際は、事前に Google アナリティクスの画面解像度レポートを確認し、サイトのページのどの領域が最もよく表示されているかを把握することをおすすめします。Google Analytics の画面解像度レポートにアクセスするには、[ターゲット ユーザー] タブから [テクノロジー] カテゴリを表示し、[ブラウザと OS] をクリックした後、プライマリ ディメンションとして [画面解像度] を選択します。サイトの閲覧状況を把握できたら、広告が視認可能となる機会を増やすための以下の推奨事項を確認してください。

スクロールせずに見える範囲(ATF)への配置
  • コンテンツ: 最初のページで魅力的なコンテンツを提供し、それらをできるだけスクロールせずに見える状態にします(横に長く縦に短い、情報量の多いページ デザインを使用します)。これによって、ユーザーはあまり時間をかけずに ATF コンテンツや広告を読み、内容を把握し、または操作できるようになります。
  • 広告の配置: 最初のページの下側(スクロールせずに見える範囲のすぐ上)に配置します。Google のデータによると、この配置で最も高い視認率が得られます。上部ナビゲーションバーのすぐ下に広告を配置すると、ページの最上部に配置するよりも高い視認率が得られます。同時に、ユーザー エクスペリエンスを考慮することも忘れないでください。スクロールせずに見える範囲の広告が多すぎると、雑然としたページになり、訪問者がすぐに離脱する可能性が高まります。
  • 読み込み速度: 広告の読み込み時間を短縮し、読み込まれる前にユーザーがスクロールして通り過ぎないようにします。
スクロールしなければ見えない範囲(BTF)への配置
  • コンテンツ: スクロールせずに見える範囲で魅力的なコンテンツを作成し、訪問者が見えない範囲にスクロールして続きを確認したくなるようにします。これによって、訪問者をページ下側の BTF 広告へと誘導することができます。スクロールせずに見える範囲の下側に次の記事やストーリーのヘッドラインを表示すると、ユーザーはページの下側を確認するように促すことができます。
  • 広告の配置: 画面の左側または右側に配置された広告は、中央に配置された広告よりも高い視認率を得られます。さらに、コンテンツとは別の列に広告を配置すると、ユーザーは邪魔されることなくコンテンツを読み進むことができるので、ページの一番下まで進みやすくなります。

サイトの掲載結果

Responsive web design icon コンテンツはさまざまな画面サイズやデバイスで表示されるため、ページ トップが常に同じ領域とは限りません。多様なデバイスでの視認性を高めるには、レスポンシブ ウェブデザインとレスポンシブ広告ユニットが有効です。
レスポンシブ ウェブデザイン
レスポンシブ ウェブデザインでは、表示されるデバイス(画面)の特性に応じて、ウェブサイトの表示を動的に制御できます。レスポンシブ デザインの詳細については、Google デベロッパー サイトのマルチスクリーン対応ガイドラインウェブの基礎をご確認ください。
レスポンシブ広告ユニット
各ブラウザーに適した広告表示にするには、AdSense のレスポンシブ広告ユニットを選択します。これを使用すると、どのデバイス(モバイル、タブレット、PC)でコンテンツと広告で表示しても、高いユーザー エクスペリエンスが得られます。 レスポンシブ広告ユニットを使用すると、さまざまなデバイスで、広告以外のページの要素のレイアウトを制御しながら、それに合わせて広告のサイズを制御できます。レスポンシブ広告ユニットを作成する方法をご確認ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。