検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

広告コードの導入

レスポンシブ広告ユニットを作成する

レスポンシブ広告ユニットはページのレイアウトに合わせてサイズが自動的に調整されるため、さまざまなタイプの端末(PC、携帯電話、タブレットなど)に対応できます。サイトにアクセスしたユーザーがどの端末を使っていても、適切に広告を表示することができます。

レスポンシブ広告ユニットはレスポンシブ ウェブデザインが施されたページと連動して機能するようになっていますが、非レスポンシブ型のサイトでも機能します。今後マルチスクリーン対応を進める予定の方は、レスポンシブ広告ユニットをすぐに導入すれば時間の節約になります。既存の広告ユニットをレスポンシブ広告ユニットに変更するには、先に古い広告コードを削除してから新しいレスポンシブ広告コードを追加してください。マルチスクリーン対応サイトを構築する際は、まずマルチスクリーン対応スタートガイドをご覧ください。

新しいレスポンシブ広告ユニットを作成するには:

  1. 広告コードを生成する

    レスポンシブ広告ユニットの広告コードを作成する手順は次のとおりです。

    • 通常の方法で、広告ユニットを作成します。[広告サイズ] メニューから [レスポンシブ] を選択し、[保存してコードを取得] をクリックします。
  2. 広告コードをサイトに配置する

    広告コードをコピーし、広告を表示するページの HTML ソースコードにその広告コードを貼り付けます。なお、親コンテナのサイズは動的に継承されます。

    広告コードを配置したら、各種端末や画面で広告をテストして、レスポンシブ機能が正しく動作しているか確認することをおすすめします。

レスポンシブ広告ユニットを作成する

レスポンシブ広告ユニットのパフォーマンスをトラッキングする

レスポンシブ広告ユニットのパフォーマンスをトラッキングするには、[パフォーマンス レポート] タブで [広告ユニット] レポートを確認します。 レスポンシブ広告ユニットから配信された広告のサイズをトラッキングする場合は、[クリエイティブ広告サイズ] レポートを確認します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。