支払い

納税者番号(TIN)の確認プロセス

Google では、定期的にサイト運営者様の税務情報を米国内国歳入庁(IRS)のデータと照会しています。この審査において、アカウントに登録されている税務情報が正しくない場合や有効期限が切れている場合、IRS から Google に通知が届くことがあります。このような場合、税務情報を更新していただくまでお支払いは保留となります。これは、IRS の法的措置に対する予防措置ですので予めご了承ください。

税務情報が正しくない、または有効期限を過ぎていると判断された場合、次のような理由が考えられます。

  • 納税者番号(TIN)が登録されていない、または、納税者番号(TIN)に 9 桁の数字が登録されていない
  • 入力した納税者番号(TIN)が現在発行されていないものである
  • 納税者番号と納税者名が IRS の記録に一致していない
  • 納税者番号(TIN)の照会リクエストが無効である

上記いずれかの理由でお客様のアカウントが保留になっている場合は、税務情報の再送信を行い、保留を解除してください。保留されている AdSense のお支払いは、税務情報を更新していただくまで解除されません。納税者番号(TIN)の確認の詳細については、IRS サイトをご覧ください。

プライバシーとセキュリティ保護のため、Google ではサイト運営者様の税務情報の編集や入力、また既存の税務情報の確認ができないようになっております。TIN 照会問題で 2 回以上アカウントが保留になったことがある場合、今後のために IRS にこの問題の解決方法をお問い合わせください。

納税者番号(TIN)の確認で、みなし事業体 LLC として申告し、名前の不一致によりエラーとなった場合は、LLC の税務情報を送信する方法をご確認ください。



この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。