ユーザーの利便性に関するガイドライン

3. ユーザーがサイト上で取るべきアクションを明確にする

サイトを最適化する際は、ユーザー エクスペリエンスに関するこれらの原則に従いましょう

サイト上で次に何をするべきか、ユーザーが迷うことがないようにします。ユーザーがページにアクセスした段階で、最初に何に注意を払うべきか、次に何に注意を払うべきか、その次は、といったことが明確に示されているべきです。また、次に取るべきアクション(たとえば「購入」ボタンをクリックすることや、関連する記事を読むことなど)を明確に示すようにしましょう。

おすすめの方法:
アクションを喚起する要素をサイトに配置する際は、次の点に注意します。
  • 強調: サイズ、色、コントラスト、空白の活用などにより、アクションを喚起する要素を強調します。
  • シンプルさ: ページ内で案内するアクションの数が多すぎないようにします。ユーザーに期待する行動を絞り込み、そうした行動を優先するデザインにします。
  • インセンティブ: ユーザーをアクションに誘導するインセンティブを用意します。インセンティブとしては、たとえば割引サービス、プレゼント、抽選、追加コンテンツへのアクセスなどが考えられます。
  • 近接性: アクションを喚起する要素は合理的な位置に配置します。たとえば 1 つの記事を掲載したページであれば、行動を促す要素はその記事の下に配置するといいでしょう。
  • 一貫性: サイト全体に行動を促す要素を配置し、そのデザインに一貫性を持たせます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。