パフォーマンス レポートのグラフ タイプ

円グラフ

円グラフは、1 つの円を複数の扇形に区切って定量的な情報を表すグラフで、扇形の相対的なサイズが量の割合を示します。基本的にこのグラフは、全体に対する各部分の相対的な関係を割合で示すものです。

Pie chart

円グラフの各セグメントは、指定したレポート ディメンションで上位を占める値です。個別のセグメントで表示されない小さな値は、[その他] のセグメントにまとめて表示されます。円グラフでは、データの分割方法に合わせて必要なセグメントが自動調整して表示されます。

ロールオーバー機能

円グラフの個々のセグメントにカーソルを合わせると統計情報のバルーンが表示され、選択した指標やレポートのディメンションに関する情報が表示されます。

たとえば [広告タイプ] レポートを表示して円グラフの個々のセグメントにカーソルを合わせると、バルーンには [広告のタイプ] が表示されるほか、指定した指標(クリック数など)について、その広告タイプが全体(すべての広告タイプ)に占める割合が表示されます。

円グラフの右側にある色の凡例により、各セグメントのディメンションを確認できます。凡例のディメンションにカーソルを合わせると対応するセグメントがハイライトされ、簡単に識別できます。

さらに、一定の期間における特定のディメンションのパフォーマンスを詳しく調べるには、円グラフで対象となるセグメントをクリックすると、そのディメンションの時系列グラフが表示されます。

たとえば、Flash 広告の特定の期間のパフォーマンスを確認するには、円グラフで Flash をクリック(ロールオーバー機能を使用してこのディメンションを識別)します。この場合、[広告タイプ] > [Flash] の時系列グラフが表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。