レポート

グラフ タイプについて

作成したレポートを効果的に確認できるよう、次の 4 つの種類の表示形式やグラフをご用意しています。

こうしたさまざまなタイプのグラフは、情報をわかりやすく表示して、アカウントでのアクティビティの分析に欠かせない重要な情報を把握しやすくするためのものです。グラフのタイプによってデータの処理方法が異なるため、レポートで分析する情報の種類に合わせて適切なグラフを選択する必要があります。適切なグラフでわかりやすくデータを表示できれば、その情報を基にビジネスで戦略的な意思決定を行うことができます。グラフのタイプを用途に応じて使い分けるには、次のガイドラインをご覧ください。

グラフ タイプ 最適な用途
タイムライン 期間(日付)で比較。タイムラインでは、最大 2 つの異なる期間で 1 つの指標(見積もり収益額など)の変動を比較したり、1 つの期間で複数の指標の変動を比較したりできます。
世界地図 指定した指標に関する地図情報。世界地図では、指定した指標に関するアクティビティが地図上で国ごとに表示されます。指標のアクティビティがあらゆるレベルで地図に表示され、色で識別できます。アクティビティの値が高いほど色が濃くなり、値が低いほど色が薄くなります。世界地図は [] レポートでご利用いただけます。
棒グラフ 複数の要素の掲載結果を比較。棒グラフでは 1 つの要素とその他の要素の掲載結果の違いを比較できます。
円グラフ 複数の要素を相対的な割合で比較。円グラフは、全体に対する各要素の相対的な関係を割合で示します。

レポートの種類によっては、複数のグラフ タイプを使用できる場合があります。選択したレポートに表示される情報の種類に応じて、対応するグラフがある場合はそのグラフ タイプが自動的に表示されます。その他のグラフ タイプを選択するアイコンは、グラフの右上のグラフ タイプ選択ツールに表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。