クリック数と表示回数

トラフィックを分類する

トラフィックの分類とは、広告ユニットとカスタム チャネルを設定し、さまざまなトラフィック ソースを明らかにするためのプロセスです。ここでは、分類によってトラフィック ソースを把握するための手順を紹介します。AdSense を初めてご利用になるか、以前からご利用いただいているかにかかわらず、以下の手順に従ってサイトを最適化してください。そのためにはまず、Google アナリティクスなどの解析ツールにアクセスする必要があります。また、チャネルに関する幅広い知識も AdSense アカウントをご利用になるうえで役立ちます。トラフィックを細かく分類することで、ユーザーがどのような経路でお客様のサイトへアクセスし、サイト内でどのように行動しているかを絶えず監視し、互いに比較することができます。AdSense アカウントでこれらのデータを収集することには、2 つの大きなメリットがあります。

  • トラフィック ソースとユーザーを詳細に把握できる
    • お客様のサイトの広告をクリックする可能性が高いのは、どのソースから誘導されたユーザーかがわかります。
    • このデータを参照することで、ユーザーがお客様のサイトを訪れる経路が明らかになり、トラフィック ソースの最適化が可能かどうか判断できます。
  • 無効なトラフィックを防止できる
    • トラフィック ソースを定期的に監視することで、不正なトラフィックが発生しているウェブサイトとの提携を中止するかどうかを詳細なデータに基づいて決定できます。
    • トラフィック ソースに関するデータに不審な点がないかをチェックし、AdSense プログラム ポリシーに準拠する方法を理解できます。

次の 2 つの手順に従ってトラフィックを解析してください。解析ツール、カスタム チャネル、URL チャネルを使用する必要があります。「手順 1」では対象となるトラフィックを特定し、「手順 2」ではそのトラフィック データを解析します。トラフィック ソースとサイトの広告掲載結果を完全に把握するには、これら両方の作業を行う必要があります。

手順 1: チャネルを使用して、解析対象となるトラフィックを特定する

AdSense アカウントでは 2 種類のチャネルを使用できます。

  • カスタム チャネルは、特定の広告ユニットに使用します。カスタム チャネルを使用して広告ユニットをグループ化することで、広告ユニット グループどうしの掲載結果を比較できます。標準のパフォーマンス レポート(広告ユニット、広告サイズなど)と異なり、サイト運営者様自身でこれらのグループを作成できます。自分でチャネルを作成してさまざまな広告ユニットをトラッキングすれば、注意の必要な広告ユニットをすばやく特定できます。

    次に、カスタム チャネルの設定例を示します。
    • 広告のプレースメント
      • スクロールせずに見える範囲
      • スクロールしなければ見えない位置
      • インライン広告
      • コンテンツの右側
    • 広告サイズ
    • トラフィックの参照元(設定方法については、この後の手順 2 をご覧ください)
      • Google 検索
      • Google+ ページ
      • ソーシャル メディア ネットワーク
      • その他の検索エンジン
    • サイト内のページ
      • ホームページ
      • ブログ(英語)
      • フォーラム
  • AdSense のさまざまなトラフィックを URL チャネルに追加します。URL チャネルでは、お客様のサイトの各ページについて広告掲載結果を解析できます。

手順 2: 解析ツールを使用してトラフィックに関するデータを表示する

サイトを運営するうえでサイト解析は非常に重要です。たとえば Google アナリティクスでは、サイトの特定のトラフィック ソースを詳細に解析できます。アカウントを設定する際にこれらのトラフィック ソースを特定し、レポートを生成できるようにしてください。新しいトラフィック ソースを追加するときは、トラフィックの分類が特に重要になります。トラフィックを分類することでその成果を監視でき、さらに複数のページを対象にソースの A/B テストも行えます。

  • カスタム URL を作成してトラフィック ソースを分類します。URL 生成ツールを使用して、キャンペーンごとに異なる URL を作成します。たとえば、ニュースレターやソーシャル メディアの投稿ページでそれぞれ異なる URL を使用できます。
  • ニュースレターや Google+ ページにメイン URL(example.com など) を配置する代わりに、そのページ用に作成したカスタム URL を使用すれば、各キャンペーンに関する詳細なデータを収集できます。さらに、一意なキャンペーン URL の AdSense データと解析データを相互参照すれば、それぞれのトラフィック ソースの成果が明らかになります。

アドバンス セグメントを使用してご自身の AdSense アカウントをアナリティクスにリンクすれば、どのようなユーザーがサイトを訪れ、AdSense 広告に対してどのような行動をとっているかを調査できます。いずれかのトラフィック ソースから多数のトラフィックが発生しているものの、その多くがターゲット ユーザーでない場合は、適切な修正を加えることができます。

データの利用方法と対処方法

トラフィックを分類して解析できるようになったら、収集したデータで次の点をチェックします。

  • 次のデータに不審な点がないか調べます。
    • 表示回数
    • クリック数
    • クリック率
    • 訪問先ページ
  • 掲載結果レポートのその他のデータを比較して、気になる点がないかどうかをチェックします。

予期しない結果が生じた場合は、次のように対処してください。

  • トラフィック ソースに問い合わせ、ユーザーのアクセス経路を明らかにします。
  • ターゲット ユーザーの誘導につながらないトラフィック ソースとの提携を中止します。
  • 解析結果を Google チームへ自己申告します。

予期しない結果を明らかにすると同時に、このデータを利用してサイトの広告掲載結果を最適化することもできます。他に比べ、特定のウェブページからのトラフィックが一貫して高い成果を上げている場合は、より多くの時間と資金を投入してそのウェブページからのトラフィックをさらに増やすことができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。