広告の許可とブロック

サイトでの広告の許可とブロックに関する AdSense ガイド

お客様のウェブページに表示される可能性のある広告を審査し、必要に応じてブロックすることで、より厳密に広告内容を管理できます。

ご利用可能なブロック オプションについては、こちらの動画をご覧ください。

サイト運営者が使用できるブロック オプション

アカウントの [ブロックの管理] ページで、サイトに掲載したくない広告や広告の種類を指定できます。

広告主の URL

お客様が WidgetUniverse.com を運営し、最大のライバル会社が WidgetGalaxy.com を運営していると仮定します。この場合、お客様のページにはウィジェットに関するコンテンツがあるため、ライバル会社 WidgetGalaxy の広告が自動的に掲載されてしまいます。そこで、WidgetGalaxy の広告が掲載されないようにするため、ブロックの対象とする広告主の URL を登録するリストに WidgetGalaxy.com を追加します。広告主の URL を指定して広告をブロックする方法については、こちらをご覧ください。

一般的な広告カテゴリ

アパレルやインターネット、不動産、乗り物など、一般カテゴリを指定して広告をブロックできます。一般的なカテゴリによるブロック機能は、サイトの言語にかかわらず、一部の言語の広告でのみご利用いただけます。

デリケートな広告カテゴリ

宗教、政治、性的表現など、デリケートなトピックのカテゴリを指定して広告をブロックすることもできます。デリケートなカテゴリによるブロック機能は、サイトの言語にかかわらず、一部の言語の広告でのみご利用いただけます。

広告ネットワーク

Google 認定の広告ネットワークの広告は、デフォルトで広告掲載が許可されます。このページでは、特定の第三者広告ネットワークや、新しく追加されるすべての広告ネットワークを対象に、広告の掲載を許可またはブロックできます。詳しくは、Google 認定の広告ネットワークの許可とブロックをご覧ください。

広告レビュー センター

広告レビュー センターでは、お客様のサイトに掲載された広告を審査し、掲載の許可またはブロックを広告ごとに指定できます。詳しくは、広告レビュー センターの概要をご覧ください。

他の広告ブロック オプション

Google サイト運営者向けツールバー

この Chrome 拡張機能を使用すると、ご自身のサイトを閲覧しながら、広告の上に表示されるオーバーレイを使って個々の広告や広告主の URL をブロックできます。Google サイト運営者向けツールバーの詳細については、こちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。