検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Grow your ad revenue and get your website into shape for the holiday season! Check out our blog post for additional information.

広告掲載に関するポリシー

広告の配置に関するポリシー

以下のリンクをクリックして関心のあるセクションをご覧ください。

偶発的クリックの回避
偶発的クリックの誘導
広告の不自然なアピール
誤解を招く見出しの下での広告配置
スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウト
画像と広告の並列配置
広告フォーマットに似せたコンテンツ
報酬の提供
広告と Flash ゲームの間隔

適切な広告配置
価値の高い広告枠
自動更新広告
手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載
動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトでの広告掲載
メールでの広告掲載
ソフトウェア アプリケーションでの広告掲載
別ウィンドウでの広告掲載
ポップアップ / ポップアンダー ウィンドウでの広告掲載
ポップアップまたはポップアンダーを表示するサイトでの広告掲載
ログインの必要なページでの広告掲載
他のサイト運営者様と同じページやサイトでの広告掲載
ホスト型サイト(Blogger など)での広告掲載
ページに第三者のサイトを表示

偶発的クリックの回避

偶発的クリックの誘導

Google 広告のクリックを誘発するような行為は禁止されています。これには、メニュー、ナビゲーション、ダウンロード用リンクといったウェブサイトの他のコンテンツと誤認させるような方法で広告を配置することも含まれています。

広告の近くにリンク、再生ボタン、ダウンロード ボタン、操作ボタン([戻る] や [次へ] など)、ゲーム ウィンドウ、動画プレーヤー、プルダウン メニュー、アプリケーションを配置する際には注意が必要です。こうした配置方法は広告の偶発的クリックを招く可能性があります。たとえ意図していなくてもレイアウトが原因で偶発的なクリックが発生してしまったサイト運営者様には、違反通知が送信される場合があります。

トップへ戻る

広告の不自然なアピール

Google 広告を不必要または不自然にアピールすることは禁止されています。たとえば次のような表示が含まれます。

  • ユーザーの注目を広告に集める派手なアニメーション
  • 広告を指し示す矢印や記号

安全で快適なユーザー エクスペリエンスを提供するため、ユーザーがページをスクロールしたりページ間を移動したりする際に、広告が「固定」位置または「フローティング」位置で表示されるような配置方法は禁止されています。モバイルウェブには Google アンカー広告をご利用いただけますが、サイト運営者様がモバイル向けの配置方法を作成して使用することは許可されません。Google のサービスと異なり、ユーザー エクスペリエンスを保護する機能が組み込まれていない可能性があるためです。

トップへ戻る

誤解を招く見出しの下での広告配置

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google ディスプレイ広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。Google 広告のラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。

次に示すように、サイトの見出しが不適切な広告ラベルと見なされることもあります。このような位置にある広告は、リンクやリストと間違われる可能性があるため、こうした配置方法は許可されていません。サイトとそのレイアウトを入念に確認して、同様の問題が発生しないようにしてください。

次のような表現を使用して、広告をクリックするようユーザーを誘導することはできません。

  • 「広告をクリック」
  • 「広告をクリックして、チャリティ活動に募金」
  • 「スポンサーをチェックして、サイトの運営にご協力を」
  • 「新しいサーバーが必要です。ご協力をお願いします!」

トップへ戻る

画像と広告の並列配置

サイトに表示される個々の広告に特定の画像を関連付けて配置することは禁止されています。このような配置方法は、画像と広告の内容が直接関係しているような誤解を与え、ユーザーを混乱させる可能性があるため、ポリシーに違反します。

トップへ戻る

スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウト

スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウトは避けてください。こうしたレイアウトは、ユーザーにとってコンテンツと広告の区別が難しくなります。

トップへ戻る

広告フォーマットに似せたコンテンツ

Google 広告を紛らわしい方法で掲載することは禁止されています。これには、広告付近のコンテンツを広告フォーマットに似せることも含まれます。Google 以外の検索結果ページに広告を掲載する場合は、検索結果と広告をはっきりと区別できるようにしてください。詳細については、検索向け AdSense のポリシー をご覧ください。

以下の例では、コンテンツのフォーマットが広告とよく似ており、区別することが難しい状態です。このような配置方法は許可されません。

トップへ戻る

報酬の提供

広告のクリックに対して報酬や見返りを提供する行為は固く禁止されています。

トップへ戻る

広告と Flash ゲームの間隔

Flash ゲームサイトに Google 広告を配置する場合は、広告とゲームの間に 150 ピクセル以上の間隔をあけることを強くおすすめします。Flash ゲームに没頭しているユーザーが夢中でクリックしていると、不正なクリックが起こりやすくなります。ゲームやサイトはひとつひとつ異なるため、ゲームのタイプやプレイ方法によっては、もっと距離をあける必要があることもあります。詳細なガイドラインについては、ゲームの開始ページへのコンテンツ向け AdSense 広告の掲載をご覧ください。

トップへ戻る

適切な広告配置

価値の高い広告枠

広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならないものとします。また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。そのため、ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

許可されないページの例を次に示しますが、これらに限定されません。

トップへ戻る

自動更新広告

ユーザーが更新をリクエストしない限り、ページやページの要素を更新することはできません。これには、自動リダイレクトや自動更新が行われるページやプレースメントへの広告掲載も含まれます。また、動画やゲーム、ダウンロードなどが始まる直前に広告を一定時間表示させることはできません(プレロール広告)。

トップへ戻る

手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載

コンテンツを含まないページ(手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページなど)に広告を掲載することは許可されません。このようなページは、訪問者がドメインから離脱する可能性がある際や、購入やダウンロードなど、サイト上で特定のアクションを実行した後に表示されます。

この種のページに広告を掲載すると、広告が実際のコンテンツだと誤解されてしまう可能性があるため、掲載は避けてください。

トップへ戻る

動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトでの広告掲載

動的コンテンツ(チャット、インスタントメッセージ、自動更新コメントなど)がページの主な要素となっているページには Google 広告を表示できません。

トップへ戻る

メールでの広告掲載

サイト運営者様と広告主様に Google 広告を効果的にご利用いただけるようにするため、サイト運営者様はメール メッセージに Google 広告を配置することはできません。また、メール メッセージがページの主な要素となっている場合には、メール メッセージの近くに Google 広告を表示することはできません。

トップへ戻る

ソフトウェア アプリケーションでの広告掲載

ツールバー、ブラウザの拡張機能、デスクトップ アプリケーションなどのソフトウェア アプリケーションを介して、Google 広告や検索向け AdSense ボックスを配信することは許可されていません。AdSense コードは、ウェブベースのページや承認済みの WebView 技術のみに設置することができます。

トップへ戻る

別ウィンドウでの広告掲載

クリックされた Google 広告を別ウィンドウで表示したり、広告がクリックされた場合の結果を改ざんしたりする行為は許可されていません。詳細については、新しいウィンドウに広告を表示するをご覧ください。ただし、このポリシーは、DoubleClick for Publishers(DFP)のダイナミック アロケーションで配信される AdSense 広告には適用されません。

トップへ戻る

ポップアップ / ポップアンダー ウィンドウでの広告掲載

ユーザーが意図した操作(クリックなど)とは関係なく表示されるウィンドウに、Google 広告を掲載することはできません。また、ウェブブラウザの [戻る] ボタンや [進む] ボタン、編集可能な URL 欄などのナビゲーション機能のないウィンドウに Google 広告を掲載することも許可されません。

トップへ戻る

ポップアップまたはポップアンダーを表示するサイトでの広告掲載

ポップアップを 4 つ以上表示するサイトに Google 広告を掲載することはできません。サイトでポップアップを表示する場合、ポップアップでサイト操作の妨害、ユーザー設定の変更、ダウンロードの開始、ウィルスの散布を行うことは禁止されています。

ポップアンダーを表示するサイトに Google 広告を掲載することはできません。

また、ポップアップの表示、ブラウザ設定の変更、不要なサイトへのリダイレクト、その他通常のサイト操作の妨害を行うソフトウェアを使用して、Google AdSense を導入しているサイトを読み込むことも許可されません。広告ネットワークやアフィリエイトがこうした手法を使用して AdSense コードを含むページにトラフィックを集めることがないよう、サイト運営者様が責任を持って管理してください。

トップへ戻る

ログインの必要なページでの広告掲載

プログラム ポリシーに準拠しているウェブページであれば、パスワードで保護されたページにも Google 広告を掲載できます。この場合は AdSense プログラムにお申し込みの際に、パスワードで保護されていないページをお知らせください(審査のために必要です)。

ログインの必要なページに関連性の低い広告が表示される場合は、そうしたページに Google のクローラがアクセスできるようにすることで広告の関連性を改善できます。

トップへ戻る

他のサイト運営者様と同じページやサイトでの広告掲載

サイトが AdSense のプログラム ポリシーに準拠しており、そのサイトの運営会社やオーナーから広告の掲載許可を得ている場合は、他のサイト運営者様と同じページに広告コードを配置できます。ただし、必ず事前にそのサイトのホスティング会社かオーナーに連絡し、サイトでの広告掲載の許可を取ってください。また、サイト運営者様の収益の対象は、所有するアカウントに関連付けられた広告ユニットに対するクリックと表示回数に限られます。

なお、広告コードを配置したサイトのコンテンツについては、各サイト運営者様の責任となりますのでご注意ください。サイトが AdSense のポリシーに違反していることが発覚した場合、Google は、そのサイトに広告コードを配置しているすべてのサイト運営者様に通知いたします。

トップへ戻る

ホスト型サイト(Blogger など)での広告掲載

ホスト型サイトも含め、プログラム ポリシーに準拠しているページであれば AdSense 広告を掲載することができます。ただし、AdSense を使用するには、サイトの HTML ソースコードにアクセスできる必要があります。また、AdSense の使用がホスト型サイトの利用規約に違反しないかどうかについて、ご自身の責任のもとで確認していただくようお願いします。

トップへ戻る

ページに第三者のサイトを表示

サイト上のフレームまたはウィンドウ内に他人のサイトを表示することは、他人のコンテンツをフレーム処理していると見なされます。このようなページに Google 広告を掲載することは固く禁止されています。

トップへ戻る

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。