マイ AdSense ページにはお客様のアカウントに特化した情報が表示されます。AdSense での成果向上にぜひご活用ください。

CCPA メッセージについて

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州在住ユーザーのためのさまざまな権利を確立する新しいデータ プライバシー法です。カリフォルニア州でビジネスを行う企業が収益、データ処理、その他の要素に関連する基準のいずれかを満たす場合に適用されます。CCPA は、カリフォルニア州在住のユーザーが「個人情報」の「販売」を拒否する権利を法律で定めたものです。「販売者」パーティのホームページにある「個人情報を販売しない」リンクから販売を拒否することができます。ただし、CCPA では「販売」の定義にいくつかの例外があります。たとえば個人情報の転送すべてが販売に当てはまるわけではなく、「サービス プロバイダ」に個人情報を転送することは法律上販売とは見なされません。

CCPA では、パブリッシャーに対して「個人情報の販売をオプトアウトする権利に関する通知」をユーザーに提供するよう定めています(999.306 項)。このため、米国カリフォルニア州在住のユーザーには CCPA メッセージを表示し、オプトアウトの機会を提供する必要があります。

パブリッシャー様の責任のもとで、メッセージが法的要件を満たしていることをご確認ください。

メッセージの構造

ユーザーに表示される CCPA メッセージは、複数の「画面」(または「ページ」)で構成されます。

""

CCPA メッセージには次の要素が含まれます。

  1. 「販売しない」リンク: CCPA メッセージへのリンク。選択したフォーマットと設定を使用して、「個人情報を販売しない」リンクを表示します。ユーザーがこのリンクをクリックすると、「確認」ページが開いて、「個人情報の販売からのオプトアウト」ダイアログが表示されます。
  2. 「確認」ページ: CCPA メッセージの確認ページ。「個人情報の販売からのオプトアウト」ダイアログが表示されます。次のいずれかのボタンをクリックすると、選択内容が確定します。
    1. ロゴ: サイトまたはアプリのロゴです。メッセージにロゴを追加すると、この箇所にロゴが表示されます。
    2. 「閉じる」ボタン: ユーザーは「個人情報」の「販売」をオプトアウトすることなくメッセージを非表示にできます(用語は法律の定義に基づく)。クリックするとメッセージが閉じます。
    3. 「オプトアウト」ボタン: ユーザーは「個人情報」の「販売」からオプトアウトできます(用語は法律の定義に基づく)。ユーザーが「オプトアウト」ボタンをクリックすると、オプトアウトのステータスが Google に通知され、クリックするとメッセージが閉じます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
' data-mime-type=
AdSense ページ

AdSense ページのご紹介: AdSense での成果向上に役立つ、カスタマイズされた情報やアカウント内の新しい最適化案をご確認いただける新しいリソースです。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
157
false