通知

マイ AdSense ページにはお客様のアカウントに特化した情報が表示されます。AdSense での成果向上にぜひご活用ください。

GDPR メッセージ

欧州の規制に関するメッセージについて

Google の EU ユーザーの同意ポリシーに基づき、パブリッシャー様は、欧州経済領域(EEA)と英国のユーザーに特定の情報を開示し、法律で義務付けられている場合に Cookie などのローカル ストレージを使用すること、および広告のパーソナライズを目的として個人データを収集、共有、使用することについて、それらのユーザーの同意を得る必要があります。このポリシーには、EU の e プライバシー指令と一般データ保護規則(GDPR)の要件が反映されています。

プライバシーとメッセージ機能を使用すると、一般データ保護規則で義務付けられた同意を取得するためのメッセージを作成してユーザーに表示できます。プライバシーとメッセージ機能で作成するメッセージは、サイトまたはアプリで使用する広告技術プロバイダのリストを示し、データをパーソナライズド広告の表示などの目的に使用することについてユーザーに同意を求めるためのものです。また、データを自分のサイトやアプリで使用することについての同意を求めることもできます。詳しくは、プライバシーとメッセージ機能の使用に関するガイドラインについての記事をご覧ください。

パブリッシャー様の責任のもとで、メッセージが法的要件を満たしていることをご確認ください。

メッセージの構造

各 GDPR メッセージには複数の画面(ページ)が含まれており、ボタンやリンクの操作に応じてユーザーに表示されます。メッセージ内に表示されるボタンは、メッセージ作成時のユーザー同意セクションでのご指定内容によって決まります。

2 ボタン型の GDPR メッセージ([同意する] / [オプションの管理])

GDPR メッセージとボタンのレイアウトの構成例。

2 ボタン型の GDPR メッセージには、次の要素が含まれます。

  1. メインの同意ページ: GDPR メッセージのメイン画面です。ご指定のフォーマットと設定に従い、ボタンが 2 個表示されています。サイトがユーザーに同意をお願いしている理由と、同意を求める内容を説明する画面です。
    1. ロゴ: サイトまたはアプリのロゴです。メッセージにロゴを追加すると、この箇所にロゴが表示されます。
    2. [オプションの管理] リンク: 同意するかどうかをデータの使用目的ごとに個別指定できる画面へユーザーを誘導します。ユーザーが [オプションの管理] をクリックすると、[データを管理] 画面が開き、同意を求めている、あるいは正当な利益として開示しているデータ使用目的が一覧表示されます。
    3. [同意する] ボタン: 「プライバシーとメッセージ」でメッセージを作成する際に指定したすべてのデータ使用目的およびベンダーについて、ユーザーが同意を示す場合にクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。
  2. [データを管理] 画面: ユーザーが [オプションの管理] をクリックすると、[データを管理] 画面が開き、同意を求めている、あるいは正当な利益として開示しているデータ使用目的が一覧表示されます。ユーザーはこの画面で、同意するデータ使用目的と、オプトアウトする「正当な利益」項目を個別に指定できます。IAB の規定により、画面読み込み時点ではすべてのデータ使用目的を未選択状態にする必要があります。

    1. [すべて承認] ボタン: 同意を求めたすべてのデータ使用目的およびベンダーを承認するユーザーがクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。このボタンをクリックした際の効果は、メインの同意ページで [同意する] をクリックした場合と同一です。
    2. [選択内容を確認] ボタン: ユーザーが個別指定した内容(各データ使用目的への同意、正当な利益としてパブリッシャー様が開示したデータ使用目的からのオプトアウト)を確認、同意する場合にクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。ユーザーがこのページに何も変更を加えなかった場合、パブリッシャー様が同意を求めたデータ使用目的はすべて不同意のまま、正当な利益として開示したデータ使用目的にはすべてオプトインしたままとなります。
    3. [ベンダー設定] リンク: 使用に同意するベンダーを個別指定できる画面へユーザーを誘導します。ユーザーが [ベンダー設定] をクリックすると、[ベンダーを確認] 画面が開き、同意を求めている、あるいは正当な利益として開示している広告パートナー(ベンダー)が一覧表示されます。
  3. [ベンダーを確認]: ユーザーが [ベンダー設定] をクリックすると、[ベンダーを確認] 画面が開き、同意を求めている、あるいは正当な利益として開示している広告パートナー(ベンダー)が一覧表示されます。ユーザーはこの画面で、自身のデータの共有を認める広告パートナーを個別に指定できます。画面読み込み時点では、すべてのベンダーを未選択状態にする必要があります。

    1. [すべて承認] ボタン: 同意を求めた、あるいは正当な利益として開示したすべてのデータ使用目的およびベンダーを承認する場合に、ユーザーがクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。
    2. [選択内容を確認] ボタン: ユーザーが個別指定したデータ使用目的を確認する場合にクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。

3 ボタン型の GDPR メッセージ([同意する] / [同意しない] / [オプションの管理])

GDPR メッセージとボタンのレイアウトの構成例。

3 ボタン型の GDPR メッセージには、次の要素が含まれます。

  1. メインの同意ページ: GDPR メッセージのメイン画面です。ご指定のフォーマットと設定に従い、ボタンが 3 個表示されています。サイトがユーザーに同意をお願いしている理由と、同意を求める内容を説明する画面です。
    1. ロゴ: サイトまたはアプリのロゴです。メッセージにロゴを追加すると、この箇所にロゴが表示されます。
    2. [同意しない] ボタン: 同意しないユーザーがクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。
    3. [同意する] ボタン: 「プライバシーとメッセージ」でメッセージを作成する際に指定したデータ使用目的およびベンダーについて、ユーザーが同意を示す場合にクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。
    4. [オプションの管理] リンク: 同意するかどうかをデータの使用目的ごとに個別指定できる画面へユーザーを誘導します。ユーザーが [オプションの管理] をクリックすると、[データを管理] 画面が開き、同意を求めている、あるいは正当な利益として開示しているデータ使用目的が一覧表示されます。
  2. [データを管理] 画面: ユーザーが [オプションの管理] をクリックすると、[データを管理] 画面が開き、同意を求めている、あるいは正当な利益として開示しているデータ使用目的が一覧表示されます。ユーザーはこの画面で、同意するデータ使用目的と、オプトアウトする「正当な利益」項目を個別に指定できます。IAB の規定により、画面読み込み時点ではすべてのデータ使用目的を未選択状態にする必要があります。

    1. [すべて承認] ボタン: 同意を求めたすべてのデータ使用目的およびベンダーを承認するユーザーがクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。このボタンをクリックした際の効果は、メインの同意ページで [同意する] をクリックした場合と同一です。
    2. [選択内容を確認] ボタン: ユーザーが個別指定した内容(各データ使用目的への同意、正当な利益としてパブリッシャー様が開示したデータ使用目的からのオプトアウト)を確認、同意する場合にクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。ユーザーがこのページに何も変更を加えなかった場合、パブリッシャー様が同意を求めたデータ使用目的はすべて不同意のまま、正当な利益として開示したデータ使用目的にはすべてオプトインしたままとなります。
    3. [ベンダー設定] リンク: 使用に同意するベンダーを個別指定できる画面へユーザーを誘導します。ユーザーが [ベンダー設定] をクリックすると、[ベンダーを確認] 画面が開き、同意を求めている、あるいは正当な利益として開示している広告パートナー(ベンダー)が一覧表示されます。
  3. [ベンダーを確認]: ユーザーが [ベンダー設定] をクリックすると、[ベンダーを確認] 画面が開き、同意を求めている、あるいは正当な利益として開示している広告パートナー(ベンダー)が一覧表示されます。ユーザーはこの画面で、自身のデータの共有を認める広告パートナーを個別に指定できます。画面読み込み時点では、すべてのベンダーを未選択状態にする必要があります。

    1. [すべて承認] ボタン: 同意を求めた、あるいは正当な利益として開示したすべてのデータ使用目的およびベンダーを承認する場合に、ユーザーがクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。
    2. [選択内容を確認] ボタン: ユーザーが個別指定したデータ使用目的を確認する場合にクリックするボタンです。クリックするとメッセージが閉じます。

その他の情報

IAB TCF 仕様のサポート

「プライバシーとメッセージ」機能で作成される GDPR メッセージが更新され、IAB TCF v2.2 の仕様に対応するようになりました。

Google の「追加同意」技術仕様の使用について

IAB の透明性と同意に関するフレームワークを使用して作成した「プライバシーとメッセージ」の GDPR メッセージには、Google の「追加同意」技術仕様が使用されます。「プライバシーとメッセージ」ではこの仕様を使って、IAB ヨーロッパの透明性と同意に関するベンダーリストで「TCF」アイコンがタグ付けされていないベンダーに同意に関する決定内容を送信します(アド マネージャーAdMobAdSense)。

追加同意の仕様は、IAB ヨーロッパのグローバル ベンダー リスト(GVL)に未登録のベンダー(ベンダーリストで「TCF」アイコンが表示されていないベンダー)に透明性や同意のシグナルを送信するためのものです。パブリッシャー様、同意管理プロバイダ(CMP)、およびパートナーはこの仕様を通して、IAB ヨーロッパのグローバル ベンダー リストに未登録でも、Google の広告技術プロバイダ(ATP)リストには登録されている企業のために、TCF v2.2 対応の取り組みに沿って、追加同意を取得して伝達できます。 

「追加同意」について詳しくは、アド マネージャー、AdMob、AdSense の各ヘルプセンターをご覧ください。

データの自己使用について同意を求める

欧州の規制に関するメッセージを使用して、データの使用目的に該当する IAB TCF の目的一式に対し、同意または正当な利益のいずれかに基づいて、透明性と同意を確立することもできます。データの自己使用について同意を求める方法をご確認ください。

同意の取り消し

ユーザーがサイト上の取り消しリンクから欧州の規制に関するメッセージを再度表示すると、メッセージが 3 つのボタン(「同意しない」、「同意する」、「オプションの管理」)とともに常に表示されます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
AdSense ページ

AdSense ページのご紹介: AdSense での成果向上に役立つ、カスタマイズされた情報やアカウント内の新しい最適化案をご確認いただける新しいリソースです。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー