表示される広告の管理

表示される広告の利便性を高めたり、より関連性の高い広告が表示されるようにしたりできます。Google 広告は次のような場所に表示されます。

  • Google サービス(検索、YouTube など)
  • Google のサービスを利用して広告を表示するウェブサイトやアプリ

情報や興味 / 関心を編集する

  1. Google アカウントに移動します。
  2. ナビゲーション パネルで [データとプライバシー] をクリックします。
  3. [広告設定] パネルまで下にスクロールします。
  4. [広告のカスタマイズ] をクリックします。
  5. [広告のカスタマイズ] がオフになっている場合は、オンにします。
  6. [広告のカスタマイズに利用する要素] で、個人情報や興味 / 関心を選択します。
    • 情報を更新するには、[更新] を選択します。画面上の手順に沿って操作します。
    • 興味 / 関心をオフにするには、[オフにする] を選択します。[オフにする] を選択して確定します。
    • 無効にした興味 / 関心を再びオンにするには、[オフにしている要素] を選択します。興味 / 関心を選択し、[オンに戻す] を選択します。

カスタマイズされた広告を表示したくない場合は、[広告のカスタマイズ] をオフにします。詳しくは、カスタマイズされた広告の停止についての記事をご覧ください。

すべてのプラットフォームで広告表示設定を適用する

Google アカウント設定に基づいた広告が表示されるようにするには、すべてのデバイスでアカウントにログインする必要があります。

Google 製のアプリで

  1. iPhone か iPad で、Google 製のアプリをインストールするか、すでにインストールされている Google 製のアプリを開きます。
  2. まだログインしていない場合は、Google アカウントにログインします。

ブラウザで

  1. iPhone か iPad で、Safari などのブラウザを開きます。
  2. google.com にアクセスします。
  3. ログインしていない場合は、右上の [ログイン] をタップします。手順に沿って操作します。

Apple デバイスの YouTube アプリで

YouTube アプリでカスタマイズされた広告をオンにするには:

  1. [アカウント] を選択します。
  2. [設定] を選択します。
  3. [履歴とプライバシー] までスクロールします。
    • ログインしている場合は、[広告設定] 次に [広告のカスタマイズはオフになっています] を選択します。
    • ログインしていない場合は、[パーソナライズド広告を許可する] をオンにします。

次の点にご注意ください。

  • YouTube アプリの設定に [パーソナライズド広告を許可] または [広告設定] が表示されない場合は、Apple デバイスの設定または [広告設定] でパーソナライズド広告をオフにすることができます。
  • パーソナライズド広告のデフォルト設定は、過去のデバイス設定や地域などの要素に基づいている可能性があります。
  • ログアウト時に行った変更は、ログイン時には適用されません。

カスタマイズされた広告をオフにする

  1. Google アカウントに移動します。
  2. ナビゲーション パネルで [データとプライバシー] をクリックします。
  3. [広告設定] パネルまで下にスクロールします。
  4. [広告のカスタマイズ] をクリックします。
  5. [広告のカスタマイズはオンになっています] の横にあるスイッチをクリックします。

IBA Opt Out (by Google) 拡張機能をインストールすることでも、ブラウザで広告のカスタマイズをオフにできます。

カスタマイズをオフにすると、Google でユーザーの情報を使用して広告をカスタマイズできなくなります。ただし、引き続き、ユーザーのおおまかな現在地や、訪問しているウェブサイトのコンテンツといった情報をもとにターゲティングした広告が表示されます。

Google アカウントのアクティビティに基づいて、Google 以外のウェブサイトやアプリのカスタマイズされた広告を管理する
  1. Google アカウントに移動します。
  2. ナビゲーション パネルで [データとプライバシー] をクリックします。
  3. [広告設定] パネルまで下にスクロールします。
  4. [広告のカスタマイズ] 次に [詳細設定] をクリックします。
  5. [Google のサービスを利用して広告を表示するウェブサイトやアプリの広告をカスタマイズする際、Google サービスのアクティビティと情報も合わせて使用します] のチェックボックスをオフにします。

チェックボックスが表示されない場合、この設定はすでに他の設定や管理者によって無効化されています。

他の広告ネットワークからのカスタマイズされた広告の配信を停止する
Google は、ユーザーのオンラインでの行動に基づいてカスタマイズされた広告を表示する広告ネットワークの 1 つです。他の広告ネットワークからの広告を管理するには AdChoices に移動してください。

広告設定の仕組み

ログインしている場合

Google アカウントごとに固有の広告設定があります。複数のアカウントをお持ちの場合、広告設定はアカウントごとに固有のものとなります。広告設定に加えた変更は、Google アカウントにログインしている場合に保存されます。

ログインしている場合、お使いの Google アカウントのアクティビティと情報に基づいて広告がカスタマイズされます。マイ アクティビティで自分のアクティビティを確認、編集できます。

複数の Google アカウントで同時にログインしている場合、デフォルトのアカウントの広告設定に基づいて広告が表示される可能性があります。デフォルトのアカウントとは、通常、最初にログインしたアカウントです。

ログアウトしている場合

ログインしていない場合、広告設定はデバイスやブラウザに保存されます。ブラウザの Cookie を削除した場合や、新しいデバイスを入手した場合、広告 ID をリセットした場合などには、広告設定は引き継がれません。

Google 検索での広告のカスタマイズ

Google アカウントからログアウトして Google 検索を使用しているときに表示される広告は、Google 検索での広告のカスタマイズで管理されます。過去の検索など、Google 検索でのアクティビティに基づいて Google 検索に広告が表示されます。

Google 検索での広告のカスタマイズによって、Google アカウントにログインしていないときのエクスペリエンスが管理されるため、この設定は、ユーザーが使用している特定のブラウザまたはデバイスにのみ適用されます。

YouTube での広告のカスタマイズ

Google アカウントからログアウトして YouTube を使用しているときに表示される広告は、YouTube での広告のカスタマイズで管理されます。過去の検索など、YouTube でのアクティビティに基づいて YouTube に広告が表示されます。

YouTube での広告のカスタマイズによって、Google アカウントにログインしていないときのエクスペリエンスが管理されるため、この設定は、ユーザーが使用している特定のブラウザまたはデバイスにのみ適用されます。

ウェブ上での広告のカスタマイズ

アプリで Google アカウントからログアウトしている場合や ITP / ETP 以外のブラウザで Google 以外のウェブサイトにアクセスしている場合に表示される Google 広告は、ウェブ上での広告のカスタマイズで管理されます。パートナーのウェブサイトやアプリでの閲覧データに基づいて、それらのサイトやアプリで広告が表示されます。

ウェブ上での広告のカスタマイズによって、Google アカウントにログインしていないときのエクスペリエンスが管理されるため、この設定は、ユーザーが使用している特定のブラウザまたはデバイスにのみ適用されます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
84064
false