検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

アクセスしたウェブサイトに基づく広告

Google では、表示する広告ができる限りユーザーにとって関連性が高く有用なものであるようにしたいと考えています。その方法のひとつとして広告主様にご提供しているのが、自社のウェブサイトにアクセスしたことがあるユーザー向けに、Google 検索に表示する広告をパーソナライズする機能です。

E さんはアーティストで、美術用品店 A のウェブサイトをよく訪問します。美術用品店 A は、Google に表示する広告を自社のサイトにアクセスしたことがあるアーティスト向けにパーソナライズしたいと考え、Google のサービスを利用して、E さんのようなアーティストのブラウザに広告 Cookie を設定しています。その後 E さんが Google で油絵の具について検索すると、E さんが美術用品店 A のサイトを再訪したくなるようパーソナライズされた広告が表示されます。

慎重に扱うべきカテゴリの情報(人種、宗教、性的指向、健康、金融など)に基づいて広告主様が広告を表示することは禁止されています。

オプトアウト

このような広告の表示を希望されない場合は、広告設定の [広告のカスタマイズ] 設定で、いつでもオプトアウトできます。これにより、ウェブサイトへの訪問履歴に基づいて表示されるような、パーソナライズド広告は表示されなくなります。オプトアウトの詳細

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false