改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

アプリを更新して iOS 14 以降に対応させる

Apple が 2020 年 6 月に発表した iOS 14 の更新に伴い、アプリが Apple の広告配信用の識別子(IDFA)にアクセスする際はユーザーに許可を求めることが必須となりました。これには、App Tracking Transparency(ATT)フレームワークと呼ばれるプロンプトを利用します。iOS 14 以降に対応するようアプリを更新して、広告収入に影響が及ばないようにする方法についての推奨事項をご紹介いたします。

Google Mobile Ads(GMA)SDK を最新バージョンに保つ

新しい機能をご利用になれるよう、GMA SDK を常に最新に保つことをおすすめします。パフォーマンス向上のために、定期的に新しいアップデートおよび機能がリリースされています。iOS 14 に対応できるよう、iOS 向け Google Mobile Ads SDK の最新バージョン(7.64 以降)をインストールしましょう。

Apple の SKAdNetwork を設定する

広告主は、広告キャンペーンの成果とお客様のアプリへの広告掲載によって得られる価値を、Apple の SKAdNetwork API を使って測定します。お客様のアプリが広告トラフィックにつながる価値の高いソースであると認識してもらうには、SKAdNetwork で Google のネットワーク キーを設定する必要があります。SKAdNetwork の設定の詳細

Apple の ATT プロンプトがアプリに適しているかどうか検討する

iOS 14 対応の一環として新しい ATT フレームワークを導入する場合、説明文の内容をよく検討してテストを行い、アプリに最適な表現を使用してください。

ATT プロンプトの直前に「説明メッセージ」をユーザーに表示することもできます。このメッセージには、ユーザーデータの用途と、ユーザーがパーソナライズド広告を有効化する方法を記載します。説明メッセージを表示する場合、ファンディング チョイスを使って、ATT 許可プロセスの管理と、プロンプトの直前に表示する説明メッセージおよび EU ユーザーの同意確認メッセージの作成を行うことができます。IDFA メッセージについて詳しくは、ファンディング チョイスのヘルプセンターをご覧ください。 

なお、欧州経済領域ならびに英国のユーザーについては、Google の EU ユーザーの同意ポリシーも引き続き適用されるため、ATT アラートの前に表示されるメッセージの設計にも同ポリシーを反映する必要があります。

iOS 広告キャンペーンの安全対策

Google アプリ キャンペーンでも広告を掲載している場合は、ATT 導入に向けた対応方法について、こちらの詳細をご覧ください。

SDK インスタンス ID について

最新バージョンの GMA SDK と IMA SDK では、ローテーションされる SDK インスタンス ID がアプリごとに自動生成され、効果的な広告の配信、表示、整合性を実現できます。SDK インスタンス ID はアプリ固有の ID で、これにより、アプリの広告の掲載結果を最大限に高められます。

同一アプリキーについて

GMA SDK のバージョン 8.3.0 では、同一アプリキーが導入されます。これは、1 つのアプリ内でユニーク ユーザーを識別する暗号化キーです。同一アプリキーを使用すると、ユーザーが使用しているアプリから収集したデータを使って、配信する広告の関連性とパーソナライズのレベルを向上できます。複数のアプリにおけるユーザーのアクティビティを同一アプリキーで結び付けることはできません。

同一アプリキーはデフォルトで有効になっていますが、いつでも SDK で無効にできます

アプリのユーザーは、広告内のコントロールで、同一アプリキーに基づく広告のパーソナライズを無効にできます。同一アプリキーを使った広告のパーソナライズでは、既存のプライバシー設定(NPARDPTFCD/TFUA など)が守られます。

IDFA 使用の有無に基づいてメディエーション グループを設定する

このたび、iOS アプリで、広告主識別子(IDFA)の有無にかかわらず広告リクエスト用にメディエーション グループを個別に作成できるようになりました。

新しいメディエーション グループの作成時と既存のメディエーション グループの編集時に、IDFA の有無に基づいて、IDFA 可用性パラメータを使って広告リクエストのターゲティングが可能になっています。個々の広告ごとにウォーターフォールを使うと、IDFA 使用ありと使用なしの両方の広告リクエストについてパフォーマンスのテストと最適化を行うことができます。

: すべてのメディエーション グループについて、広告ネットワークの最適化を使用して、掲載結果に基づいてウォーターフォールを動的に調整することをおすすめします。

入札のベータ版プログラムに参加している方は、入札を引き続きご利用になることをおすすめします。入札を使用すると、別々のウォーターフォールを別途管理しなくても、トラフィックの両セグメント(IDFA 使用がある場合とない場合)のインプレッションで最大限の収益を得られるようになります。

Google により最適化された Floor を使用する

第三者メディエーション プラットフォームを使用している場合は、Google により最適化された eCPM Floor を広告ユニットに設定できます。ユーザーの地域、広告ユニットのトラフィック、過去のデータに基づいて、Google がお客様の eCPM Floor を動的に設定します。

iOS 14 に関する変更に伴い、eCPM が変動する可能性があります。eCPM Floor の管理が自動化されるため、eCPM Floor を手動で調整する時間を節約できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
<p>「マイ AdMob ページ」- AdMob での成果向上に役立つパーソナライズされたヘルプページです。</p>

マイ AdMob ページが新しくなりました。お客様ご自身のアカウントに関連する情報をご覧いただける、パーソナライズされたヘルプページです。このページを活用して、アカウントをより健全に保ったり、必要なセットアップが完了しているか確認したり、ご自身のアプリに合う最適化のヒントを得たりすることができます。引き続き今後の最新情報をご確認ください。

詳細

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73175
false