メディエーション

Open Bidding 広告ソースを追加する(ベータ版)

この機能は現在ベータ版で、一部のパブリッシャー様にのみご利用いただけます。

メディエーション グループを作成したら、グループに届いた広告リクエストに対して広告を配信できるよう、サードパーティの広告ソースを追加する必要があります。

Open Bidding で利用できる広告ソースとその要件について詳しくは、Google Developers のガイド(Android / iOS)をご覧ください。

Open Bidding 広告ソースをメディエーション グループに追加する手順は次のとおりです。

: Open Bidding 広告ソースが AdMob アカウントからの広告リクエストを受け付けられるよう、あらかじめその広告ソースとのパートナーシップを確立しておく必要があります。これは多くの場合、その広告ソースのウェブサイトでアカウントを作成するだけで完了します。
  1. https://apps.admob.com から AdMob アカウントにログインします。
  2. サイドバーで [メディエーション] をクリックします。
  3. 広告ソースを追加するメディエーション グループの名前をクリックします。
  4. [Open Bidding 広告ソース] 表で [広告ソースを追加] をクリックします。
  5. 表示された一覧から、目的の広告ソースを見つけます(検索ボックスに名前の一部を入力すると、該当候補が表示されます)。追加する広告ソースの横にある [選択] をクリックします。
  6. Open Bidding の利用規約をご確認ください。AdMob および Google がパブリッシャー様のアカウントにアクセスすることをご承認いただける場合は、[利用規約の同意] のチェックボックスをオンにします。すでにご承認済みの広告ソースの場合、確認は表示されません。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. 広告ユニットのマッピングを行います。各広告ユニットにマッピング情報を入力してください。この情報は通常、該当広告ソースのアカウントでご確認いただけます。
  9. [完了] をクリックします。
  10. [保存] をクリックします。 メディエーション グループが保存されます。

AdMob ネットワークを Open Bidding 広告ソースとして利用する

Open Bidding を使用するには、AdMob ネットワークが Open Bidding 広告ソースとして設定されている必要があります。新規作成したメディエーション グループでは、AdMob ネットワークは自動的に Open Bidding 広告ソースとして追加されています。

また、既存のメディエーション グループにサードパーティの Open Bidding 広告ソースを追加すると、AdMob ネットワークも自動的にウォーターフォール広告ソースから Open Bidding 広告ソースへと変換されます。

AdMob ネットワークをウォーターフォール広告ソースに変換する

AdMob ネットワークをウォーターフォール広告ソースに変換するには、その他 をクリックして、[ウォーターフォールの広告ソースに移動する] を選択します。

AdMob ネットワークをウォーターフォール広告ソースに変換する場合、あらかじめ他の Open Bidding 広告ソースをグループからすべて削除しておく必要があります。

AdMob ネットワークを Open Bidding 広告ソースに戻すには、その他 をクリックして、[Open Bidding 広告ソースに移動] を選択します。または、eCPM 列の 作成 をクリックして、[リアルタイム eCPM(Open Bidding)] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。