メディエーション

Open Bidding の概要(ベータ版)

この機能は現在ベータ版で、一部のパブリッシャー様にのみご利用いただけます。

Open Bidding とは

Open Bidding とは、パブリッシャー様からの広告リクエストに対して、各広告ソースがリアルタイムのオークションで競合できるようにする仕組みです。これにより、インプレッションごとに最大限の収益を獲得できるようになります。

従来のメディエーションは、ユーザーから提供された eCPM(有効インプレッション単価)や過去のデータに基づいてネットワークに優先順位を付け、順次呼び出す仕組みです。これに対して Open Bidding では、参加している広告ソースをすべて同時に呼び出し、各広告ソースがインプレッションごとにリアルタイムで入札を行います。これにより、単一の統合されたオークションで各広告ソースを競合させることができます。

どのインプレッションについても、入札単価が最も高い広告主が広告ソースとして選ばれます。

成功のヒント: Open Bidding で収益増加に成功した AdMob ユーザーの事例を確認しましょう。

Open Bidding の仕組み

Open Bidding は、既存のメディエーション グループにも新規のメディエーション グループにもシームレスに導入できます。各 Open Bidding 広告ソースは、Open Bidding に参加しない他の広告ソース(ウォーターフォール方式のものなど)と広告リクエストの獲得権を競います。

1. 広告ユニットが広告リクエストを生成する

アプリ内の広告ユニットが広告リクエストを生成し、ターゲティング情報(プラットフォーム、広告フォーマットなど)を添えて AdMob に送信します。

2. 広告リクエストがメディエーション グループのいずれかに割り当てられる

送信された広告リクエストは、パブリッシャー様が定義された各メディエーション グループと照合され、ターゲティング設定が合致するものに割り当てられます。合致するグループが複数ある場合は、優先度の最も高いものが選ばれます。

3. AdMob が Open Bidding オークションを実施する

割り当て先のメディエーション グループが決まると、グループ内の Open Bidding 広告ソース同士で広告リクエストの獲得権を競うオークションが行われ、

eCPM 入札額の最も高い広告ソースがメディエーション ウォーターフォールに配置されます。ウォーターフォール内の序列は eCPM の額に応じて決まります。

4. メディエーションのウォーターフォール処理が通常どおり進行し、表示される広告が決まる

メディエーション ウォーターフォールの先頭に選ばれたのが Open Bidding 広告ソースだった場合、そのソースから広告が配信されます。

Open Bidding 広告ソースが入札を行うのは、配信できる広告がある場合のみです。このため、メディエーション ウォーターフォールで呼び出された時点で、そのソースからの広告配信が確定します。

メディエーション ウォーターフォール内に、Open Bidding 広告ソースよりも eCPM の高い広告ソースがあれば、そちらの(ウォーターフォール方式の)広告ソースが先に呼び出されます。

同じ広告ソースを Open Bidding とウォーターフォールの両方で受け付けることも可能です。この場合、その広告ソースはまず Open Bidding オークションで呼び出されます。この時点で入札を行った広告ソースは、改めてメディエーション ウォーターフォールに配置されることはありません。
 
入札に至らなかった場合は、ウォーターフォール方式の広告ソースとして、メディエーション ウォーターフォールで順次呼び出されることになります。

現在、Open Bidding の広告ソースでは、次の広告配信はサポートされていません。

  • 子ども向けのアプリや広告リクエスト。詳細
  • GDPR(一般データ保護規則)の広告リクエスト。詳細
  • CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)の広告リクエスト。詳細
  • ロシアと中国での広告リクエスト。

同様に、Open Bidding 広告ソースは広告技術プロバイダとして登録されている必要があります。AdMob で広告技術プロバイダを選択するには、サイドバーの [ブロックのコントロール] をクリックして、[EU ユーザーの同意] タブをクリックします。

例 1: Open Bidding のみのメディエーション グループ

Open Bidding example

メディエーション グループ内に Open Bidding 広告ソースが 4 つあり、それぞれが広告ユニットの獲得に向けて入札を行います。このメディエーション グループ内にウォーターフォール方式の広告ソースはないため、単純に入札額の最も高い広告ソースが広告配信の権利を得ます。

Open Bidding 広告ソースが入札を行うのは、配信できる広告がある場合のみです。

例 2: Open Bidding とウォーターフォール方式の広告ソースが両方含まれるメディエーション グループ

メディエーション グループ内に Open Bidding 広告ソースが 4 つあり、それぞれが広告ユニットの獲得に向けて入札を行います。

入札額 7 ドルのネットワーク B が Open Bidding オークションで勝ち、メディエーション ウォーターフォールに配置されます。ウォーターフォール内の順位は eCPM に応じて決まります。この例では、他のウォーターフォール方式の広告ソースよりもネットワーク B の入札額のほうが高いため、ネットワーク B がウォーターフォールの先頭となり、そのまま広告を配信します。他のウォーターフォール方式の広告ソースは、呼び出されることもありません。

Open Bidding 広告ソースが入札を行うのは、配信できる広告がある場合のみです。このため、メディエーション ウォーターフォールで呼び出された時点で、そのソースからの広告配信が確定します。

例 3: Open Bidding とウォーターフォール方式の広告ソースが両方含まれるメディエーション グループ

入札額 4 ドルのエクスチェンジ B が Open Bidding オークションで勝ち、メディエーション ウォーターフォールに配置されます。ウォーターフォール内の順位は eCPM に応じて決まります。例 2 と異なり、エクスチェンジ B の入札額よりもネットワーク 1 の eCPM(5 ドル)のほうが高いため、エクスチェンジ B はウォーターフォールの 2 番目に配置されます。

以降のウォーターフォール処理は通常どおりです。ネットワーク 1 に配信可能な広告があればネットワーク 1 から、なければエクスチェンジ B から広告が配信されることになります。

Open Bidding 広告ソースが入札を行うのは、配信できる広告がある場合のみです。このため、メディエーション ウォーターフォールで呼び出された時点で、そのソースからの広告配信が確定します。

例 4: Open Bidding と直接販売の両方が含まれるメディエーション グループ

入札額 8 ドルのエクスチェンジ A が Open Bidding オークションで勝ち、メディエーション ウォーターフォールに配置されます。ウォーターフォール内の順位は eCPM に応じて決まります。ただし、エクスチェンジ A の入札額より直接販売キャンペーンの eCPM のほうが高いため、エクスチェンジ A はウォーターフォールの 2 番目に配置されます。

以降のウォーターフォール処理は通常どおりです。直接販売キャンペーンに配信可能な広告があれば直接販売キャンペーンから、なければエクスチェンジ A から広告が配信されることになります。

Open Bidding 広告ソースが入札を行うのは、配信できる広告がある場合のみです。このため、メディエーション ウォーターフォールで呼び出された時点で、そのソースからの広告配信が確定します。

Open Bidding の導入方法

まずは Open Bidding 広告ソースとのパートナーシップを確立する必要があります。一般的にアカウントは広告ソースのウェブサイトで簡単に作成できます。詳しくは、Open Bidding をサポートする広告ソースについての記事をご覧ください。

次に、既存または新規のメディエーション グループに Open Bidding 広告ソースを追加します。

SDK 実装

Open Bidding を利用するには、Open Bidding メディエーションをアプリに組み込んでおく必要があります。また、一部の広告ソースには SDK 関連で追加の要件があります。

Open Bidding で利用できる広告ソースとその要件について詳しくは、Google Developers のガイド(Android / iOS)をご覧ください。

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。