キャンペーン

コンバージョン値について

AdMob ではコンバージョンを作成できなくなりました。コンバージョン表には、引き続き AdMob と Google 広告で作成したコンバージョンの一覧が読み取り専用で表示されます。

今後はすべてのコンバージョンを Google 広告で作成し、Firebase SDK を使ってコンバージョンをトラッキングする必要があります。Google 広告でコンバージョン トラッキングを初めて設定する場合は、Firebase を使ってコンバージョンを計測する手順に従ってください。

 

AdMob では、コンバージョン値を設定してキャンペーンの投資収益率(ROI)の測定や最適化に生かすことができます。コンバージョンのタイプごとに別々のコンバージョン値を割り当てることができます。

コンバージョンがもたらす価値はすべて同じではなく、他に比べて価値の高いコンバージョンもあります。そこで各コンバージョンに値(購入額など)を割り当てれば、単にコンバージョンが発生した数ではなく、コンバージョンごとの価値の違いをふまえて広告の価値を把握できます。また、価値の高いコンバージョンを見極めて、重点的に対応することもできます。

コンバージョン値を設定、編集する

コンバージョン値は新しいコンバージョンを作成する際に設定しますが、何度でも変更できます。ただし、変更した値は、その後に発生したコンバージョンにしか適用されません。また、変更した値が有効になるまでには、通常、数時間ほどかかります。コンバージョンのタイプごとに 1 つ以上のコンバージョン値を割り当てることができます。

アプリのインストール(Google Play)[Android のみ]
  • 1 回のインストールの価値: 設定時に指定した値が使用され、コンバージョンのコードからトランザクションごとに異なる値が送られても無視されます。
  • このインストールに値を設定しない: アプリのインストールに伴う値が 0 に設定され、コードから値が送られても無視されます。
    広告の費用対効果を分析し、キャンペーンの改善に活かすには、コンバージョン値の設定をおすすめします。
アプリのインストール(初回起動)[Android および iOS]
  • 1 回のインストールの価値: 設定時に指定した値が使用され、コンバージョンのコードからトランザクションごとに異なる値が送られても無視されます。
  • このインストールに値を設定しない: アプリのインストール(初回起動)に伴う値が 0 に設定され、コードから値が送られても無視されます。
    広告の費用対効果を分析し、キャンペーンの改善に活かすには、コンバージョン値の設定をおすすめします。
アプリ内のユーザー行動 [Android および iOS]
  • どのアプリ内アクションでも値は同じ: 設定時に指定した値が使用され、コンバージョンのコードからトランザクションごとに異なる値が送られても無視されます。
  • このアプリ内アクションの値は変動する(購入価格による場合など): トランザクションごとに異なる値を送信できるように、コードを編集する必要があります。また、技術的な問題が発生してコードから値が送られなかった場合に使用するデフォルト値も指定する必要があります。
  • このアプリ内アクションに値を設定しない: アプリ内アクションの値が常に 0 になり、コードから値が送信されても無視されます。
    広告の費用対効果を分析し、キャンペーンの改善に活かすには、コンバージョン値の設定をおすすめします。

 

デフォルトのコンバージョン値を変更する場合は、コンバージョンを編集します。

コンバージョン値を変更する場合はアプリを更新する必要があります。

 

レポートでコンバージョン値を確認する

コンバージョン トラッキングを設定すると、コンバージョン値に関するデータ(全コンバージョンのすべてのコンバージョン値の合計など)を確認できるようになります。コンバージョン値に関するすべてのデータを確認するには、[キャンペーン] タブ > [コンバージョン] タブの順にクリックし、表の [すべてのコンバージョン値] 列を確認します。

コンバージョン データには、コンバージョンにつながる可能性があった広告のクリックのみが反映されます。ご注意ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。