アプリ向けコンテンツ マッピング

動的アプリ コンテンツでの収益性を高める

従来型のメディア記事や小売商品の説明といった動的アプリ コンテンツを提供しているパートナーの皆様は、アプリ向けコンテンツ マッピング(別名: アプリ内のコンテンツ URL)を導入すると Google アド マネージャーや AdMob でコンテンツに基づくターゲットを実施できます。ウェブとアプリのコンテンツが一致していれば、コンテンツと関連性の高い広告をアプリに表示できるようになりました。

コンテンツ ターゲットでは、ユーザーが利用しているコンテンツの種類に応じて関連性の高い広告が表示されます。アプリ向けコンテンツ マッピングを導入すると、アプリに表示されているコンテンツに基づいてコンテンツ ターゲットを実施でき、次のようなメリットが見込めます。

  • デベロッパー: 購入者がコンテンツに基づく関連性の高い広告をユーザーに表示できるようになるため、アプリでの増収が見込めます。
  • 広告主: モバイル端末で関連性の高いコンテンツが積極的に利用されるタイミングを捉えて、関心の高いユーザーにリーチできます。
  • ユーザー: 関連性の高い広告が表示されやすくなります。

アプリ コンテンツのほとんどはアプリに直接埋め込まれているため、クロールしてインデックスに登録することが不可能です。そこでアプリ向けコンテンツ マッピングは、アプリ内で表示されているコンテンツに対応するウェブ コンテンツの参照ページ URL を渡せるようにすることで、この問題を解決します。つまり、ウェブページをクロールしたデータを使ってアプリ内のコンテンツを把握することで、アプリでもコンテンツと関連性の高い広告を表示できるようにしています。

この記事では、アプリ向けコンテンツ マッピングを実装して、コンテンツと関連性の高い広告をアプリに表示できるようにする方法をご説明します。内容は次のとおりです。

実装のガイドライン

アプリ向けコンテンツ マッピングは、ウェブとモバイルアプリの内容が一致または類似しているパブリッシャー様向けの機能です。ご利用の際には、ユーザーが表示しているアプリ内コンテンツに対応するウェブページへのリファレンスを渡す必要があります。

アプリ向けコンテンツ マッピングで渡すドメインは、そのときにユーザーに表示しているコンテンツのドメインと一致している必要があります。

マッピングの精度を高めるには、コンテンツ マッピングで使うウェブページとして、モバイル向けのページではなく標準的なパソコン向けのページをご利用ください(例: m.example.com ではなく、www.example.com を使用します)。

また、アプリ向けコンテンツ マッピング用に URL を手動で作ることはしないでください(こうした URL は役に立ちません)。この機能では、実際に配信されているコンテンツのみがマッピングの対象となります。

アプリ向けコンテンツ マッピングの実装方法を選択する

アプリ向けコンテンツ マッピングの実装方法には、次の 2 つがあります。

  • 完全 URL マッチ
  • コンテンツ マッチ

アプリの構成部分ごとに、ニーズに合った実装方法をどちらでも自由にご利用いただけます。

アプリ向けコンテンツ マッピングは短縮形の URL(goo.gl/shorturl123 といった形式の URL) には対応していません。アプリ向けコンテンツ マッピングを設定する際には、完全な形式の URL を使用してください。

完全 URL マッチ

完全 URL マッチを利用すると、完全な URL をアプリのすべての構成部分にリンクできます。

URL は常に動的に生成し、サーバーがアプリに送るコンテンツと共に(またはコンテンツから取得して)送る必要があります。この URL は、アプリやウェブサイトの表示方法やデザインが変わった場合でも、アプリが表示しているコンテンツとほぼ一致する内容のリンク先 URL になるようにしてください。

例:

  • www.googleynews.com 上の新しい記事 - 「Man Bites Dog」
    • 完全 URL マッチ: "http://www.googleynews.com/2015/10/01/man-bites-dog.html"
成果を最大限に高めるには、アプリ内で表示されているコンテンツとまったく同じ内容のページやセクションに対応させることが必要です。モバイルサイトのトップページの URL のみを送信してアプリのすべての構成部分に対応させる方法はとらないでください

AdMob やアド マネージャーの広告主が使用する従来型のターゲティングに加え、ここで対応させたウェブページからクロールされたコンテンツとの関連性も踏まえて広告が表示されます。

コンテンツ マッチ

コンテンツ マッチを使用すると、アプリ向けコンテンツ マッピングでお客様が使用する URL を Google が特定できるようになります。

完全な形式の URL を渡す代わりに、ドメインを渡して新しい記事のタイトルなどの文字列を対象コンテンツに関連付けます。すると、その文字列に基づいて URL ルックアップが実施され、アプリ向けコンテンツ マッピングで使用する最適な URL が特定されます。

モバイルアプリのコンテンツとウェブ URL のマッピングが容易でない場合は、完全 URL マッチの代わりにコンテンツ マッチをご利用ください。

例:

  • www.googleynews.com 上の新しい記事 - 「Man Bites Dog」
    • コンテンツ マッチ: "site:www.googleynews.com Man Bites Dog"

アプリ向けコンテンツ マッピングで成果を上げるためのヒント

成果を最大化するには、次の項目を実践してください。

  • アプリのそれぞれの構成部分に最もふさわしい URL やコンテンツ マッチを選択してください。細かく対応させたほうが高い成果が見込めます。
  • ウェブページとマッピング可能なアプリの構成部分は、残らず対応させてください。
    トップページなどのコンテンツの少ないページでも、プレースメント ターゲットを実施すると成果の向上が見込めます。
  • アド マネージャーや AFC を使用して、渡された URL が参照するモバイルサイトに広告を表示してください。
  • アプリのすべての構成部分を完全にマッピングするには、完全 URL マッチとコンテンツ マッチの両方の実装方法の活用をご検討ください。

完全 URL マッチのヒント

  • すべての URL が有効であることをご確認ください。
  • 成果の最大化につながる URL を選択してください。ここではニュースアプリを例に、コンテンツの URL を選択する方法を示します。
    • 最善策: アプリがコンテンツを読み込む際に、個々の記事ページのコンテンツの URL を動的に送信します(例: "http://www.googleynews.com/2014/06/01/man-bites-dog.html")。
    • 次善策: ウェブサイトのすべての主要なセクションのコンテンツの URL を送信します(例: "http://www.googleynews.com/sports/")。
    • 標準策: アプリがホーム画面を表示する際に、コンテンツ URL としてメインのトップページを送信します(例: "http://googleynews.com")。

コンテンツ マッチのヒント

  • アプリのさまざまな部分で常に参照され、マッチするコンテンツの特定に役立ち、実装の簡単なテキストを使用します。
    例:
    • ページのヘッダー名
    • 記事のタイトル
    • 記事の最初の文章
    • 郵便番号 + 都市名(ローカライズされたコンテンツの場合)

コードを実装する

アド マネージャーや AdMob に対する広告リクエストに contentUrl パラメータを追加するだけで簡単にコードを実装できます。

contentUrl の値は、実装方法に応じて次のように異なります。

  • 完全 URL マッチの場合: contentUrl = "<full url of the webpage>"
    例: contentUrl = @"http://www.googleynews.com/2015/10/01/man-bites-dog.html"
  • コンテンツ マッチの場合: contentUrl = "<domain> <text string>"
    例: contentUrl = "site:www.googleynews.com Man Bites Dog"

iOS

まず、iOS 向けの Google Mobile Ads SDK の最新版をダウンロードします。

 

2018 年 1 月 23 日をもって、Android および iOS 版 Google Mobile Ads SDK の 7.0.0 より古いバージョンはサポート終了となります。

 

次に、広告リクエストの作成に使われる GADRequest オブジェクトを使って、広告リクエストを読み込む前に contentURL プロパティを設定します。このプロパティには、アプリに表示されているコンテンツに対応するモバイルサイトの URL を設定します。

例:

http://www.my-mobile-website.com/content.html GADRequest *request = [GADRequest request]; request.contentURL = @"http://www.my-mobile-website.com/content.html"; // Assuming your GADBannerView is named "bannerView_". [bannerView_ loadRequest:request]; GADRequest *contextual_request = [GADRequest contextual_request]; contextual_request.contentUrl = @"site:www.my-mobile-website.com content title"; // Assuming your GADBannerView is named "bannerView_". [bannerView_ loadRequest:contextual_request];
 

Android

まず、Google Play 開発者サービス SDK の最新版をダウンロードします。

次に、広告リクエストの作成に使われる AdRequest オブジェクト(AdMob、アド マネージャーの場合)または PublisherAdRequest オブジェクト(アド マネージャーの場合)で、広告リクエストを読み込む前に setContentUrl() メソッドを使用します。このプロパティには、アプリに表示されているコンテンツに対応するモバイルサイトの URL を設定します。

AdMob またはアド マネージャーの例:

http://www.my-mobile-website.com/content.html AdRequest adRequest = new AdRequest.Builder() .setContentUrl("http://www.my-mobile-website.com/content.html") .build(); // Assuming your AdView is named "adView". adView.loadAd(adRequest); AdRequest contextual_adRequest = new AdRequest.Builder() .setContentUrl("site:www.my-mobile-website.com content title") .build(); // Assuming your AdView is named "adView". adView.loadAd(contextual_adRequest);
 

アド マネージャーの例:

http://www.my-mobile-website.com/content.html PublisherAdRequest adRequest = new PublisherAdRequest.Builder() .setContentUrl("http://www.my-mobile-website.com/content.html") .build(); // Assuming your AdView is named "adView". adView.loadAd(adRequest); PublisherAdRequest contextual_adRequest = new PublisherAdRequest.Builder() .setContentUrl("site:www.my-mobile-website.com content title") .build(); // Assuming your AdView is named "adView". adView.loadAd(contextual_adRequest);
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。