ポリシー

インタースティシャル広告に関するガイドライン

インタースティシャル広告を導入すると、モバイルアプリ ユーザーにリッチメディアのインタラクティブ広告を表示できます。この広告はコンテンツの合間に表示するものでれ、アプリのコンテンツが切り替わる自然なタイミングに配置すると効果的です。導入の際はユーザーの利便性を損なわず、偶発的なクリックを誘発しないよう十分ご注意ください。

以下に、AdMob インタースティシャル広告の導入に関するガイドラインと実践的な手法をご紹介します。このガイドラインを遵守すれば、無効な操作の原因を排除し、アプリでの広告掲載が停止される事態を回避できます。詳しくは、広告トラフィック品質管理リソース センターの説明をご覧ください。


AdMob interstitials best practices


Google Developer サイト情報

インタースティシャル広告について詳しくは、Google Developers サイト(AndroidiOS 向け)をご覧ください。

最新の SDK を使用する

常に最新の SDK(AndroidiOS 向け)にアップデートして、最新の広告フォーマット、機能、バグ修正を備えたバージョンをご利用ください。

インタースティシャル広告フォーマットに最適なアプリ

インタースティシャル広告は、使い方が一方向に進むアプリに最適です。つまり、始まりと終わりの地点が明確に決まっているアプリです。この要件に合わないアプリ(例: フラッシュライト アプリといったユーティリティ アプリなど)では、別の AdMob 広告フォーマット(バナー広告など)のご利用をおすすめします。

ユーザーの立場になって考える

モバイルアプリにインタースティシャル広告を導入する際は、アプリを利用するユーザーの自然な流れ(手順)を損なわないように配慮します。予期しないタイミングで表示したり、過度に表示したり、広告表示でアプリの利用を妨げたりすると、全体的なユーザーの利便性が損なわれ、広告の偶発的なクリックが増加し、結果的にユーザーや広告主様が離れて行ってしまいます。忘れてならないのは、広告表示はアプリ本来の目的ではないという点です。アプリにインタースティシャル広告を表示するために、ユーザーの利便性を損なうことがないよう十分ご注意ください。

動画対応のインタースティシャル広告の場合、一部の広告では「閉じる」オプションが表示されるまでに最大 5 秒かかることがあります。ポリシーによると、動画を許可していないインタースティシャルでは、すぐに終了オプションが表示される必要があります。Google Mobile Ads SDK の 7.21 以降(iOS)と 11.4 以降(Android)のリリースでは、このポリシーがより積極的に施行されます。

無効な操作を誘発しない

携帯端末にフルスクリーンで表示されるインタースティシャル広告を導入する際は、従来のパソコンの画面に比べて携帯端末の画面が小さい点に常に配慮してください。フルスクリーンに展開されるインタースティシャル広告を不適切なタイミングで表示すると、ユーザの意図しないクリックを誘発する可能性があります。

インタースティシャル広告の導入に関するガイドラインと実践的な手法

インタースティシャル広告を導入する際は、次の点を考慮してください。

  • 広告を表示するタイミングで、ユーザーはアプリをどのように使っているか。
  • ユーザーが予期しないタイミングでの広告表示にならないか。
  • インタースティシャル広告の表示に適したタイミングか。

以上の質問を考慮した上で、インタースティシャル広告の導入における推奨事項インタースティシャル広告の導入における禁止事項にあるガイドラインを確認してから、インタースティシャル広告ユニットをアプリに配置してください。
 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。