検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

詳しくは、新しい動画リワード広告についての記事をご覧ください。

ポリシー

行動ポリシー

AdMob では、開発したアプリに AdMob 広告や Google 広告を掲載して収益を得ることができます。AdMob のご利用にあたっては、AdSense のプログラム ポリシーに加えて、以下のポリシーと例外事項にも準拠していただく必要があります。これらのポリシーに違反した場合、Google の権限により、お客様のアプリへの広告配信を停止、あるいは AdMob アカウントを無効にさせていただく可能性があります。

AdSense ポリシーの例外

原則として、AdMob のすべてのアプリ開発者様は、オンラインのプログラム ポリシーに従っていただく必要があります。ただし、一部のポリシーについては AdSense と AdMob とで内容が異なります。例外は次のとおりです。

例外を表示

広告のプレースメント

モバイルアプリで従来の AdSense 広告を配信することはできなくなりました。アプリの収益化をご希望のアプリ開発者様は、AdMob SDK を使用していただく必要があります。

広告の動作

AdMob には、AdMob SDK を使用するモバイルアプリで利用可能な広告自動更新機能が用意されています。更新頻度は、SDK で指定した範囲内で設定する必要があります。

無効なクリックとインプレッション

アプリ開発者様が自分の広告をクリックしたり、手動や他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増加させたりすることは禁止されています。自分の広告をクリックしてテストすることは許可されていません。

不正なクリック対策として、テスト広告AndroidiOSWindows Phone 対応)をご利用ください。

詳細

Google では、不正行為に関する問題を深刻に受け止めております。そのため、すべてのクリックやインプレッションを分析し、広告主様の費用やアプリ開発者様の収益を作為的に増加させる使用パターンに該当しないかどうかを判断しています。AdMob アカウントが広告主様にリスクをもたらす可能性があると判断した場合、広告主様の利益を保護するため、そのアカウントを無効にさせていただくことがあります。

不正行為やポリシー違反によってアカウントが無効となったアプリ開発者様は、今後 Google が提供するアプリ開発者様およびサイト運営者様向けの収益化ソリューションをご利用いただけません。つまり、不正行為やポリシー違反によって AdMob アカウントが無効となったアプリ開発者様は、AdSense を使用して収益化することができなくなります。逆の場合も同様です。そのため、新しいアカウントを開設することができません。

アプリ開発者様が追加のアカウントを開設した場合、アカウントが重複していると判断され、一方または両方のアカウントが無効になります。

不正行為に関する詳細については、広告トラフィック品質管理リソース センターをご覧ください。

アプリ開発者様には、さまざまなプレースメントや広告フォーマットをテストしていただくことが推奨されますが、その際は次の広告の配置に関するポリシーに準拠していただく必要があります。

広告の配置に関するポリシーを表示

広告の表示方法に関するポリシー

AdSense の広告の配置に関するポリシーに加え、AdMob のアプリ開発者様は、次のアプリ固有の広告の表示方法に関するポリシーにも準拠していただく必要があります。

  • ボタン等の要素のすぐ近くまたは直下に広告を表示するなど、アプリや広告に対する一般的な操作の妨げとなるような配置は禁止されています。
  • ユーザーが通常の操作で見ようとする領域を邪魔したり隠したりするような場所に、広告を表示することはできません。画面上で、ユーザーが無意識にクリックしたりタッチしたりする場所に広告を表示することはできません。
  • 「行き止まり」の画面に広告を表示することはできません。広告をクリックせずに別の画面に移動できる方法([戻る] ボタン、[メニュー] ボタンなど)を必ず設けてください。または、ホームボタンでアプリを終了できることを示すメッセージを表示してください。
  • 端末のバックグラウンドで動作するアプリに広告を表示したり、アプリ環境の外部に広告を表示したりすることはできません。ユーザーには、広告がどのアプリに関連付けられているか、または実装されているかを明確に示す必要があります。たとえば、ウィジェットに表示される広告や、アプリの起動前や終了後に表示される広告が該当します。
  • アプリのメイン コンテンツの表示を妨げる方法で広告を表示してはいけません。また、アプリのメイン コンテンツやメイン機能へのアクセスや操作、またはそれらの反応を妨げる方法で広告を表示することはできません。たとえば、アプリ内のクリックで毎回インタースティシャル広告が表示される場合が該当します。
  • コンテンツを含まないページ(手続き完了画面、エラー画面、ログイン画面、終了する際の確認画面など)に広告を掲載することは許可されません。このような画面は、訪問者がアプリを起動している際や終了しようとしている際のほか、画面上で購入やダウンロードなどの特定のアクションを実行した後に表示されます。この種の画面に広告があると、実際のコンテンツだと誤解されてしまう可能性があるため、掲載は避けてください。
    導入に関するガイドラインも併せてご覧ください。

アプリ内広告

アプリで広告をリクエストするときは、必ず SDK を使用してください。

二次供給および広告ネットワーク メディエーション

アプリ開発者様が広告枠の二次供給を目的とした提携関係を結ぶことはできません。Google とアプリ開発者様は直接的な提携関係にあり、仲介業者を介して提携関係を結ぶことはできません。

詳細

機密情報の共有

  • 指標データ: アプリ開発者様は、AdMob のレポート画面へのアクセス権を公開することはできません(指標データの共有を AdMob から事前に書面で許可されている場合を除きます)。
  • コード: アプリ開発者様は、Google SDK のソースコードおよび未コンパイルのコードを第三者と共有することはできません。

メディエーション

AdMob のネットワーク メディエーション サービスは、(エクスチェンジ、メディエーター、オプティマイザーからの需要ではなく)第三者の広告ネットワークにおけるファースト パーティ広告主様の需要にアクセスできるようにすることを目的としています。AdMob のネットワーク メディエーション機能で配信された広告に関する AdMob のレポートは、第三者の広告ネットワークによるレポートと異なる場合があります。レポートの不一致、または第三者の広告ネットワークやソフトウェアのパフォーマンスや成果に関しては、AdMob では責任を負いかねますのでご了承ください。AdMob のネットワーク メディエーション機能や他のメディエーション機能をご利用の場合は、次のポリシーが適用されます。

  • 次の AdSense プログラムポリシーを遵守してください。
    • 無効なクリックとインプレッション
    • 著作権で保護されているコンテンツ
    • 偽造品
    • Google 広告 Cookie
    • ユーザーの特定とユーザーによる同意
    • プライバシー
    • 児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)
    • 違法なコンテンツ
  • Google の望ましくないソフトウェアのポリシーに違反する不正なソフトウェアなどを配信せず、そうしたソフトウェアを配信するページへのリンクも使用しない。
  • 実装や技術に関するガイドラインが AdMob から追加で提供された場合には、それを遵守する。
  • お客様が第三者広告ネットワークと結んだ契約に違反する方法で、AdMob のメディエーション サービスを使用しない。
  • AdMob で分配される収益は、当事者のアプリ開発者様のみに支払われる。
  • AdMob には、第三者のサービスについて、サポート、互換性の保証、相違点の解消手段に関する情報提供を行う義務はない。
  • Google 広告で特定のインプレッションに対して、妨害や不正行為、広告オークションで不当な順位操作をもくろむ形で複数の広告呼び出しを設定しない。
     

ベータ版の機能

機能には、「ベータ版」に分類されている機能、またはサポート対象外の機能があります(以下「ベータ版の機能」)。Google は独自の裁量により、任意の時点でベータ版の機能の提供を停止することができます。また、独自の裁量により、ベータ版の機能に関する一切のサポート サービスを提供しないことがあります。アプリ開発者様は第三者に対し、ベータ版の機能や、非公開のベータ版の機能の存在、ベータ版の機能へのアクセス権に関する一切の情報を提供することはできません。

パーソナライズド広告

Google は広告配信先の広告 ID を使用して興味や関心、ユーザー属性に基づくカテゴリ(「スポーツ観戦」など)を作成できるものとします。興味や関心、ユーザー属性、その他のデータを使用することにより、該当のカテゴリに属するユーザーをターゲットに効率良く広告を配信することができます。また、Google Mobile Ads SDK を使用して、パーソナライズド広告(旧インタレスト ベース広告)を配信していることをアプリのプライバシー ポリシーに反映させるようアップデートが必要な場合があります。アプリのプライバシー ポリシーを見直し、最新情報が反映されているかどうかご確認ください。なお、アプリ開発者様のページや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。

パーソナライズド広告(旧インタレスト ベース広告)の掲載を充実させたいユーザーは、広告設定で自分の興味や関心、ユーザー属性として登録されているカテゴリを確認、編集できます。一方、広告をパーソナライズしないように設定することもできます。

最終更新日: 2017 年 8 月 28 日

Pauline は AdMob ポリシーのエキスパートで、このヘルプページの著者です。フィードバックを下に入力して、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdMob にログイン

AdMob アカウントに関するヘルプを参照するにはログインします ログイン AdMob アカウントをお持ちでない場合 今すぐお申し込みいただけます。 AdMob に申し込む