Ad Manager と Ad Exchange のプログラム ポリシー

広告リクエストに同意年齢に満たない EEA ユーザー向け取り扱いタグを設定する

欧州経済領域(EEA)の同意年齢に満たないユーザーについては、その広告リクエストにマークを付けることで適切な取り扱いを受けることができます。この機能は、一般データ保護規則(GDPR)の準拠に向けた対応をサポートするためのものです。なお、GDPR の下では他の法的義務が課せられる場合もありますので、欧州連合(EU)のガイダンスを確認し、お客様の顧問弁護士にご相談ください。Google が提供するツールの目的は、法令遵守をサポートすることであり、特定のサイト運営者様 / パブリッシャー様の法的義務を軽減することではありません。サイト運営者様 / パブリッシャー様への GDPR の影響の詳細

この機能を使用する場合は、広告リクエストに TFUA(Tag For Users under the Age of Consent in Europe: 同意年齢に満たない欧州ユーザー向け取り扱いタグ)パラメータを含めることになります。このパラメータを含んでいる広告リクエストに対しては、リマーケティングなどによるパーソナライズド広告の配信は無効になります。また、このパラメータがあると、第三者広告ベンダー(広告測定ピクセルや第三者広告サーバーなどの事業者)へのリクエストも無効になります。このパラメータを追加しても、アド マネージャーの Key-Value の使用が制限されることはありません。Key-Value をご使用の際は GDPR に確実に準拠するように注意してご対応ください。

広告リクエストに TFUA パラメータを含める処理は、サイト単位で適用されるどの設定の処理よりも優先されます。

管理画面で [子供向け広告] 設定を使用できる場合、予約広告申込情報向けの [広告申込情報の配信を制限する] 設定は、欧州経済領域(EEA)からのリクエストが Google で検出された場合またはアド マネージャーを適切に設定している場合にのみ適用されます。*


* この設定を使用すると、EEA のユーザーに配信を許可する広告の種類を選択できます。

Google の広告サービスをご利用で、広告リクエスト単位ではなく、サイトやサブドメイン、アプリ単位で COPPA に準じた子供向け取り扱いを指定する場合は、サイトやアプリに子供向け取り扱いタグを設定する方法をご確認ください。子供向け取り扱いタグ(TFCD)と COPPA の詳細

子供向け取り扱いタグ(TFCD)と同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いタグ(TFUA)は、両方同時に true に設定しないでください。設定した場合は、子供向け取り扱いタグ(TFCD)が優先されます。

Google サイト運営者タグ(GPT)

GPT を使用している場合、広告リクエストを GDPR に基づく同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いとして指定するには、次の API 呼び出しを使用します。

googletag.pubads().setTagForUnderAgeOfConsent(int options);

広告リクエストを同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いとして指定する場合は、options パラメータを整数値 1 に設定し、同意年齢以上のユーザー向け取り扱いとして指定する場合は、このパラメータを 0 に設定します。

ページのどの広告がリクエストされるよりも前に、指定したオプションが有効になるように、ページ実行の早い段階で GPT API 呼び出し setTagForUnderAgeOfConsent を行います。この呼び出しが遅いと、広告リクエストによっては同意年齢未満の指定が考慮されないことがあります。setTagForUnderAgeOfConsent の呼び出しは、googletag.enableServices()googletag.pubads().display(...)googletag.pubads().definePassback(...).display() など(これらに限りません)の呼び出しよりも前に実行するようにしてください。

後続の呼び出しで googletag.pubads().refresh を使用して広告スロットを更新する際に、その広告スロットでの前回のリクエスト以降に setTagForUnderAgeOfConsent を使用して行われた変更が考慮されます。

広告リクエストを同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いとして指定する API 呼び出しを行った後に、値の設定を解除することもできます。値の設定を解除した場合、同じページビューでその後発生する広告リクエストには、デフォルトでサイト単位の設定が適用されます(適用可能な場合)。同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いの指定を解除するには、次の API 呼び出しを使用します。

googletag.pubads().setTagForUnderAgeOfConsent()

setTagForUnderAgeOfConsent を呼び出した後に発生するすべての広告リクエストでは、変更や消去が行われない限りこの設定が使用されます。

setTagForChildDirectedTreatmentsetTagForUnderAgeOfConsent の両方が呼び出された場合は、setTagForChildDirectedTreatment が優先されます。つまり、子供向け取り扱いタグ(TFCD)が、同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いタグ(TFUA)よりも優先されます。

GPT コードの例

<script async="async" src="https://securepubads.g.doubleclick.net/tag/js/gpt.js"></script>;

<script>
    window.googletag = window.googletag || {cmd: []};
</script> 
  
<script>
  googletag.cmd.push(function() {
    googletag.pubads().setTagForUnderAgeOfConsent(1);
    googletag.defineSlot('/1234/sports/football', [728, 90],'div_1')
       .addService(googletag.pubads());
    googletag.enableServices();
  });
</script>

GPT パスバックタグ

GPT パスバックタグを使用すると、アド マネージャーと第三者のどちらで広告配信を行っているかに関係なく、アド マネージャーのサイト運営者の広告を別のサイト運営者に配信できます。タグは、アド マネージャーのサイト運営者 A からサイト運営者 B に送信され、サイト運営者 B の広告サーバーを使用して入稿されます。

GPT パスバックタグを使用している場合、広告リクエストを GDPR に基づく同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いとして指定するには、API 呼び出しに次のコードを含めます。

setTagForUnderAgeOfConsent(int options);

広告リクエストを同意年齢に満たないユーザー向けとして指定する場合は、options パラメータを整数値 1 に設定し、同意年齢以上のユーザー向けとして指定する場合は、このパラメータを 0 に設定します。

パスバックタグを使用している場合、最初の広告は、TFUA=1 または TFUA=0 を使用するかどちらも使用しないでアド マネージャーからサイト運営者 A にリクエストされます。クリエイティブがページに配信される際に、%%TFUA%% マクロは最初の広告リクエストの値を「継承」します。サイト運営者 B への広告リクエストは、最初の広告リクエストの値に基づいて行われます。%%TFUA%% マクロが動作するのは、サイト運営者 A とサイト運営者 B の両方がアド マネージャーによる広告配信を利用している場合のみです。

TFCDTFUA の両方を 1 に設定した場合は、TFCD が優先されます。

詳しくは、GPT パスバックタグマクロについての説明をご覧ください。

GPT パスバック コードの例

<script src="https://securepubads.g.doubleclick.net/tag/js/gpt.js"> googletag.pubads().definePassback("123456/ad/unit", [100,200]) .setTagForUnderAgeOfConsent(1)
    .display();
</script>

%%TFUA%% マクロを使用した GPT パスバック コードの例

<script src="https://securepubads.g.doubleclick.net/tag/js/gpt.js"> googletag.pubads().definePassback("123456/ad/unit", [100,200]) .setTagForUnderAgeOfConsent(%%TFUA%%)
    .display();
</script>

<amp-ad> タグ

<amp-ad type="doubleclick"> では、amp-consent コンポーネントを使って、リクエストを同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いとして指定できます。このコンポーネントで checkConsentHref としてエンドポイントを指定すると、対象のページ上で属性 data-block-on-consent を指定したあらゆるコンポーネントからリクエストが送信される前に、指定したエンドポイントが照会されます。amp-consent の詳細と ConsentHref レスポンスのフォーマット

指定した ConsentHref のエンドポイントから「tfua」または「tfcd」のキーが返された場合、後続のアド マネージャーのリクエストは、返されたキーに応じて同意年齢に満たないユーザー向けまたは子供向け取り扱いと指定されます。たとえば、同意取得コンポーネントと広告を含む AMP ページの場合を考えてみましょう。

<amp-consent layout="nodisplay" id="consent-element">
<script type="application/json">
{
  "consents": {
    "my-consent": {
      "checkConsentHref": "https://publisher.com/api/check-consent",
      "promptUI": "consent-ui"
    }
  }
}
</script>
</amp-consent>
  
<amp-ad data-block-on-consent
    width=320 height=50
    type="doubleclick"
    data-slot="/4119129/mobile_ad_banner" 
    json='{"targeting":{"sport":["rugby","cricket"]},
      "categoryExclusions":["health"]}'>
</amp-ad>

この ConsentHrefhttps://publisher.com/api/check-consent)から次のレスポンスが返されると、現在のアド マネージャーの広告リクエストに対して、同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いが有効になります。

{
  "promptIfUnknown": false,
  "sharedData": {
    "doubleclick-tfua": 1,
    "doubleclick-tfcd": 0
  }
}

TFUA と TFCD は <amp-ad> タグに静的に設定することも可能です。その場合は、次のようにターゲティング JSON オブジェクトを使用します。

<amp-ad data-block-on-consent
    width=320 height=50
    type="doubleclick"
    data-slot="/4119129/mobile_ad_banner"
    json='{"targeting":{"sport":["rugby","cricket"]},
      "categoryExclusions":["health"],
      "tagForChildDirectedTreatment":1,
      "tagForUnderAgeTreatment":1}'>
</amp-ad>

さらに GDPR の要件をすべて満たすためには、第三者にリクエストを行う amp-analyticsamp-pixel などの上記以外の AMP コンポーネントに data-block-on-consent を設定することもできますのでご検討ください。

シンプル URL

シンプル URL を使用している場合、広告リクエストを同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いとして指定するには、tfua=[int] パラメータをタグのリクエスト URL に直接追加します。このパラメータは、タグの始めの方に指定する必要があります。最初の 500 文字以内で指定することをおすすめします。広告リクエストを同意年齢に満たないユーザー向け取り扱いとして指定する場合は tfua=1、同意年齢以上のユーザー向け取り扱いとして指定する場合は tfua=0 とします。次の例をご覧ください。

https://securepubads.g.doubleclick.net/gampad/ad?iu=/12345/adunit&sz=728x90&tfua=1&c=12345

TFCDTFUA の両方を 1 に設定した場合は、TFCD が優先されます。

Ad Exchange タグ

Ad Exchange(AdX)に広告をリクエストするためにページで非同期広告コード(adsbygoogle.js)を使用している場合、GDPR に基づく同意年齢に満たないユーザーに適した広告をリクエストするには、すべてのタグにパラメータ data-tag-for-under-age-of-consent="1" を含めます。次の例をご覧ください。

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
</script>
<ins class="adsbygoogle"
    style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
    data-ad-client="ca-pub-0123456789abcdef"
    data-ad-slot="0123456789"
    data-tag-for-under-age-of-consent="1"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

古い同期広告タグ(show_ads.js)を使用している場合は、すべての広告タグに変数 google_tag_for_under_age_of_consent=1 を設定してください。次の例をご覧ください。

<script>
google_ad_client = "ca-pub-0123456789abcdef";
google_ad_slot = "0123456789";
google_ad_width = 125;
google_ad_height = 125;
google_tag_for_under_age_of_consent = 1;
</script>
<script src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

Google Mobile Ads SDK

アプリの場合は、広告リクエストの際に、コンテンツを GDPR に基づく同意年齢に満たないユーザー向けとして取り扱うかどうかを指定できます。

コンテンツを GDPR に基づく同意年齢に満たないユーザー向けとして指定するには、tagForUnderAgeOfConsent を設定します。詳しくは Android 用と iOS 用のデベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

Google Interactive Media Ads SDK(動画向け)

動画のリクエスト時に、動画コンテンツを GDPR に基づく同意年齢に満たないユーザー向けとして指定するには、広告タグの末尾に tfua=1 パラメータを追加します。これには、手動で作成したマスター動画タグを使用するか、プラットフォーム固有の IMA SDK(HTML5、iOS、Android)のいずれかを使用する方法があります。

動画プレーヤーでアド マネージャーのダイナミック広告挿入機能を使用している場合は、この機能を使ってオンデマンド動画(VOD)やライブ ストリームのリクエストに tfua=1 パラメータを追加し、一緒に送信される広告リクエストにこのパラメータを渡すこともできます。

TFCDTFUA の両方を 1 に設定した場合は、TFCD が優先されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。