Ad Manager と Ad Exchange のプログラム ポリシー

欧州経済領域、英国、スイスのユーザーに対して、制限付きデータ処理のタグを広告リクエストに設定する

広告リクエストに印を付けることで、欧州経済領域(EEA)、英国、スイスのユーザーに対し、TFUA(旧称「同意年齢に満たないユーザー向けタグ」)を使用して制限付きデータ処理を行うことができます。この機能は、一般データ保護規則(GDPR)や、子どもに関するプライバシー規制(Age Appropriate Design Code(AADC)など)の遵守を支援することを目的としています。なお、GDPR および AADC の下でその他の法的義務が生じている可能性もあります。すべての規制に関するガイドをご確認のうえ、お客様の顧問弁護士にご相談ください。Google が提供するツールの目的は、法令遵守をサポートすることであり、特定のパブリッシャー様の法的義務を軽減することではありません。詳しくは、GDPR と AADC によるパブリッシャー様への影響についてご確認ください。

この機能を使用する場合は、広告リクエストに TFUA パラメータが追加されます。広告リクエストにこのパラメータが追加されている場合、リマーケティングなどによるパーソナライズド広告の配信が無効になります。また、このパラメータがあると、第三者広告ベンダー(広告測定ピクセルや第三者広告サーバーなどの事業者)へのリクエストも無効になります。このパラメータを追加しても、アド マネージャーの Key-Value の使用が制限されるわけではありません。Key-Value をご使用の際は GDPR を確実に遵守するようにご対応ください。

広告リクエストに TFUA パラメータを追加する設定は、サイト単位で適用されるどの設定よりも優先されます。

管理画面で [子供向け広告] 設定を使用できる場合、予約広告申込情報の [広告申込情報の配信を制限する] 設定は、プライバシーに関する法律の対象となる地域からリクエストが検出された場合、またはアド マネージャーを適切に設定している場合にのみ適用されます*。


* この設定を使用すると、欧州経済領域(EEA)または英国などのプライバシー法で影響を受ける地域のユーザーへの配信を許可する広告の種類を選択できます。

Google の広告サービスをご利用で、広告リクエスト単位ではなく、サイトやサブドメイン、アプリ単位で COPPA に準じた制限付きデータ処理の取り扱いを指定する場合は、サイトやアプリに子供向け取り扱いタグを設定する方法をご確認ください。

子供向け取り扱いのタグ(TFCD)と COPPA について

TFCD タグと TFUA タグを同時に true に設定しないでください。両方ともその値にすると、TFCD タグが優先されます。

Google パブリッシャー タグ(GPT)

setTagForUnderAgeOfConsent GPT API 呼び出しは、プライバシー法を遵守するための推奨メソッドではなくなりました。

Google パブリッシャー タグを使用している場合は、コードを更新して広告リクエストを制限付きデータ処理としてマークできます(GDPR に準拠)。この設定を省略すると、デフォルトでパーソナライズド広告が配信されます。

最新のコードのサンプルについては、GPT デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

GPT デベロッパー向けドキュメントを見る

GPT のパスバック

Google パブリッシャー タグでは、「パスバック」機能を備えたタグを作成できます。この機能を実装するには、標準の Google パブリッシャー タグを iframe 内に記述します。

パスバックに関する GPT デベロッパー ガイドを確認する

<amp-ad> タグ

<amp-ad type="doubleclick"> では、amp-consent コンポーネントを使って制限付きデータ処理のリクエストにマークを設定できます。このコンポーネントで checkConsentHref としてエンドポイントを指定すると、対象のページ上で属性 data-block-on-consent を指定したあらゆるコンポーネントからリクエストが送信される前に、指定したエンドポイントが照会されます。amp-consent の詳細と ConsentHref レスポンスのフォーマットについてご確認ください。

パブリッシャーの ConsentHref エンドポイントが「tfua」または「tfcd」のキーを返すと、それ以降のアド マネージャー リクエストはそれぞれ制限付きデータ処理の対象としてマークされます。たとえば、同意取得コンポーネントと広告を含む AMP ページの場合を考えてみましょう。

<amp-consent layout="nodisplay" id="consent-element">
<script type="application/json">
{ "consents":
   { "my-consent":
      {
         "checkConsentHref": "https://publisher.com/api/check-consent", "promptUI": "consent-ui"
      }
   }
}
</script>
</amp-consent>
<amp-ad data-block-on-consent width=320 height=50 type="doubleclick" data-slot="/4119129/mobile_ad_banner" json='{"targeting":{"sport":["rugby","cricket"]}, "categoryExclusions":["health"]}'></amp-ad>

パブリッシャーの ConsentHrefhttps://publisher.com/api/check-consent)からの以下のレスポンスでは、アド マネージャーの広告リクエストに対して制限付きデータ処理が有効になります。

{ "promptIfUnknown": false, "sharedData": { "doubleclick-tfua": 1, "doubleclick-tfcd": 0 } }

TFUATFCD<amp-ad> タグに静的に設定することも可能です。その場合は、次のようにターゲティング JSON オブジェクトを使用します。

<amp-ad data-block-on-consent width=320 height=50 type="doubleclick" data-slot="/4119129/mobile_ad_banner" json='{"targeting":{"sport":["rugby","cricket"]}, "categoryExclusions":["health"], "tagForChildDirectedTreatment":1, "tagForUnderAgeTreatment":1}'> </amp-ad>

最後に、これらの要件を満たすためのヒントとして、data-block-on-consent は、第三者にリクエストする他の AMP コンポーネント(amp-analyticsamp-pixel など)についても設定できることに留意してください。

タグなしリクエスト

タグなしリクエストを使用している場合、広告リクエストを制限付きデータ処理が必須として指定するには、tfua=[int] パラメータをタグのリクエスト URL に直接追加します。末尾が切り捨てられる可能性があるため、このパラメータをタグの前の方に指定することをおすすめします。広告リクエストを制限付きデータ処理として設定する場合は、tfua=1 と指定します。

パラメータを指定しない場合、デフォルトで制限付きデータ処理が無効になり、パーソナライズド広告が許可されます。

例:

https://securepubads.g.doubleclick.net/gampad/ad?iu=/12345/adunit&sz=728x90&tfua=1&c=12345

Ad Exchange タグ

Ad Exchange(AdX)に広告をリクエストするためにページで非同期広告コード(adsbygoogle.js)を使用している場合、制限付きデータ処理に適した広告をリクエストするには、data-tag-for-under-age-of-consent="1" パラメータをすべてのタグに含める必要があります。以下に例を示します。

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"> </script> <ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:728px;height:90px" data-ad-client="ca-pub-0123456789abcdef" data-ad-slot="0123456789" data-tag-for-under-age-of-consent="1"></ins> <script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); </script>

古い同期広告タグ(show_ads.js)を使用している場合は、すべての広告タグに変数 google_tag_for_under_age_of_consent=1 を設定してください。以下に例を示します。

<script> google_ad_client = "ca-pub-0123456789abcdef"; google_ad_slot = "0123456789"; google_ad_width = 125; google_ad_height = 125; google_tag_for_under_age_of_consent = 1; </script> <script src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script>

Google Mobile Ads SDK

アプリのデベロッパーは、広告リクエストの際に、コンテンツを制限付きデータ処理に適したものとして扱ってほしいかどうかを指定できます。

tagForUnderAgeOfConsent を設定して制限付きデータ処理を示すことができます。詳しくは、Android 用と iOS 用のデベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

Google Interactive Media Ads SDK(動画向け)

動画リクエストでは、広告タグに tfua=1 パラメータを追加することで、Google が動画コンテンツを制限付きデータ処理に適したものとして扱うように指定できます。これには、手動で作成したマスター動画タグを使用するか、プラットフォーム固有の IMA SDK(HTML5、iOS、Android)のいずれかを使用する方法があります。

動画プレーヤーでアド マネージャーのダイナミック広告挿入機能を使用している場合は、オンデマンド動画(VOD)やライブ ストリームのリクエストに tfua=1 パラメータを追加して、一緒に送信される広告リクエストに渡すこともできます。

TFCD パラメータと TFUA パラメータの両方を 1 に設定した場合は、TFCD が優先されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
リリースノート

アド マネージャーの最新の機能とヘルプセンターの更新情報を紹介しています。

最新情報をご覧ください

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false