予測の仕組み

利用可能な広告枠の予測に使用されるパラメータについて説明します。#forecasting #checkinventory

使用可能な広告枠を確認すると、アド マネージャーでは次の処理が行われます。

  • 予測対象の広告申込情報が、競合する予約済み広告申込情報と比較分析されます。
  • 過去 24 か月以上のサンプリングされていないトラフィック量データを基準として、今後のトラフィック量が予測されます。
  • 直近のサンプリングされた広告の特性がより詳細に分析されます。
  • 計算では季節による変動が考慮されます。

こうした予想を基に、予測対象の広告申込情報についてシミュレーションが行われます。シミュレーションの結果には、予約可能なインプレッション数に加え、広告申込情報のターゲティングとの一致数が表示されます。予測値は単なる推定値で、全体のデータのサンプルを参照したものであり、保証されるものではありません。

正確な予測結果を得るには直近の分析が重要であるため、広告ユニット、広告サイズ、Key-Value などを追加したら、28 日経過するのを待って予測数を確認することをおすすめします。サービスの新機能の場合も同様です。
新規または変更したオーディエンス セグメントの場合、正確な予測が得られるまでには 48 時間かかります。

広告申込情報への低い優先度の設定

アド マネージャーの処理の流れは以下のとおりです。

  1. ネットワークの状態が確認されます。
  2. 予測対象の広告申込情報でシミュレーションが行われます。
    • このシミュレーションでは、まず該当の広告申込情報に、ネットワーク内の他の広告申込情報よりも低い優先度が設定されます。このように意図的に優先度を下げるのは、予測対象の広告申込情報が他の広告申込情報からインプレッションを奪わないようにするためです。
    • 次に、指定された優先度で予測対象の広告申込情報についてシミュレーションが行われます。
  3. シミュレーションの結果を解析して、予測インプレッションの推定値を取得します。

スキルショップの関連トレーニング コースを見る

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
148
false
false