ポリシー違反を解消する

Google は、Google アド マネージャーのクリエイティブをスキャンしてポリシー違反がないかどうかをチェックしており、ポリシー違反があった場合はそのクリエイティブを一時的、または恒久的に配信停止にする措置をとります。こうした措置を受けた場合は、ポリシー違反を解消したうえで、該当のクリエイティブを再入稿するか新しいクリエイティブを入稿してください。

ポリシー違反はデリケートな問題であるため、Google はこの件に関して Google アド マネージャー管理画面で提供する以上の情報を提供することはできません。

Google は、ポリシー違反とされたクリエイティブを定期的に再スキャンします。再スキャンの頻度はさまざまな要因によって決まり、人為的に早めることはできません。できるだけ早くキャンペーンを実施する必要がある場合は、ポリシー違反を解消したうえで新しいクリエイティブを入稿してください。

ポリシー違反のクリエイティブのステータスについて

ポリシー違反の影響を受けるクリエイティブは、次のいずれかの「無効」ステータスに分類されます。

ステータス 説明 対処方法
ポリシー違反により無効 クリエイティブはポリシー違反のため、Google によって無効にされました。このクリエイティブが将来、再度有効になることはありません。 ポリシー違反を解消してから、新しいクリエイティブを入稿してください。
ポリシー違反により一時停止、再スキャン クリエイティブはポリシー違反のため、現在配信されていません。今後クリエイティブが再スキャンされ、ポリシー違反の状態ではなくなったと Google によって判断された場合は、「解消済み」となります。 Google によりクリエイティブが再スキャンされるまでお待ちください。
解消済み、配信可能 クリエイティブは、ポリシー違反の状態ではなくなったと Google によって判断されました。 配信を再開するには、クリエイティブを広告申込情報に追加し直してください

1. ポリシー違反のクリエイティブを特定する

広告申込情報のフィルタを使用して、ポリシー違反のクリエイティブを見つけることができます。

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [配信] 次に [広告申込情報] 次に [すべての広告申込情報] をクリックします。
  3. 下記のフィルタのいずれかまたは両方を、説明にある条件を使って追加します。両方のフィルタを追加した場合は、ポリシー違反と判定されたものの更新が行われたすべてのクリエイティブを確認できます。
  4. [フィルタを適用] をクリックします。

Example of a policy violation in a line item

フィルタ 説明
ポリシー違反 現在ポリシー違反の状態にあるクリエイティブ、または Google によって再スキャンされ解消済みとなったクリエイティブが設定されている広告申込情報を表示できます。
  • まず、[ポリシー違反] 次に [が次に一致する] 次に [検出] というフィルタを適用します。広告申込情報をクリックして、ステータスが [無効(ポリシー違反により無効)] または [無効(ポリシー違反により一時停止、再スキャン)] となっているクリエイティブを見つけます。
  • ポリシー違反を解消した後、[ポリシー違反] 次に [が次に一致する] 次に [解消済み] というフィルタを適用します。広告申込情報をクリックして、ステータスが [無効(解消済み、配信可能)] となっているクリエイティブを見つけます。
ポリシー違反の更新 [ポリシー違反の更新] 次に [過去] を選択して期間を指定し、フィルタを適用します。これで、指定した期間にポリシー違反のステータスが変更されたクリエイティブを含んでいる広告申込情報が表示されます。

2. ポリシー違反を解消する

ポリシー違反のクリエイティブを特定したら、Google アド マネージャーでそのクリエイティブの詳細ページに移動します。上部付近にある黄色いボックスに、ポリシー違反のリストが表示されます。Google アド マネージャー 360 をご利用の場合に限り、ここにはそれぞれの違反に関連するドメインも表示されます。

Example of a policy violation in a creative

下記の該当する違反に応じた手順を行います。

クリエイティブでマルバタイジングが行われる

クリエイティブには、マルバタイジングと関連のあるドメインへのリクエストが含まれています。マルバタイジングは Google のプラットフォームに関するポリシーに違反します。

違反を修正する

  • リストに表示されているドメインへのリクエストがクリエイティブに含まれていない状態にします。
  • このクリエイティブが広告ネットワークまたは SSP からのものである場合は、その広告ネットワークまたは SSP にこのポリシー違反を報告してください。広告ネットワークと協力して問題を解決するには、以下を参考にしてください。
    • 広告ネットワークまたは SSP のマルバタイジング担当部門と連絡をとります。
    • 広告ネットワークまたは SSP は、1 つのクリエイティブをブロックして対応完了とするのではなく、問題のドメインを読み込んでいるすべての配信クリエイティブを今後も必ず削除する必要があります。
  • お客様が所有しているクリエイティブの場合は、問題のあるドメインへの参照をすべて削除します。
ランディング ページでマルバタイジングが行われる

クリエイティブは、マルバタイジングをホストしているか拡散させるランディング ページにリンクしています。マルバタイジングは Google のプラットフォームに関するポリシーに違反します。

違反を修正する

ランディング ページのリンク先を確認し、疑わしいドメインへのすべての参照をランディング ページから削除します。疑わしいドメインがランディング ページのリンク先である場合、Google アド マネージャーではクリエイティブを配信することはできません。

この状況は、ランディング ページに広告ネットワークまたは SSP からの広告が含まれる場合に生じる可能性があります。ご利用の広告ネットワークまたは SSP に連絡して、疑わしいドメインにリクエストを行うクリエイティブを読み込んでいないか確認することをおすすめします。問題を解決するには、以下を参考にしてください。

  • 広告ネットワークまたは SSP のマルバタイジング担当部門と連絡をとります。
  • 広告ネットワークまたは SSP は、1 つのクリエイティブをブロックして対応完了とするのではなく、問題のドメインを読み込んでいるすべての配信クリエイティブを今後も必ず削除する必要があります。
法に触れる可能性のあるコンテンツ

クリエイティブのリダイレクト先が、法に触れる可能性のあるコンテンツを含むサイトの URL となっています。このため、Google のドメインやネットワークからこの URL にリダイレクトすることはできません。

違反を修正する

クリエイティブまたはランディング ページで、違反ドメインへの参照やリクエストを行っていないか確認します。違反ドメインは、クリエイティブまたはランディング ページ内の第三者スクリプトによって動的に読み込まれている可能性もあります。

商品の不当表示

広告またはサイトに重要な情報(金融サービス、ソフトウェアのダウンロード、慈善寄付や政治献金に関する情報)が掲載されていない可能性があります。加えて、サイトで料金に関する情報がはっきりとわかりやすく開示されていない可能性があります。

違反を修正する

  • クリエイティブ内の不要なダウンロードを削除します。
  • クリエイティブで、望ましくないソフトウェアに関連付けられているドメインへのリクエストが行われないか確認します。
自動クリックされるクリエイティブ

クリエイティブで広告のクリックを不自然に促したり、自動クリックを発生させる広告をランディング ページに掲載したりする行為は認められません。この広告には、自動クリックの少なくとも 1 つの形態が含まれていると判断されました。

違反を修正する

これは通常、クリックマクロがクリエイティブに不適切な方法で挿入されている場合に発生します。ユーザーがクリックするより前にクリックマクロが呼び出されることのないようにしてください。

クリエイティブまたはランディング ページにダイナミック DNS が含まれている

クリエイティブでダイナミック DNS(IP マッピング)が使用されています。このドメインは、頻繁に更新され、そのたびに IP アドレスが変わる可能性があります。この動作によって多様なコンテンツが配信される可能性があるため、Google のポリシーではダイナミック DNS の使用は禁止されています。

違反を修正する

クリエイティブで、違反ドメインへの参照やリクエストを行っていないか確認します。違反ドメインは、クリエイティブまたはランディング ページ内の第三者スクリプトによって動的に読み込まれている可能性もあります。

フィッシング

クリエイティブは、ユーザー情報をだまし取る「フィッシング」を発生させるか、その他の詐欺行為を促すものです。

違反を修正する

クリエイティブで、違反ドメインへの参照やリクエストを行っていないか確認します。違反ドメインは、クリエイティブまたはランディング ページ内の第三者スクリプトによって動的に読み込まれている可能性もあります。

クリエイティブにダウンロードのダイアログが表示される

クリエイティブでユーザーにファイルのダウンロードを促すことは認められません。こうしたダイアログが表示される場合、一般的に次のような原因が考えられます。

  • クリエイティブやクリエイティブ テンプレートで第三者トラッキング URL を正しく使用していない。
  • <iframe> HTML タグの src として JavaScript を設定している。

違反を修正する

クリエイティブにダウンロードのダイアログが表示されないようにするには、以下を試します。

  • クリエイティブの [第三者インプレッション トラッキング URL] 欄に JavaScript が追加されている場合は削除します(この欄は第三者HTML5イメージカスタムキャンペーン マネージャー タグのクリエイティブで使用できます)。入稿の際、トラッキング URL 欄に JavaScript を誤って追加することがよくあります。
  • アド マネージャーで「イメージバナー+第三者トラッキング(オプション)」という標準のクリエイティブ テンプレートを使用している場合は、テンプレートに [第三者製のインプレッション トラッカー] 欄が表示されます。この欄に JavaScript ファイルへのリンクが指定されていることがありますが、このリンクはサポートされていません。代わりに、同じテンプレートの [Safecount の調査 URL] 欄にこのリンクを追加してください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。