動画ソリューションの MRSS フィード要素

これは動画ソリューションの MRSS フィード仕様の新しいバージョンです。
このバージョンでは、MRSS コンテンツ ソースの取り込み方法が簡単になり、エラー処理と同期の機能が向上しています。以下の表に、動画ソリューションで認識される(場合によっては必要となる)、XML フィード内のすべてのフィールドを示します。認識されるのはこの表にある要素のみです。

要素をクリックすると詳細に移動します


必須の要素
<atom:link>
<item>
<dfpvideo:contentId>
<dfpvideo:lastModifiedDate>
<dfpvideo:version>
<title>

推奨要素と省略可能な要素
<dfpvideo:cuepoints>
<dfpvideo:keyvalues>
<dfpvideo:thirdPartyContentId>
<media:content>
<media:status>
<media:thumbnail>
<pubDate>
<tms:tmsId>
<tms:tmsSeriesId>

ダイナミック広告挿入の要素

以下はダイナミック広告挿入に固有の要素で、上記の要素と組み合わせて使用します。

<dfpvideo:ingestUrl>
<dfpvideo:lastMediaModifiedDate>
<dfpvideo:closedCaptionUrl>
<dfpvideo:fw_caid>

要素の使用例については、サンプル フィードをご確認ください。

現在、コンテンツ ID は大文字と小文字が区別されます。 同じコンテンツ ID でも、大文字と小文字を組み合わせて表記したものと、小文字のみで表記したものとでは別々に扱われます。これはアド マネージャーのレポートに反映されます。

必須の要素

<atom:link> <channel> 必須
説明
フィードのページング情報を示します。アド マネージャーでは、この要素から relhref の 2 つの属性が読み取られます。
  • rel は、href 属性に指定されている URL がフィードの結果セットとどのように関係しているかを示します。
    • rel='next': href の URL がフィードの結果セットの次ページを指していることを示します。rel='next' と指定された <atom:link> タグがフィードに含まれている場合、結果セットにはさらにページがあります。それ以外の場合は、現在のページが結果セットの最終ページになります。
  • href は、<atom:link> タグ内のリソースを示す URL です。
例:
<atom:link rel='next' href='http://www.feedprovider.com/video/account/vids?page3'/>

重要事項:

  • アド マネージャーで最初にコンテンツ ソースが作成されるときには、フィード URL セットでフィードの最初の結果セットが返されることが想定されています。推奨される結果セットのアイテム数は、ページあたり 100 アイテムです。
  • フィードのページに <atom:link> 要素がない場合、アド マネージャーではそのページがフィードの最終ページであると判断されます。

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<item> <channel> 必須
説明
フィード内の 1 つの動画を示します。アド マネージャーの動画フィードには、1 つ以上の <item> エントリを含めることができます。メタデータを適切に取り込むには、各エントリに次の 3 つの要素が含まれている必要があります。

<dfpvideo:contentId><dfpvideo:lastModifiedDate><title>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:contentId> <item> 必須
説明
CMS コンテンツ ID としてアド マネージャーに保存される重要なリクエスト パラメータです。これは広告リクエストの一部として送信され、該当する動画に対してアド マネージャーから配信可能な広告を特定するために使用されます。この値は、動画広告リクエストの vid パラメータで使用できます。英数字で指定でき、大文字と小文字が区別されます。

例:
<dfpvideo:contentId>sdjfbadfb8w3489y</dfpvideo:contentId>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:lastModifiedDate> <item> 必須
説明

動画のなんらかのデータ、あるいはメタデータが最後に更新された日付を示します。

変更されたコンテンツをアド マネージャーに取り込むには、lastModifiedDate を指定し、変更日の新しい項目が先頭にくるようにフィードを並べ替えます。

すべてのタイムスタンプは、RFC 822 仕様に準拠するか IS0 8601 形式になっている必要があります。タイムスタンプ文字列にタイムゾーンが含まれていない場合、デフォルトは米国太平洋標準時(PST)になります。


例:
<dfpvideo:lastModifiedDate>2006-02-19T04:22:39+05:00</dfpvideo:lastModifiedDate>
<dfpvideo:lastModifiedDate>Sun, 19 Feb 2006 09:22:39 +0000
</dfpvideo:lastModifiedDate>
それぞれの日付形式の例をご覧ください。

RFC 822 の例


  • Wed, 31 Oct 2016 08:00:00 EST
  • Wed, 31 Oct 2016 13:00:00 GMT
  • Wed, 31 Oct 2016 15:00:00 +0200

ISO 8601 の例


  • 20161031
  • 2016-10-31
  • 2016-10-31T08:00:00+01:00

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:version> <channel> 必須
説明
このフィードで使用する MRSS 仕様の現在のバージョンを示します。値は整数値で、1 つのフィードに 1 回のみ設定します。

このフィールドで現在有効な値は 2 のみです。

例:
<dfpvideo:version>2</dfpvideo:version>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<title> <item> 必須
説明

動画エントリの名前です。


例:
<title>My video</title>

トップへ戻る

推奨要素と省略可能な要素

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:cuepoints> <item> 場合によって異なる *
説明

* 動画にミッドロール広告ブレークが含まれている場合は必須です。

キューポイント(秒)をカンマで区切って指定します。キューポイントとは、動画内で広告を挿入できるタイミングです。

秒数は小数点以下 3 桁まで指定できます(例: 55.532 秒)。4 桁以下は切り捨てられます。


例:
<dfpvideo:cuepoints>55.532,109</dfpvideo:cuepoints>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:keyvalues> <item> 省略可
説明
動画のカスタム メタデータを示します。属性は key、value、type です。type の値には intlongstring を指定できます。
 
MRSS フィード経由で取り込む Key-Value のフォーマット要件は、アド マネージャーの管理画面で定義する Key-Value のフォーマット要件と同じです。Key-Value がこれらのフォーマット要件に準拠していることをご確認ください。

例:
<dfpvideo:keyvalues key="episode" value="5" type="int"/>
<dfpvideo:keyvalues key="season" value="2" type="int"/>
<dfpvideo:keyvalues key="title" value="Example Title" type="string"/>

<dfpvideo:keyvalues key="recommended count" value="5" type="int"/>
<dfpvideo:keyvalues key="description" value="A lot of text here" type="string"/>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:thirdPartyContentId> <item> 省略可
説明

この要素は、カスタムの MRSS フィードに含まれる動画が、サポートされている 3 つの第三者 CMS(YouTube、BrightCove、Ooyala)のいずれかのフィードにも取り込まれている場合に使用します。

この要素には 2 つの必須属性があります。

  • "cms" 属性: 第三者 CMS です。「youtube」、「brightcove」、「ooyala」のいずれかの値を指定します。
  • "id" 属性: 他のコンテンツ ソースの contentId への参照です。

例:
<dfpvideo:thirdPartyContentId cms="youtube" id='vNclnVLp_c0'/>

thirdPartyContentId 要素は 1 つの動画につき 3 つまで追加できます。動画を複数の第三者 CMS にシンジケート(配信)している場合は、この方法が必要になると考えられます。MRSS フィードの <dfpvideo:contentId> にシンジケートする第三者をリンクして、必要なメタデータを 1 か所(MRSS フィード)で定義することができます。各 CMS からの動画 ID は全体で固有になるようにします。たとえば、YouTube の 2 本の動画に同じ ID は使用できません。

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<media:content> <item> 推奨
説明

この要素の属性を使って、ソース URL や再生時間などの有用なメタデータ情報を指定します。これは <item> の下位要素で、省略可能です。

アド マネージャーでは <media:content> 要素の次の属性を読み取り可能です。

  • "duration" 属性: アド マネージャーでは 1 つの <item> につき 1 つの再生時間エントリのみが認識されます。複数指定されている場合は、ランダムに 1 つが選択されるので、予期しない結果となることがあります。この属性は、ミッドロール広告を配信する場合は必須です。

    再生時間の値は秒単位で指定します(整数で指定し、小数は使用しません)。

  • "url" 属性: 動画リソースを直接示す URL です。アド マネージャーの管理画面で、コンテンツの詳細にリンクを表示する目的でのみ使用されます。

例:
<media:content url='http://www.feedprovider.com/video?8eqe7e' duration='39'/>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<media:status> <media:content> または
<item>
省略可
説明
アド マネージャーで、動画が有効、削除済み、無効のうちどのステータスに該当するかを示します。この要素がない場合、デフォルトのステータスは有効(active)です。値の大文字と小文字は区別されません。指定できる値は次のとおりです。
  • active(アド マネージャーでは「有効」と表示されます)
  • deleted(アド マネージャーでは「アーカイブ済み」と表示されます。新たに「deleted」と指定された動画は取り込まれません)
  • blocked(アド マネージャーでは「無効」と表示されます)
ユーザーがアド マネージャーで動画のステータスを変更すると、それ以降のフィードからのステータス変更は無視されます。ユーザーはアド マネージャーの管理画面で [ソースの設定を使用] をクリックしてこのオーバーライドを解除できます。オーバーライドが解除されると、フィードからのステータス更新が再び反映されるようになります。

例:
<media:status state="blocked" reason="http://www.reasonforblocking.com"/>
<media:status state="deleted"/>
<media:status state="active"/>

(アド マネージャーに reason 属性は取り込まれません)

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<media:thumbnail> <media:content> または
<item>
推奨
説明
この要素により、動画のサムネイルをアド マネージャーの管理画面に表示できます。現在、アド マネージャーではこの要素の URL 属性のみが必須となっていますが、必要に応じて高さ、幅、時間(動画の中でサムネイル フレームが表示されるまでの経過時間)といった追加の属性も指定できます。

アド マネージャーの管理画面では、幅 280 ピクセル×高さ 190 ピクセルよりも大きいサムネイルは表示されません。URL のリンク先の画像がこのサイズを上回る場合は元の画像が使用され、管理画面に表示する際にインライン CSS で画像の表示サイズが調整されます。


例:
<media:thumbnail url='http://www.myfeed.com/account/sdjfbadfb8w3489y/bigtn.jpg' width='280' height='190'/>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<pubDate> <item> 省略可
説明

コンテンツの公開日を示します。この要素は動画の広告ルールでのみ使用されます。

すべてのタイムスタンプは、RFC 822 仕様に準拠するか IS0 8601 形式になっている必要があります。タイムスタンプ文字列にタイムゾーンが含まれていない場合、デフォルトは米国太平洋標準時(PST)になります。


例:
<pubDate>2006-02-19T04:22:39+05:00</pubDate>
<pubDate>Sun, 19 Feb 2006 09:22:39 +0000</pubDate>
それぞれの日付形式の例をご覧ください。

RFC 822 の例


  • Wed, 31 Oct 2016 08:00:00 EST
  • Wed, 31 Oct 2016 13:00:00 GMT
  • Wed, 31 Oct 2016 15:00:00 +0200

ISO 8601 の例


  • 20161031
  • 2016-10-31
  • 2016-10-31T08:00:00+01:00

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<tms:tmsId> <item> 省略可
説明

テレビ番組や映画などのプレミアム テレビ コンテンツ用の、14 文字の一意の英数字 ID です。番組をテレビのスケジュールや映画の上映時間に関連付けるために使用します。これらの ID は、番組のタイトル、説明の言語、バージョンごとに異なります。エンターテイメント アセットの認識と同期に使用されます。

tmsId の値は、EP(エピソード)、MV(映画)、または SP(スポーツ)で始まる必要があります。

詳しくは、Gracenote(TMS)ID のサイト(英語)をご覧ください。

例:
<tms:tmsId>EP12345678000</tms:tmsId>
<tms:tmsId>MV12345678000</tms:tmsId>
<tms:tmsId>SP12345678000</tms:tmsId>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<tms:tmsSeriesId> <item> 省略可
説明

<tmsId> 要素と同様の 14 文字の一意の英数字 ID です。親番組のシリーズに使用します。

tmsSeriesId の値は、SH(番組)で始まる必要があります。

詳しくは、Gracenote(TMS)ID のサイト(英語)をご覧ください。

例:
<tms:tmsSeriesId>SH12345678000</tms:tmsSeriesId>

ダイナミック広告挿入に固有の要素

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:ingestUrl> <item> 必須 *
説明

* ダイナミック広告挿入では必須です。

動画の取り込み URL を指定するノードです。条件付けや再生リストの生成に使用する m3u8 形式のマスター ファイルを指定します。

  • "type" 属性: HLS(application / x-mpegURL)または DASH(application / dash+xml)を設定します。
  • "preconditioned" 属性: このコンテンツの ingestURL がミッドロール広告用に条件付けされているかどうか、つまり、セグメントが広告ブレークのタイミングで分割されているかどうかを示す値として、true または false を設定します。値が明示的に設定されていない場合は、デフォルトで false が使用されます。

    ストリーム内の動画セグメントに広告挿入のキューポイントを示す正確なタイムコードが付けられている場合、コンテンツは条件付けされていると見なされます。その場合、HLS ストリーム内には #EXT-X-PLACEMENT-OPPORTUNITY マーカーが必要です。このマーカーにより、動画コンテンツ内での広告ブレークの挿入位置がアド マネージャーで認識されます。

    詳しくは、ミッドロール広告挿入のためのコンテンツの条件付け / 事前の条件付けをご覧ください。


HLS の例:
<dfpvideo:ingestUrl type="application/x-mpegURL" preconditioned="false">https://cdn.example.com/?v=123.m3u8</dfpvideo:ingestUrl>
 
DASH の例:
<dfpvideo:ingestUrl type="application/dash+xml" preconditioned="true">
https://cdn.example.com//playlist.mpd
</dfpvideo:ingestUrl>
 
1 つの動画コンテンツに HLS と DASH の両方を含めることができます。取り込み URL には安全な https 版の URL を使用することをおすすめします。

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:lastMediaModifiedDate> <item> 推奨
説明

<dfpvideo:ingestUrl> で参照されている動画ファイルの最終更新日を示します。フィード内でこの値が更新される場合は、コンテンツの lastModifiedDate も更新が必要です。

すべてのタイムスタンプは、RFC 822 仕様に準拠するか IS0 8601 形式になっている必要があります。タイムスタンプ文字列にタイムゾーンが含まれていない場合、デフォルトは米国太平洋標準時(PST)になります。


例:
<dfpvideo:lastMediaModifiedDate>2006-02-19T04:22:39+05:00</dfpvideo:lastMediaModifiedDate>
<dfpvideo:lastMediaModifiedDate>Sun, 19 Feb 2006 09:22:39
+0000</dfpvideo:lastMediaModifiedDate>
それぞれの日付形式の例をご覧ください。

RFC 822 の例


  • Wed, 31 Oct 2016 08:00:00 EST
  • Wed, 31 Oct 2016 13:00:00 GMT
  • Wed, 31 Oct 2016 15:00:00 +0200

ISO 8601 の例


  • 20161031
  • 2016-10-31
  • 2016-10-31T08:00:00+01:00

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:closedCaptionUrl> <item> 場合によって異なる *
説明

* インターフェースで字幕を有効にしている場合にのみ必須です。

字幕ファイルへの URL を指定するノードです。1 言語に 1 つずつ、closedCaptionUrl 要素を使って字幕ファイルを指定し、使用可能なすべての字幕ファイルをフィード内に含めます。

TTML/DXFP(application/ttaf+xml)と WebVTT(text/vtt)のフォーマットがサポートされています。

  • "language" 属性: 字幕ファイルの言語を設定します。この属性は、XML で指定される xml:lang 属性と同様の方法で使用します。
  • "type" 属性: 字幕ファイルの MIME タイプを設定します。
例:
<dfpvideo:closedCaptionUrl language="en" type="text/vtt">http://cdn.com/subtitle.vtt</dfpvideo:closedCaptionUrl>

トップへ戻る

要素 親要素 必須かどうか
<dfpvideo:fw_caid> <item> 場合によって異なる *
説明

* Freewheel ユーザーの場合にのみ必須です。

広告のターゲティングで使用される Freewheel のカスタム アセット ID を指定するノードです。

例:
<dfpvideo:fw_caid>621160003648<dfpvideo:fw-caid>

トップへ戻る

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。