アド マネージャー レポートの基本

レポート単位での表の形式のオプション

レポートを作成する際には、そのレポートを階層表示(ツリー形式)にするか、またはフラット表示にするかを選択できます。このような表で、各指標の掲載結果を詳しく分析することが可能です。

ここで、データ表の表示形式について説明します。

  • フラット表示(レポートをすばやく表示するためのデフォルトの表示)
    スプレッドシートのような表示で、すべてのレポートデータをそれぞれ単一の行で確認できます。こうした表は、レポートの内容をより単純な形で表したものです。ディメンションと指標はすべて、表の列として表示されます。
  • 階層表示
    ピボット テーブル形式でデータを表示できます。詳しく分析したい項目がある場合は、それに該当する指標(列の見出し)とデータ(行)を探します。データは表形式で、左から右、上から下に読むように配置されます。
画面上のレポートで、「広告枠ユニット」の各レベルを個別の列に表示するには、階層表示のオプションを選択します。レポートをファイルに書き出すと、その出力はフラット表示になります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。