ユーザー ターゲティング用に
リセット可能なデバイス識別子を渡す

購入に役立つ追加情報を広告主に伝えて広告枠の価値を高めるために、広告リクエストでユーザー識別子のデータを渡すことをおすすめします。

モバイル デバイス、テレビゲーム機、OTT(over-the-top)ストリーミング デバイスなどのデバイス識別子を使用すると、デベロッパーやマーケティング担当者はユーザー アクティビティを基にターゲットを設定できるようになり、広告配信の精度を高めることができます。また、ブラウザ以外の Cookie を使用しない環境では、デバイス識別子があれば購入者は配信を細かくコントロールする機能(フリークエンシー キャップなど)を適用することができます。このデバイス識別子を使ったユーザー ターゲティングは、ウェブブラウザでの Cookie を使ったターゲティングと類似しています。

パブリッシャー ユニバーシティで関連するトレーニング動画を見る

デバイス識別子はデバイスのオペレーティング システムから提供されるもので、ユーザーがリセットすることも可能です。この識別子の値は、36 文字(英数字 32 文字とハイフン 4 つ)からなる文字列で、8-4-4-4-12 という構成になります(例: 123e4567-e89b-12d3-a456-426655440000)。この識別子はデバイス ID マクロを使用して第三者広告ネットワークに反映することができます。

デバイスタイプ別の利用可能なデバイス識別子

リセット可能なデバイス識別子を渡すことのできるデバイスは、Android スマートフォン、Apple 社のモバイル デバイス(iOS)、AppleTV(tvOS)、Chromecast、Roku、Xbox です。Google Ads SDK を使用しない場合、リセット可能なデバイス識別子を渡すには、広告リクエスト URL に次のパラメータを追加します(3 つ全部のパラメータが必要です)。

パラメータ 説明
rdid

ユーザーがいつでも更新できる、リセット可能なデバイス識別子です。

例: Google AdID、Apple IDFA、Amazon AFAI、Roku RIDA、Xbox MSAI。

タイプ: 文字列

UUID(Universally Unique Identifier)を上述の形式で渡します。

例:

123e4567-e89b-12d3-a456-426655440000

is_lat

「広告トラッキング制限」(LAT: Limit Ad Tracking)はユーザーがオプトアウトするときに使用できます。これが設定されている場合、広告主はユーザーの行動に基づくターゲティングを自由に行えなくなります。

Google マーケティング プラットフォームのポリシーでは、広告リクエストでデータを渡す際にユーザーの選択を忠実に反映することが要件となっています。

タイプ: boolean

有効な値:

ユーザーの選択に基づいて次のいずれかの値を渡します。

  • 0: ユーザーが広告トラッキング制限を設定していない
  • 1: ユーザーが広告トラッキング制限を設定している
idtype デバイスの種類です。

タイプ: 文字列

有効な値:

このパラメータに対応しているデバイスごとに、次の値を渡します(値は大文字と小文字が区別されます)。

  • idfa: Apple 社のモバイル デバイス(iOS)**
  • tvOS: AppleTV(tvOS)
  • adid: Android と Chromecast *
  • rida: Roku
  • msai: Xbox
 

Ad Exchange をご利用の場合: ユーザーのデバイスから取得した広告 ID をどのように使用するかについて、サイトやアプリのプライバシー ポリシーで明記してください。詳しくは、Ad Exchange での広告 ID の使用に関する記事をご覧ください。

デバイス識別子を渡す広告リクエストは、セキュア プロトコル(https)を使用することが要件となります。SDK ではセキュア プロトコルが確実に使用されますが、SDK を使用しない状況で、デバイス識別子を渡すリクエストでセキュアではないプロトコル(http)を使用している場合、識別子は Ad Exchange で第三者の購入者と共有されません。
 

  * Google Android は、Google Play 開発者サービス SDK を通じて広告 ID を提供しています。ユーザーはいつでも自分の広告 ID を確認したり、再設定したり、インタレスト ベース広告に使用されないように無効化(オプトアウト)したりすることができます。詳しくは、Android デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

** Apple は iOS6 以降、プライバシーを考慮した、ユーザーによる再設定が可能な新しい広告配信用の識別子として、広告掲載 ID(IDFA)を提供しています。IDFA はデバイス固有の識別子(Unique Device Identifier)に代わるものです。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。