Google アド マネージャーのモバイルアプリ内広告のクイックガイド

Google アド マネージャーは、アプリの収益化を始めようとしている運営者の方に便利にお使いいただけます。アド マネージャーは、高度なターゲティング、レポート、最適化の機能を備えたエンジンです。直接販売の広告、間接販売の広告、自社広告のいずれを配信する場合も、Google アド マネージャーでは最適な広告を最適なユーザーに最適なタイミングで配信するようきめ細かく制御できます。この記事では、Google アド マネージャーのモバイルアプリ内広告でできることについて簡単に紹介します。

Google アド マネージャーを初めてご利用の方は、Google アド マネージャーの概要をお読みください。

ウェブサイトは対象とせずアプリのみを対象にして広告を配信する場合は、AdMob をご検討ください。

信頼できるパートナーの協力を得てビジネスを拡大

  • Google の広告技術を活用
    Google は 10 年以上にわたり、多くのデベロッパーのデジタル事業拡大を支援してきました。実績ある一連の技術を基盤に、Google アド マネージャーの直接販売の広告向けに高度で包括的な最先端の機能を提供するだけではなく、Ad Exchange のプログラマティック機能を緊密に統合して、バックフィルやダイナミック アロケーションを行えるようにしています。
  • クロスプラットフォーム機能
    Google アド マネージャーのモバイルアプリ内広告は、Android と iOS の主要プラットフォームで使用できます。また、Unity や Cocos2d-x といった主要なゲームエンジンもサポートされています。
  • 1 つの SDK で複数の広告に対応
    Google Mobile Ads(GMA)SDK をすでにモバイルアプリに組み込んでいる場合、変更の必要はありません。GMA SDK は、Google アド マネージャー、Ad Exchange、AdMob の広告に対応しています。また Google Play 開発者サービスを利用すると、Android アプリの場合は SDK に変更を加えなくても自動的にパフォーマンスが改善されます。ただし iOS SDK の場合は、最新機能を活用するには頻繁に手動更新を行う必要があります。

ユーザーについての理解

  • オーディエンス セグメントを作成してアップロード
    ユーザーの操作や行動に基づくオーディエンス セグメントを作成するには、オーディエンス ピクセルを追加し、ターゲティングとレポート作成用に自社広告 ID(Apple IDFA / Android AdID)または PPID をオーディエンス セグメントにアップロードします。また、オーディエンス パートナーから提供される第三者オーディエンス データを統合することもできます。詳細

    Google アド マネージャー 360 でのみご利用いただけます。

  • 広告 ID をユーザー ターゲティングに活用
    ユーザーが許可した場合、GMA SDK から Android 広告 ID と Apple IDFA が渡されます。これをインタレスト ベースのターゲティングに使用できます。マクロを使用することにより、保護された接続を介してこれらの ID を第三者に渡すことができます。詳細
  • ユーザーあたりの広告インプレッション数を制限
    フリークエンシー キャップを使用すると、特定の広告申込情報が同じユーザーに配信される頻度を制限できます。この機能では、一定期間に 1 人のユーザーに配信されるインプレッションの数を指定できます。必要に応じて複数のルールを適用できます。詳細

最大限の広告収益を得る

  • 収益を最大化
    Google の広告サービスでは、無料の SDK メディエーション機能を使用して、自動的に収益を増やすことができます。また、Google アド マネージャー経由で Ad Exchange を利用することにより、Google のデマンドサイドから数百万の広告主にリアルタイムでアクセスできます。
  • 利用開始
    SDK はすばやく簡単にインストールできます。すでに Google アド マネージャーを利用しているサイト運営者またはパブリッシャーの方は、ウェブの入稿とほぼ同じ方法でモバイル アプリケーションの入稿も行えることをおわかりいただけるかと思います。実装を開始する

ユーザーに好印象を与え掲載結果を向上させる最先端のクリエティブを配信

  • 画期的な広告フォーマットを簡単に実装
    • 各種サイズのバナーやインタースティシャルを表示します。GMA SDK は MRAID クリエイティブなどの IAB 規格にも対応しており、各種の画面サイズに合わせてバナーやインタースティシャルのレンダリング処理を行うことができます。詳細
    • クリエイティブを一から作成しなくてもクリエイティブ テンプレートをカスタマイズすれば、洗練されたデザインのアプリ用クリエイティブを作成できます。詳細
  • コンテンツに溶け込むネイティブ広告を表示
    • ネイティブ広告は、ユーザーの操作を妨げず自然な形で表示される広告です。掲載ページのビジュアル デザインや雰囲気にマッチし、広告があたかも本来のコンテンツであるかのように機能します。詳細

Google アド マネージャーの強力なターゲティング、広告配信、レポート機能を活用する

  • 1 つのプラットフォームからあらゆる広告枠に配信
    Google アド マネージャーを使用すると、1 つのプラットフォームでウェブ、モバイル、動画のすべての広告配信を管理でき、配信設定やレポート作成を行うことができます。
  • モバイル向けのターゲティング
    広告ユニットやプレースメントを通常どおり使用する以外にも、オペレーティング システムやデバイスのターゲティングを使って、個々のアプリ、アプリのセクション、アプリのグループなどをターゲットに設定できます。また、地域ターゲットを設定した広告申込情報がより適切に選ばれるように、地域などの追加データを渡すこともできます。詳細
  • レポートに基づく意思決定
    • アド マネージャーのレポート機能を使用すると、あらゆるデバイスで発生したインプレッション、クリック率(CTR)、コンバージョンなどに関するレポートを作成できます。
    • アプリのインストールやアプリ内コンバージョンをトラッキングできます。
    • クリエイティブの最適化ローテーションや配信の自動最適化などの機能を使用して、最も効果的な広告を最も効果の得られるユーザーに配信できます。詳細

利用開始の方法

一般的に、Google Mobile Ads SDK の実装はモバイル アプリケーション デベロッパーと広告運営スタッフとの共同作業となります。このガイドでは、各担当者と各種プラットフォーム(Android と iOS)の手順について順を追って説明します。次の記事では、設定に役立つその他の資料へのリンクも紹介しています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
リリースノート

アド マネージャーの最新の機能とヘルプセンターの更新情報を紹介しています。

最新情報をご覧ください

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false