Ad Exchange レポートの通貨とその仕組み

ある広告枠が、事業を展開しているすべての国でどのような成果をあげているかをより的確に把握できるように、Ad Exchange クエリツールには、選択した通貨でレポートの掲載結果データを確認できる機能があります。Ad Exchange ではこのような戦略的な情報が得られるため、ビジネスニーズに対応できる包括的でパワフルなツールであると言うことができます。

レポート通貨の選択は、クエリを作成する際、Ad Exchange クエリを定義するときに行います。管理画面には、アカウントのデフォルトの通貨を先頭に、サポート対象の通貨が一覧表示されます。任意の通貨を選択し、その他の設定は通常どおりに行うことができます。

レポートのデータを別の通貨で表示しても、支払い用の通貨、つまり Ad Exchange アカウントで設定した通貨は変更されません。
サポート対象の 13 通貨
  • ドル(アメリカ)
  • ドル(オーストラリア)
  • ドル(ニュージーランド)
  • レアル(ブラジル)
  • ドル(カナダ)
  • 人民元(中国)
  • ユーロ
  • ポンド(イギリス)
  • ルピア(インドネシア)
  • 円(日本)
  • ウォン(韓国)
  • ルーブル(ロシア)
  • バーツ(タイ)

為替レート

レポート用の通貨換算には、前日の為替レートの終値が使用されます。したがって、今日のレポートデータには昨日の為替レートが使用されます。

たとえば、2014 年 1 月 2 日に 1 ユーロの終値が1.70 ドル(米ドル)だった場合、2014 年 1 月 3 日にユーロでレポートを作成すると、ユーロと米ドルの交換レートに 1.70 ドル(米ドル)が使用されます。
各通貨間の為替レートが異なることから、通貨を切り替えたときの価格では誤差が生じる場合があります。

レポートへの影響

利用可能な指標(ディメンション)はすべて、通貨をサポートし、通貨に対応しています。また以下の指標には、通貨の選択が直接影響し、その変更が反映されます。

標準指標グループ(ディスプレイ、モバイル、動画、ゲーム向け Ad Exchange に適用されます)

  • 広告リクエスト RPM
  • eCPM
  • 広告の eCPM
  • 見積もり収益額

入札指標グループ(ディスプレイ、動画、ゲーム向け Ad Exchange に適用されます)

  • 落札単価の CPM
  • 終値の CPM
  • 平均 CPM
  • 見積もり収益額

第三者指標グループ(ディスプレイ、モバイル、動画、ゲーム向け Ad Exchange に適用されます)

  • 第三者 eCPM
  • 第三者見積もり収益額
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。